【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

スポンサーリンク

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでございます。今回よりちょっとだけ装いを新たに。そしてお待たせしました、ついに初めての婚活パーティに参加することが決定! まずは今までご指導いただいたことを踏まえてヴィジュアルを婚活モードにいたします!!

どうする? 婚活パーティ服

ついに参加する婚活パーティの日程が決まった私にまずふりかかってきたのは、婚活服をどうするか問題。改めて、指導されたルールを振り返ってみることとしましょう。

【婚活服のルール7カ条・40代女性編】

1.大勢の人に好感を持たれる服(個性は出さない)

2.明るいトーンの色(でも40代で甘すぎるピンクは×)

3.絞める部分をつくり女らしいシルエット(ルーズ感NG)

4.5~7cmのヒール靴(ぺたんこでも高すぎてもNG)

5.着回しは考えない(普段着で来ないこと)

6.バッグはコンパクトなものに。ハイブランドは持たない

7.お手本は女子アナウンサー

すべてのルールを守るには、婚活服を新たに買わなくてはなりません。なぜなら該当する服が一着もないから! 「早く結婚したいならば、まずは言われたことを素直に受け入れてみて欲しいんです……」アドバイスの御言葉が頭の中をこだまする……。

その一方で「わざわざ買いに行くのめんどくさいし、お金もかかるし、買ってもどうせ仕事行くとき着ないしなぁ」という、生来、めんどくさがりな私の悪魔のささやきが脳裏にはびこる。

小一時間、迷ったところで思い出した。私が提案したコーディネートでたった一つだけ、及第点がもらえたものがあったことを! 水野先生はこうおっしゃったのです。「うん、これはこれで、髪をおろして、ふんわりと巻いて、ヒールを履いて……」

 

ルールを(ほぼ)守り、決定、第1回 婚活服!

dsc_0240

コレだ! 先ほど脳内で繰り広げられていた戦いはめんどくさがりの悪魔に軍配が。とりあえず及第点をもらったコーデに、最近まったく履いていなかったベージュの7cmヒールを引っ張り出してなんとかルール1~4は守ったとという自己判定。ルール6はこれから小さめバッグを選べばいいわけですもんね。

ルール7はどうでしょう。40代女子アナといえば、NHK有働由美子さん、テレビ朝日大下容子さん、フリーでは雨宮塔子さん、木佐彩子さん、小島慶子さん、馬場典子さんなどがいますけれど、ギリ、着そうではないかとコレまた勝手に自己判定。

問題はルール5です。コレ、守れていません。なぜならこの服はフツーに仕事で着ていますし、着回しにも使っております。でも7個中6個はルールを守ったということでOKでしょ! 第1回アサミの婚活服は決定しました。

そしてメイクも婚活仕様にしていきます!

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

浅見悦子の最新記事

LOVEに関する最新記事