騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。

他方、若い頃はたっぷりめに塗ってボリュームを出すだけでよくとも、昨今はナチュラルメイクブームあって「“ケバ見えオバサン”だけは、避けたい!」ともなりがち。

そう、40代になっていろいろと考えるほど、マスカラの“ちょうどいい加減”って意外と難しいものです。

「最近はマスカラを使わなくなっているけれど、本当はいい感じにボリュームを出したい」と密かに思っている40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は「脱・マスカラ下手」をテーマにしつつ、40代がちょうどいい塩梅でマスカラメイクをするには欠かせない“ちょっとしたコツ”のお話です。

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

ちょっとしたコツ1:マスカラを塗る前にしっかり「まつ毛を上げる」

 

ダマになったり塗ったそばからマスカラが肌に付いたり……にお心当たりがある場合、下がり気味の“まつ毛”が大きく関係しているかもしれません。

下がり気味のまつ毛にマスカラを塗っても、カールしたまつ毛に塗るのと比べると、どうしてもボリュームや長さ不足に感じやすく、そのせいで“厚塗り”を招いてしまう場合も多々。

ですので、本当にちょっとしたポイントながら、ナチュラルかつ自然なボリュームで仕上げるにあたっては、マスカラ前にまつ毛をカールさせる手間が、思っている以上に重要なカギを握っています。

しっかりカールされたまつ毛にはマスカラが塗りやすくなるメリットもあり、乾く前に肌にマスカラが付いちゃった!な事態も回避しやすくなります。

余談ですがマスカラを塗る前に、しっかりめにまつ毛を上げた瞬間、思っているよりも自分のまつ毛が長い事実に気づく女性も多いはず。

 

ちょっとしたコツ2:「ブラックのマスカラ下地」を使う

 

自まつ毛にいきなりマスカラを塗るよりも、下地を塗ったほうが、仕上がりは断然にキレイです。

市販されている下地には、無色なものから、繊維が入っているもの、フィルム状のものまでさまざまなバリエーションがありますが、40代が“ナチュラルに盛る”ならば、私からのご提案は「黒のマスカラ下地」一択。黒い下地を使うメリットとしては、あとから使用するマスカラの量が少なく済むので、自然と“盛りすぎ”を防ぎやすくなる点に加え、40代を迎え年齢によって痩せてきたまつ毛を、自然にボリュームアップしてくれる効果が大きいです。

以前の連載でもご紹介していますが、私はエテュセの『ラッシュバージョンアップ 』が本当に気に入っていて、つい先日4本目のリピ買いをしたばかり。ダマにならず、上げたまつ毛への形状キープ効果も実感できていて、手放せません。

そして最後の1コツは→

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事