【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでございます。今回よりちょっとだけ装いを新たに。そしてお待たせしました、ついに初めての婚活パーティに参加することが決定! まずは今までご指導いただいたことを踏まえてヴィジュアルを婚活モードにいたします!!

 

どうする? 婚活パーティ服

ついに参加する婚活パーティの日程が決まった私にまずふりかかってきたのは、婚活服をどうするか問題。改めて、指導されたルールを振り返ってみることとしましょう。

【婚活服のルール7カ条・40代女性編】

1.大勢の人に好感を持たれる服(個性は出さない)

2.明るいトーンの色(でも40代で甘すぎるピンクは×)

3.絞める部分をつくり女らしいシルエット(ルーズ感NG)

4.5~7cmのヒール靴(ぺたんこでも高すぎてもNG)

5.着回しは考えない(普段着で来ないこと)

6.バッグはコンパクトなものに。ハイブランドは持たない

7.お手本は女子アナウンサー

すべてのルールを守るには、婚活服を新たに買わなくてはなりません。なぜなら該当する服が一着もないから! 「早く結婚したいならば、まずは言われたことを素直に受け入れてみて欲しいんです……」アドバイスの御言葉が頭の中をこだまする……。

その一方で「わざわざ買いに行くのめんどくさいし、お金もかかるし、買ってもどうせ仕事行くとき着ないしなぁ」という、生来、めんどくさがりな私の悪魔のささやきが脳裏にはびこる。

小一時間、迷ったところで思い出した。私が提案したコーディネートでたった一つだけ、及第点がもらえたものがあったことを! 水野先生はこうおっしゃったのです。「うん、これはこれで、髪をおろして、ふんわりと巻いて、ヒールを履いて……」

 

ルールを(ほぼ)守り、決定、第1回 婚活服!

dsc_0240

コレだ! 先ほど脳内で繰り広げられていた戦いはめんどくさがりの悪魔に軍配が。とりあえず及第点をもらったコーデに、最近まったく履いていなかったベージュの7cmヒールを引っ張り出してなんとかルール1~4は守ったとという自己判定。ルール6はこれから小さめバッグを選べばいいわけですもんね。

ルール7はどうでしょう。40代女子アナといえば、NHK有働由美子さん、テレビ朝日大下容子さん、フリーでは雨宮塔子さん、木佐彩子さん、小島慶子さん、馬場典子さんなどがいますけれど、ギリ、着そうではないかとコレまた勝手に自己判定。

問題はルール5です。コレ、守れていません。なぜならこの服はフツーに仕事で着ていますし、着回しにも使っております。でも7個中6個はルールを守ったということでOKでしょ! 第1回アサミの婚活服は決定しました。

そしてメイクも婚活仕様にしていきます!

スポンサーリンク

結婚していない40代の独身女性に共通する9つの特徴【40歳独女あるある】

40代で独身女性というと「バツイチ」か「性格が悪い」か「異性にまったく興味がない」のいずれかだろうと言われる、44歳独身・結婚歴ナシのOTONA SALONE編集長のアサミです…

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【祝!婚活2周年】婚活連載がついにマンガ化!「40代編集長の婚活記」#1

年を経るごとにハードルが上がると聞く「婚活」、実際やってみるとどんなものなの?「果たして40代の私に結婚市場のニーズはあるのか」という単純な動機を胸に、16年8月に…

【新連載・40代編集長の婚活記#1】40代独女が初めて婚活したらどうなる?

結婚できないんじゃなくて、しないだけです。でも、してみてもいいのかも? 「どうして結婚してないの?」と聞かれても「なんとなく……」としか答えようのないみなさま、こ…

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

46歳は曲がり角⁉ 生理周期や量に異変あり【100人の更年期 #18】

Sponsored By 小林製薬どうも生理周期の様子がおかしい‥…。それに気づいたのは約1年前、46歳のときでした。ちょっと前までほぼ規則正しくやってきていたのに、あるとき気づいたのです。「あれ、生理が2カ月来ていな…

[PR]

【40代編集長の婚活記#171】ギャップ萌えと偶然の一致に、40代独女「決意」する!

紆余曲折ありまくりの40代の婚活。44歳から始めて3年以上が経過した、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活。やっとのことでお付き合いする男性ができるも、たった3カ月でフラれる。失恋直後、知人Y嬢から誘わ…

【40代編集長の婚活記#170】イヤな予感!「2人では会わない」理由って?

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、44歳から婚活をスタートさせて3年以上。やっとのことでお付き合いする男性ができたと思いきや、たった3カ月でフラれる。失恋のショックも癒…

【40代編集長の婚活記#169】バツイチ男の本音って? 思わせぶりなメッセージの真意

47歳のOTONA SALONE編集長・アサミは、婚活をスタートさせてから早3年。出会いを求めて婚活パーティへ行ったり、婚活アプリを試してみたり、一人でバーに行ってみたりするが、いまだにゴールは見えず。やっとのこと…

#168 「安心感」は 運命⁉ 失恋の直後に出会ったバツイチ男性【40代編集長の婚活記】

混迷を極める40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、婚活歴が3年を超えるも、いまだにうまくいかない。果敢に出会いを求め続け、やっとのことで恋人ができても3カ月でフラれてしまう。失恋ではげしく傷…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事