「させていただきます」はNG!丁寧すぎて逆に無礼な敬語7選

敬語に自信のない人が、丁寧に話をしようとすると、ついつい過剰な言い方になってしまいます。
言葉の初めには何でも「お」や「ご」をつけたらいい、文の最後には「れる」「られる」をつければいい、そんな感覚でいませんか。
慌ててしまい、「〇〇でござる」のように時代劇のような言葉になってしまう人もいます。
そこまで恥ずかしくなくても、うっかり言ってしまう二重敬語があります。
今日はその中から代表的なものを7つ選んでみました。言い換えパターンも提案してみますので、この機会におさらいしてみましょう。

 

1「拝見させていただきます」は「拝見する」でOK

「させていただく」に関しては、使う人がとても多いので、「させていただく症候群」と称し、このOTONA SALONEでも取り上げました。

敬語の3大間違い「させていただく」「よろしかったでしょうか」あと1つは?
https://otonasalone.jp/45917/

この「させていただく」は「誰かが許可をした」ということを強調したい場合にだけ適している言葉であり、普段は使わない方が良いと解説しました。しかも「拝見」という謙譲語がついているので、完全に言い過ぎです。

拝見……「見る」の謙譲語

そう、実は「拝見いたします」すら二重敬語なのです。

致す……「する」の謙譲語

では、どう言ったらいいのでしょう?
答えはいたってシンプルで「拝見します」
これだけでいいのです。

  • のちほど、ゆっくり資料を拝見させていただきますね。
  • メールを拝見させていただきました。迅速な対応ありがとうございます。
  • 企画書を拝見させていただきました。素晴しいと思います。

これがぐっとシンプルに変わります。

  • のちほど、ゆっくり資料を拝見しますね。
  • メールを拝見しました。迅速な対応ありがとうございます。
  • 企画書を拝見しました。素晴しいと思います。

 

2「うかがわせていただく」は「うかがう」でOK

「うかがう」は「聞く」「尋ねる」「訪問する」の尊敬語です。こちらも、それだけで敬意を示せますので、さらに「せていただく」を付けるのは言い過ぎなのです。

では、どう言ったらいいのでしょう?
こちらも答えはいたってシンプルで「うかがう」
これだけでいいのです。

  • 先生のお話をうかがわせていただきます。
  • 成功の秘訣をうかがわせていただいてもよろしいでしょうか。
  • 明日、うかがわせていただきます。

これがぐっとシンプルに変わります。

  • 先生のお話をうかがいます。
  • 成功の秘訣をうかがってもよろしいでしょうか。
  • 明日、うかがいます。

 

3「おっしゃられる」は「おっしゃる」でOK

「おっしゃる」は「言う」の尊敬語です。それだけで敬意を示せますので、さらに「られる」という尊敬の助動詞を付ける必要はありません。

では、どう言ったらいいのでしょう?
こちらも答えはいたってシンプルで「おっしゃる」
これだけでいいのです。

  • 先生がおっしゃられていたことが、よく分かりました。
  • 先ほどおっしゃられていたじゃないですか。
  • そのようにおっしゃられるのはどうしてですか。

これがぐっとシンプルに変わります。

  • 先生がおっしゃっていたことが、よく分かりました。
  • 先ほどおっしゃっていたじゃないですか。
  • そのようにおっしゃるのはどうしてですか。

 

ギクッ、これは言ってる!みんなのうっかり間違いは→

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

WORKに関する最新記事