植松晃士「やせにくい」40代からのダイエット。成功させる4つのポイント!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。

最近、一気に夏っぽくなってきましたね。ファッションも露出が多いものが増えてきます。

そこで! 今回は、ダイエット話をしようかな~なんて思っております。

 

痩せすぎても「老け見え」します!

僕、どうしてもあと2kg痩せたい! 10kgなんて無謀なことは言いません(苦笑)。というか、40歳以上にもなると、変に痩せすぎるとシワシワになって、オバさんを越えておばあちゃんみたいになっちゃうから気をつけて~! 年齢を重ねると、ある程度ふっくらしているほうが若々しく見えるんだよね。

 

先日、お買い物のために久しぶりにスーパーマーケットに寄ったんです。レジに並んでいるとヒマじゃない? で、つい前の人のカゴの中味見て「今夜は何を作るのかしら?」なんて思ったり、その人の手元を見たりしちゃう。ふっくらした手なのか、筋張っているのか。そんなパーツにも生活感や年齢が出ちゃうんですよ。

 

幸せ感がないカラダをしていると、貧乏神みたいに見えるから! 絵画の中の貴婦人や大黒天とかふっくらした体型じゃない(笑)? 筋張った手なんか見ると、鶏の骨みたいで、コラーゲンがない!って思っちゃう。だから「痩せすぎない」がまず大事なポイント。

 

2kgだけでも見た目は変わります!

だから、あと2kg。それだけでも、自分自身で「変わった!」と思える。ウエストがちょっとゆるくなるとか、あごの下のお荷物が減るとかね~。たった2kgでも充分変化になるし、できない理想は立てたくないから。

ダイエット経験はどたなにもあるでしょ? だから、何キロ減ったらどうなるのか、というのがわかるはず。5kg減らそうと思うとけっこう大変だよ~。だから、2kgでいいんです。これが2つ目のポイント。

 

とはいえ、この2kgがなかなか落ちないの!! だって~誘惑が多くて。毎日のようにお会食だしね。血糖値が下がるせいなのか、なぜか17時を過ぎると甘いものが食べたくなるし。1日のトータルカロリーが減らない……。

だから、それ以外の部分でカロリーオフを目指しているところ。なにがなんでも痩せなくちゃ!というモードでいるのはツライ。幸せな気持ちでダイエットしたほうがいいと思うんです。精神的にも、ね。

 

40代からは「貯筋」も大事っ!

そのためには、代謝を高める、ということが大切。だから、簡単な筋トレをするようにしてます。個人的には週2回ジムに通っているの。やっぱり年を取ってくると大切なのは「貯金」と「貯筋」!

筋肉は鍛えないと衰える一方だからね。足腰弱くなると危険! 今からコツコツ貯めるのよ! おすすめは、下半身を鍛えること。筋肉が大きいからちょっとやるだけでも鍛えられるんですって。スクワットなんかいいよね。

最近、腹筋女子とかって流行ってるけど、お腹が割れててカッコいいのは男子だけ。特に40代以上なら、足腰よ! 腿あたりが痩せるとデニムも決まらない。

 

大人のダイエットはたるみにも注意!

それから、先日下着メーカーの方とお話することがあったんで聞いたら、自分に合ったブラをしている人は10人に1人しかいないんですって。ブラもちゃんと計って買い替えないと、どんどんカラダがたるんじゃう! 人前で裸になる機会って意外にあるでしょ。温泉とか人間ドックとかプールとか。ダイエットと同時に、下着にも気を配って!

 

すぐにいろいろと始めなくても、まずは1駅歩くとか、階段を使うとか、スクワット20回やってみるとかでいいんじゃない? 続けるうちにカラダも締まって、健康になって、若々しくなるはずよ!

 

では、またお会いしましょ★

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

これをサボると即オバ見え! 40代こそ「手抜き厳禁」な真夏のケア3選

つい先日の記事では「暑い日には、時短美容ならぬ手抜き美容でも十分! ぜひ、ストレスフリーなスキンケアを実践してみて!」と提唱した私ですが、40代の肌には、どんなに…

小さい・軽い・便利!旅行に持っていきたい3大コスメ【40代からの美容道】

旅行先でも最低限のメイクはしたい、でもスペース的にかさばったり、重くなったりするものは持っていきにくいですよね? だって荷物は他にもいろいろあるんですもの。しか…

髪は女の運命を決めるのか? 量産型女子ヘアvs.個性派女子ヘアの人生を考察する

「髪は女の命である」。昔からこの言葉があるように、女性にとって髪はとても大切なものです。まずは、「女らしさの象徴」。男性にくらべて長い髪は、女性性を具現化したも…

植松晃士「疲れたオバさん」にならない! 40代から見直すべき大切なこと。 

みなさん、こんにちは。植松晃士です。バテそうな毎日。熱中症の話題がひきもきりませんが、40代以上になったら、やっぱり体力や免疫力って必要ですよね~。さて。今回は疲労回復のお話をしたいと思います。そろそろ…

植松晃士 なにげに痛い! 残念な「体型カバー」と「肌見せ」のお話

みなさん、こんにちは。植松晃士です。今年は酷暑! 7月から連日ものすごい気温ですが、いかがお過ごしですか?百貨店や路面店には早くも秋の装いが並んでいたりしますが、実際問題としてはこの暑さですから、まだ…

植松晃士 ご注意!「生活感ある」オバ髪にならない方法

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回のコラムを読んで、さっそくセールに行った方はいらっしゃるかしら?ぜひ、新しいアイテムでフレッシュな自分を見つけてくださいね。40代、くれぐれも「髪」にご注意をさて…

植松晃士 40代がセールで「買っていいもの、ダメなもの」2018

みなさん、こんにちは。植松晃士です。あっという間に半年が過ぎました。6月後半あたりから、セールが始まってますよね。毎年9月10月くらいまで「もしかして、まだ夏?!」というくらいに暑いから、このセールで秋まで…

植松晃士 一歩間違うと「オバ見え」です! 大人スニーカーのたしなみ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回はダイエットのお話をしましたが、今回は足元ファッションのお話。ラクだから。老いも若きもスニーカーちょっとでも理想の体型に近づいてきたら、やっぱりファッションも気…

植松晃士 「上品な女性」になるために、40代から使ってほしいもの

みなさん、こんにちは。植松晃士です。暑い日が続きますね~。すっかり夏のファッションにシフトしていることと思います。が、今回はビューティ編。しかも「香り」についてお話したいと思います。ちなみに、読者の皆…

植松晃士 体型カバー・流行・好感度が手に入る40代の「美人見え」コーデとは?

みなさん、こんにちは。植松晃士です。ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか? 長い人は10日ほどもお休みできたんじゃない?誰もが「美人見え」の鉄板コーデって?さて。僕は相変わらず、都内をパトロールの…

植松晃士 赤リップが「似合わない」? おすすめ&選び方のコツ教えます!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。もうそろそろ、ゴールデンウィークの計画も進んでいる頃じゃないでしょうか? リゾートに行く方々は、くれぐれも日焼けにご注意を。紫外線はハンパないから最高UVカット値のも…

植松晃士 40代ファッションで取り入れたい「春の流行」4つのポイント

みなさん、こんにちは。植松晃士です。雪が降ったと思ったら、そのあと急に暖かくなって桜が花開いてびっくり。あっという間に春到来、でしたが、お花見は楽しめましたか?僕はそんな季節の間、お仕事がらみで全国へ…

植松晃士 春のメイク「美人とおブス」の差はコレで決まります!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は春ファッションについてお話したので、今回は春メイクのお話をさせていただきますね。プロが上手に使っているアレ大人の美醜を分けるのは、ずばり「ハイライト」です! …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事