【美容ライターが提言】40代「目元の乾燥」どう対策する?やってないとヤバい目元美容とは?

今月のオトナサローネは、大人の乾燥対策がテーマ。ここでは、40代女性ならほぼ100%の人が気になっているはずの、目もとの乾燥にフォーカスします。

目もとの皮膚は顔の他の部分に比べて厚みが1/3ほどしかなく、皮脂腺もないので、生理的に乾燥しやすい部分。だからこそ私も朝晩まじめに保湿に励んでいるのですが、暖房の効いた部屋で過ごした日は、いつのまにか目尻がカサッカサ&シワッシワ(涙)。おまけに目頭から斜めに入った「ゴルゴライン」もくっきり深くなってきて、われながら「この疲れきったオバサンは、一体どなた?」と……。

 

 

今年発売の最新アイクリーム。40代が買うべき1品は?

しかも大人の目もとの悩みは、乾燥だけではありません。シワ、たるみ、クマ、くすみなどなど、どんどん複雑化する悩みにもきちんと対応してくれるアイクリームを見つけたいですよね。この秋、発売されたばかりの新製品の中から、期待の3品をピックアップしました。

ポーラ B.Aは、眼輪筋の“痩せ”を防ぐ先進アプローチ

10代の頃は腫れぼったいまぶたがイヤだったのに、いつの間にかまぶたが落ちくぼんできて、老けて見える、疲れて見える、所帯じみて見える……。私みたいな人、少なくないですよね。このような目もとの形状変化は、眼球の周りを囲んでいる眼輪筋が薄くなってしまうことが原因。眼輪筋の厚みがなくなると肌のハリも低下するので、上まぶたがゆるんで目が小さくなったり、眼輪筋の下にある脂肪が表面に流れ出てきて、下まぶたにブヨッとたるみができてしまうことも。目もとの土台ともいえる眼輪筋ですが、加齢とともに衰えるし、自分で鍛えるのは難しいし、一体どうすれば……⁉ その答えが、ポーラ B.Aのアイクリーム。眼輪筋を構成している「MYH2」というタンパク質の増殖を促すことで眼輪筋をふっくら厚くするという、これまでにない最先端のアプローチを提案しています。しかも濃密なのにスッと浸透し、ムチッとハリを感じられる即効性も素晴らしい。乾燥が気になるだけでなく、なんとなく目の印象がボケてきた?と感じている人も是非!

B.A アイゾーンクリーム 26g ¥19,440/ポーラ

 

デバイス疲れの目もとも救う、SUQQUの血流ケア

SUQQUのアイクリームはこっくり濃厚で、まさに大人の女性向き。肌にのせると柔らかくとろけつつ、ほどよい伸び感で潤いをピタッとホールドしてくれる独特なテクスチャーです。さらにこのアイクリームのパワーを増強してくれるのが、付属のアプリケーター。熱伝導率の高いアルミニウム素材が使われていて、その原理はカチカチに凍ったアイスクリームでもなめらかにすくえるスプーンと同じ。手肌の熱をじんわり目もとに届けながらマッサージできるので、血流をしっかり促してくれます。PCやスマートフォンで目を酷使している人、冷え性で血流が滞りがちな人にも嬉しいですよね。血行不良による青グマに効果的なのはもちろんのこと、内側から栄養や潤いがしっかり巡り、しなやかに引き締まったハリを実感できますよ。

インテンス リッチ アイ クリーム〈オリジナルアプリケーター付〉 13g ¥19,440/SUQQU

オバジ ダーマパワーXで、美容医療の効果をプレ体験

40代ともなると、美容クリニックの再生医療も気になってくるもの。オバジ ダーマパワーXは、再生医療の知見がヒントになっているというから、 絶対に見逃せません! もともとシリーズ誕生からたるみ研究に注力し、目に見える結果を追求。新しいアイクリームは、コラーゲン&エラスチンの両方の量&質を高める“ダブル&ダブル”のケアで真皮層を建て直しつつ、血流と脂肪にもアプローチしてくれる多機能ぶり。特に脂肪へのアプローチは画期的で、たるみによって下まぶたにブヨッと溜まった、脂肪の分解を促してくれるんです。

この下まぶたの脂肪たるみ、涙袋とは明らかに違う老化の産物。先ほどご紹介したポーラ B.Aは、眼輪筋を強化することで脂肪をせき止め、オバジ ダーマパワーXは脂肪自体の分解を促します。アプローチ方法は違うものの、あのたるみを化粧品で防げる時代が来るなんて……、化粧品の進化って本当にありがたいですよね!

オバジ ダーマパワーX ステムシャープアイ 20g ¥6,480/ロート製薬

製品の問い合わせ先

ポーラ 0120-117111

SUQQU 0120-988-761

ロート製薬 オバジコール 03-5442-6098

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

これをサボると即オバ見え! 40代こそ「手抜き厳禁」な真夏のケア3選

つい先日の記事では「暑い日には、時短美容ならぬ手抜き美容でも十分! ぜひ、ストレスフリーなスキンケアを実践してみて!」と提唱した私ですが、40代の肌には、どんなに…

植松晃士「疲れたオバさん」にならない! 40代から見直すべき大切なこと。 

みなさん、こんにちは。植松晃士です。バテそうな毎日。熱中症の話題がひきもきりませんが、40代以上になったら、やっぱり体力や免疫力って必要ですよね~。さて。今回は疲…

フレンチネイルでも不評に…!? 男ウケ最悪な40代女性の「爪」3大NG

婚活を意識しているタイミングではなくとも、職場や取引先の異性から「ダメなオバサンっぽいなぁ」なんて思われるのは、できるだけ避けたいところ。男性から「これはなしだ…

植松晃士 ご注意!「生活感ある」オバ髪にならない方法

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回のコラムを読んで、さっそくセールに行った方はいらっしゃるかしら?ぜひ、新しいアイテムでフレッシュな自分を見つけてください…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」に合わせ…

捨てたらもったいない! 使わない「化粧水・乳液・美容液」のリッチな再利用術

ミニマルな生活に憧れると「アレもコレも、捨ててしまおう!」なんて、断捨離もポイポイと進むもの。特にスキンケアコスメは「開封したら3ヶ月~半年で使い切るべし」と言…

ほうれい線、なくしたい! 少しでも薄くする方法とは?【40代からの美容道】

目尻、ほお、額……。アラフォーにもなると、そこかしこにシワができてきます。中でも最も多くのアラフォー女性が気にしているのが「ほうれい線」でしょう。ほうれい線の深さ…

いくつやらかしてた?「7つのNG美容習慣」で秋の40代オバ肌が加速する!

秋を迎え「お肌の調子が安定しない」というお声も、チラホラ聞こえてきています。夏の間に紫外線を浴びまくったことも影響してか、秋の初めにはどうしてもお肌の調子がイマ…

塗るだけで歯が白く美しく立体的に?3つのプチプラリップで叶います

大人の女性にとって、口紅は新調するのが難しいアイテム。肌から色浮きしていない? オバサンっぽく見えない? 時代に取り残されてない……? などなど、考えれば考えるほど、新しい1本に踏み出すのを躊躇しがち。ですが…

「乾燥しすぎて化粧水さえ入らない」そんな40代肌を救うこの冬の3大スキンケア

気温も湿度もいっきに下がり、肌が急激に乾燥する季節。たかが乾燥、と放っておくと命取り。乾いた肌は折りジワが付きやすくなるし、肌内部がスカスカだと毛穴や開きやたるみも目立ってきます。さらに肌のターンオー…

マロ自眉もあくまで自然な「生えてた風」に。40代を救う眉リキッドがブーム!

細眉ブームのときに抜いた眉毛が復活せずに、いまだに麻呂眉。そうでなくても年とともに眉毛が細く薄く少なくなってきた……。そんなお悩み、40代女性に多いのではないでしょうか。アムロちゃんの引退宣言は衝撃的でし…

たるみもほうれい線も! 40代こそ使いたい最先端コスメ3選

みなさん、たるみケアしていますか? たるみやほうれい線はシミやくすみと違って、ファンデーションではなかなか隠せないのも痛いところ。夕方のエレベーターの鏡や、帰宅時の電車の窓に映った自分の顔……、その深い影…

3歳若見え! ペタッとつぶれた髪の分け目をふんわり戻すワザ

髪の根元がペタッとつぶれていると、いっきに貧相で生活感あふれる印象になりますよね。柔らかなネコ毛が外国の少女みたいにオシャレに見えることもありますが、それは顔が若々しければ、の条件付き。ほうれい線+ペ…

「老けた?」と言われない!オトナ美肌を叶える秋ファンデーション4選

はじめまして、美容ライターの摩文仁こずえです。これからBEAUTYの記事を執筆していきますので、どうぞよろしくお願いします。常に数多くの製品をお試ししていて、新製品や季節モノが大好きなミーハー気質。現在は雑…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事