口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。

かくいう私も、この原稿を書いているまさに今、アラフォーになってから発症したアレルギーのせいで、口のまわりにちょっとした“蕁麻疹”が出ています。

「私も、体調によってニキビやブツブツが口まわりに出て、メイクには苦戦します……」な40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、ニキビ、特に口まわりにニキビやブツブツがあるときに40代が簡単にフォローする術のお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

やっぱり鉄則は「隠す」。でもわざとらしくはしない

 

ニキビやブツブツができているタイミングでのメイクでは、オンでもオフでも、とにかく“隠す”が鉄則に。

しかしコンシーラーでわざとらしくカバーしてしまえば、ヨレや色ムラの原因にもなりかねないだけに、即座に「オバ見え」なメイクになってしまうリスクがあるために、どこまでも“自然”を意識して隠すのがセオリーです。

ところがコンシーラーって、薄く塗ろうが均一に塗ろうが「ここにコンシーラーを塗りました!」的なわざとらしさが出てしまったり、あるいは薄づきを意識しすぎてブツブツがフォローできなかったり……といったジレンマ的な難関にもぶち当たりがち!

そこで、デイリーメイクで時短を意識しつつ「オバ見え回避」の視点で“自然にフォロー”するには、次の2つのポイントを死守してみてください。

 

口もとニキビのオバ見え回避術1:ニキビやブツブツの状態によってコンシーラーの色みを変える

 

赤色だったり白っぽかったりと、そのときによってニキビやブツブツの色は微妙に変わります。

そのため、それらを自然にカバーするにあたっては、コンシーラーの色選びも重要です。

赤っぽかったりピンク色をしていたりするニキビには「イエロー系」のコンシーラーが鉄板ですが、ブツブツの色が強すぎてフォローしきれない場合には「グリーン系」のコントロールカラーまたはコンシーラーを加えて、調節を。闇雲に肌色を塗ってしまうよりも、少量で自然にカバーしやすくなります。

また、くすみが強くなったかのような濃いベージュや茶色っぽいブツブツには、肌色のうちでもパール感のある肌色コンシーラーが便利です。

マットな質感のコンシーラーだとベタッとした仕上がりになりがちですが、パール感のあるコンシーラーを選ぶと、光を集めツヤっとした仕上がりになるので、ブツブツへのカバー力が上がったように感じるはず。

肌よりもワントーン暗めの色みで、悪目立ちさせないよう薄めに塗っていきます。

口もとは会話や笑顔などでよく動かすパーツなので、できるだけ柔らかいテクスチャーのコンシーラーを用いたほうが、表情の動きによるヨレを回避しやすくなります。

 

40代の口元コンシーラー。塗り方のコツはコレだった!次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事