ズボラ向け!どうしても髪がパサつく人の「絶対できる」オバ髪脱出ケア3選

これからの季節。髪の悩みで一番に挙げられるのが「髪の乾燥」。若々しい髪に欠かせないツヤを失ってしまっては、オバ髪まっしぐら!

油分多めの太髪・剛毛な私でも、40歳を過ぎたら髪の乾燥に悩まされることに。すぐさま美容師さんに相談したところ、以下のような回答が。

 

「こまめにカットすればいいんじゃない?」 

→そうだよね。でも面倒なんです。

 

「たまにはサロントリートメントしなよ」

→そうだよね。でも面倒なんです。

 

「ダメージを最小限に抑えたストレートパーマがいいよ」

→興味あります! でもやっぱり面倒です。

 

こんな仕事をしていてアレですが、サロンではカットとカラー以外のオーダーは正直面倒だし、2ヶ月に1回のサロン通いのペースを早めるつもりもないんです(美容師の皆様、本当にごめんなさい!)

ってことで、これまで仕事で培ってきた知識を踏まえ、自分の生活スタイルに合ったヘアケア術を考えて見ることに。その結果、美容師さんからもお褒めをいただくようなツヤ髪が戻りましたよ。そんなズボラな私が行ったヘアケア術がこちら。バスルームを出てからの15分ですべて完了させるのがポイントです!

 

1・タオルドライ直後に「頭皮用」美容液をつける

バスルームを出たら、まずは髪をタオルドライ。頭皮をゴシゴシこすりながら水分を取ったら、すぐに頭皮美容液をつけます。

「ゴシゴシ乾かすのはダメ」と言われますが、正確には「髪に摩擦を起こすような乾かし方がダメ」なので、根元を多少ゴシゴシするのは問題なし。むしろ髪にタオルを巻いたまましばらく放置している方が、髪の水分がなかなか飛ばず、かえってダメージを与えます。

なお、頭皮美容液を使う理由は、頭皮乾燥を防ぐため。頭皮乾燥は髪の乾燥に繋がるだけでなく、フケの原因になるから。実は数年前から冬のフケ問題に悩まされていた私ですが、コレを使うようになってから解消されました。

所要時間:3〜5分

お気に入りはこの2本。uruotte爽(左)は、真夏のベタついた髪にも使えます。ザ・ヘアケア フューチャーサブライム ボリュームセラム(左)は、分け目が気になって最近使い始めました。乾燥対策だけでなく、弱った髪を強くさせる効果があるのでオススメ。

2・「洗い流さない」トリートメントをつける

タオルドライが終わったらコームで髪を軽くとかし、今度は洗い流さないトリートメントをつけます。多少髪が濡れた状態でもOK。むしろ完全に乾いた髪の場合、保湿成分が髪の内部に入らないため、ハーフドライくらいがベストです。

最近はトリートメントにも様々な種類がありますが、私は髪の状態に合わせてオイル、ミルク、スプレーの3種類を使い分けます。基本はミルクタイプを使い、乾燥が激しいと感じたときにはオイルを。スプレータイプはミルクやオイルを手に取るのさえ面倒と感じるとき。大した差はないのですが、それでもコレにどれだけ救われたことか!

手を汚さないスプレータイプは、1本あると重宝しますよ。

所要時間:1〜3分

メインはフローディア コートミルク スムース(中央)を使い、しっとり度を高めたいときはヘアオイルセラム(左)を。疲れててケア時間を少しでも短縮させたいと思ったら、ナチュラルテック ヘアミストRP(右)を数回プッシュして済ませます。

 

3・スキンケア後に「ドライヤーで」髪を乾かす

今度はドライヤーで髪を乾かす番。正直、ドライヤーを使わないで寝ちゃう人多いと思います。私も最近までやってませんでした。だって、乾かしても寝ぐせがつくし、乾かず時間がかかって面倒! それに意外とそのままでも髪が傷むことがなかったから。

でも、ちょっと一念発起してドライヤーを使うことに。そしたら太毛・剛毛な私でも、意外と短時間で乾いたんですよね。これ多分、髪のコシがなくなって、毛量も少なくなったから。嬉しいような、悲しいような……。

ちなみに、トリートメントをつけたらすぐに乾かさず、今度はスキンケアを優先するのがポイント。この少しの時間でも、トリートメント直後より乾きやすくなるんです。スキンケアも早めに行うのがベストなので、この方法オススメですよ。

また、最初は髪を持ち上げ、根元にドライヤーの風を当てて乾かし、次に髪を整えながら全体を乾かします。9割以上乾いてきたら、最後にブラシを使って表面を軽くとかしながら乾かします。使うブラシは獣毛+ナイロンのミックスタイプ。本当は100%獣毛が良いと思うんですが、髪が多い私はとかした気がしないので、これがベスト!

所要時間:7〜10分(スキンケア時間含む)

ドライヤーは美容室で使われているプロ仕様のモノ。風力が強く、全然壊れない! 20年使い続けてます。ブラシはメイソンピアソンをずっと使ってましたが、こちらもかなり古くなってきたため、最近ラ・カスタを使うことに。剛毛さんやクセ毛さんにオススメですよ。

 

以上が、私が行った乾燥対策のヘアケア術。当たり前のことを短時間にギュっと凝縮しただけなんですが、意外なことに効果絶大! 頭皮の状態も良くなったと、美容師さんからもお褒めの言葉をいただきました。

 

ちなみに今回紹介したアイテムは、お値段が少々お高め。でも、「高いからこの1点は省略」という考えではなく、コスパの良いもので代用してくださいね。今回紹介したアイテムをすべて使いこなすことで、このヘアケア術が成立します。

 

最後にもう1つ。それでも髪の乾燥が気になる場合は、スタイリング剤を変えてみてはいかがでしょう? 意外とオススメなのがツヤ出しスプレー。スタイリング剤に抵抗のある人でも、スプレーなので手を汚すこともなく、瞬時に髪がツヤ髪になります。

ただし、これはあくまで最終手段。やっぱり毎日のヘアケアを継続させる。これが絶対重要です!

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

「めんどくさがり40代」でもOK!簡単ヘアアレンジ3つのコツ

アラフォーになると結婚式や二次会に呼ばれる機会は少なくなってきますが、パーティなどおよばれシーンでのヘアスタイルはいくつになっても悩みのタネ。セルフアレンジでも…

40代が使ってると最悪に痛い!ヘアアクセと髪のお道具

一歩外に出るとふき出す汗。駅に着くころには背中はびっしょりですよね。ボディだけでなく、もちろん頭皮も大量に汗をかいています。放っておくとニオイの元になるだけでな…

パサ髪、オバ髪脱出! 髪のツヤを取りもどす5つのヘアケア

エイジングとともになくなるのが髪のツヤ。子供のころはツヤツヤしていたけど、気づいたら天使の輪が見えなくなった……なんて人も多いはず。髪のツヤは見た目年齢を大きく左…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

「自分で見えない部分」の白髪に困る人、3COINSで今すぐコレ買って!

ひろたかおりさんの【男の本音】で取り上げられていましたが、男性が気になっているのはスタイルよりも髪の毛とのこと。女性よりも背が高い人が多いわけですから、立ち話な…

「パサつく、うねる40代髪」エイジング毛の雨対策ヘアは?

ジトジトするこの時季は、髪がまとまらずに憂うつな気分になりますよね。しかも、アラフォーになるとストレートヘアだった人でも髪がうねったりツヤがなくなったりするので…

パーマをかけずにふんわり髪に見せるヘアデザインスタイル7選

40歳を過ぎると、髪のコシが突然なくなって、ペチャンコヘアに悩まされていませんか?46年間剛毛・太毛・そして硬い毛の私でも、最近では髪の分け目がかなりはっきりしてきました。なので、本来ならパーマをかけてふ…

脱出!「さえない前髪」。40代が若見えするセルフカット3つの法則とは?

下ろし前髪、流し前髪、かきあげ、シースルー、オールバック、センターパート、etc……。前髪のデザインは数あるけれど、40代女性は「下ろし前髪」が最も多いのだそう。その理由は、手入れが楽なのはもちろん、額のシ…

【結べないボブ】も「ちょいアレンジ」で5歳若見え!4つの正解

寝ぐせがつきにくく、手入れが簡単な肩上カットのボブスタイル。でも、オバさんボブなんて陰口叩かれてるかも……?その原因は、ズバリ手抜きスタイリング。「ボブは寝ぐせがついてなければ整ってる」なんて思ってたら…

定番ボブ、1つ結びでもこんなにエレガント!5分以内のヘアアレンジ3選

アラフォー世代で最も多いと言われているのが、結べる長さのボブスタイル。手入れがしやすく、髪のパサつきも抑えられてツヤ髪がキープできる、大人にうってつけのヘアスタイルですよね。でも、ボブって意外と服装が…

オバ髪はスタイリングで回避できる! 2つの「若見え仕上げ」で美人髪に

40歳を過ぎると、突如訪れる髪の老化現象。パサつき髪やうねりを防ぐために入念なヘアケアを行ったり、マメに美容室に通ってメンテナンスをする。それでも、どういうわけかババ臭い髪型。そんな人は、いま一度スタイ…

100均ヘアゴムでもイタくない! プチプラアクセで簡単なオトナのヘアアレンジ

シンプルなアレンジのとき、たまにはヘアアクセを使って変化をつけたくなること、ありません? とはいえ、高価なヘアアクセは出番があまりないから、購入するのはちょっと気が引けちゃいますよね。となると、やっぱ…

そのアメピンが「オバ髪」の原因!? ピン少なめでできるオバ髪脱却アレンジ

髪の長さが中途半端だったり、レイヤーが多く入ってると、まとめた髪から予想外の後れ毛が。そんなとき、ついついアメピンに頼ってしまいますよね。でも、このアメピン。使い方次第ではオバ髪になってしまってること…

浴衣美人の秘訣はまとめ髪にアリ! 大人のセルフ浴衣アレンジ

最近では若い子の間では浴衣を着る文化が浸透しつつありますが、大人はまだまだ消極的。確かに着付けは面倒ですし、動きにくい。そもそも浴衣なんて持ってないって人もいるでしょう。でも皆さん。大人の女性ならでは…

猛暑こそハーフアップ! 大人のハーフアレンジ10選

今年の夏は災害レベルの暑さ! ジャマな髪はフルアップで襟足スッキリヘアにしがちですが、強い日差しでフルアップは危険がいっぱい!というのも、首後ろは日焼け止めをつけにくく、さらに日差しを浴びやすい場所。…

初心者でも失敗しない! 自分で前髪ちょいカットの注意点

あなたが美容室に通うのはどれくらいの頻度ですか?40代女性の場合、実は半年に1回が最も多いと言われています。次に多いのが3ヶ月に1回。多忙である上に、子育て中のママになると出費が重なり、美容室に通うお金…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事