隙とギャップで男を落とす!なぜかモテる女がさりげなく張るワナ3つ

「モテる女には隙がある」「女はギャップが大事」とは言うものの、その具体案がイマイチわからないという女性が多いのが現実。確かに、「上手な隙」「ギャップ萌え」の箇所は人それぞれですね。今回はホステスも使うテクも取り入れて、CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者がお伝えします。

 

「あなただけに」コンプレックスの開示

普段はクールを装っていても、人には何かしらのコンプレックスがあるものです。それを「あなただから言えるの」と打ち明けると、男性はホロリとくるもの。モテる女は、この自己開示が非常に上手です。例えば

・(スタイルを褒められるけれど)実は、お尻が大きいのが悩み

・胸が小さい

・堂々とふるまっているけど、極度の人見知り

・緊張しやすくて、すごく汗をかいちゃう

・かなりの音痴。飲み会のカラオケが憂鬱

・実はイビキがヒドイらしい

など、クスリと笑えるコンプレックスで、親しみやすさをアピールするのです。男性は、「俺だけに打ち明けてくれた」と特別感を得ますし、秘密を共有することで、二人の距離がぐっと近づきます。ただし内容のセレクトはかなり重要。間違っても、借金、病気、依存症、親族のトラブル、親の介護、過去に遭った性的被害など、深刻なものは避けましょう。

 

意外にあるある「男のギャップ萌え」ポイント!

男性に訊くと、「えっ、そこも萌えどころ?」と驚かされることが多々あります。

・バリバリのキャリアウーマンがふと見せる涙

・インスタなどにアップされた「メガネ姿」「デニム姿」などプライベートな一面

・いつもおろしている髪をアップにして見えたうなじ

・お堅い女性上司の可愛いほろ酔い姿

・ゆるふわ女性が、実は柔道の黒帯を持っている

・何をするにもスローテンポでドジな子が、呑み会のハプニングでてきぱきと行動

・会社では「売りあげ第一主義」の女性が、休日にボランティア活動をしている

・いつもファッション誌しか読まない女性が、実は海外ミステリー小説に精通している

・意外に料理上手

など。普段は見せずとも、ここぞという時に披露するポジティブな「ギャップ・意外性」はあなたへの興味を一気に深めます。ぜひ、自分のギャップ萌えポイントを分析してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事