「こんなはずじゃ……」40代独女とつきあったバツイチ男性はココにこりごり!

 

離婚から数年経ち、傷が癒えてくると新しい恋愛の可能性を考える男女は大勢います。40代・50代での再婚も今の時代は珍しくありません。

ですが、いいなと思う女性と親しくなり、いざ楽しいお付き合いが始まったと思ったのに、何だかアヤシイ雲行きに……。

実際に交際してみないとわからないのが男女の縁。バツイチ男性を悩ませる40代独女の付き合い方について、お話します!

 

「バツイチ」を強調される肩身の狭い付き合いはこりごり

「数年前に『性格の不一致』で離婚してからは、ずっと仕事一筋で生きてきました。

女性との付き合いなんて考えるのも嫌で、一生ひとりでもいいやと思っていたけど、友人から紹介された独身のアラフォー女性はサバサバした性格で男にべったりじゃないところが良くて、親しくなりました。

仕事もがんばっているし毎日を行動的に楽しむ彼女は刺激的で、こんな女性なら前向きな付き合いができるかも、と思いきって告白。彼女から『こんな私で良ければ』と言われたときは本当に嬉しかったです。

でも、ちょくちょく『バツイチって世間の目とか大変だよね』『バツイチでも人生の長さは同じだしね』など、離婚したことを強調するような発言があって、それがストレスで……。

できれば離婚の話は触れたくないのに、『男のバツイチはマイナスにはならないよ』みたいな無神経なことを言われると、逆に肩身の狭い思いをします。

結局、会話することも楽しくなくなってきて、彼女には正直に理由を話して別れました。どんな意図でバツイチを強調していたのかはわからないけど、デリカシーのない女性は無理です」(36歳/教員)

 

★ もしかしたら、上の女性は男性を励ます意味でバツイチのネタを持ち出していたのかもしれませんが、思いっきり逆効果。傷に塩を塗るような発言は、男性の愛情を奪う一方です。

離婚歴を気にしない男性もいれば、いつまでも引きずる人もいます。相手が離婚についてどう思っているかをしっかり見極める意識が欲しいですね。

 

「養育費は?」「貯金は?」とお金の話ばかりでうんざり・・・

「結婚相談所で紹介されたアラフォー女性。僕がバツイチなことを理解して会ってくれて、何回かデートを重ねていくうちに好意を持ちました。

子どもが一人いますが、元妻が引き取って育てていることを話し、月に一度面会していることも打ち明けました。

そのときは『そうなんですね』と普通に頷いてくれたと思ったんだけど、そろそろ告白かな、というタイミングのデートの夜、不意に『養育費は毎月いくら払っているんですか?』と尋ねられてびっくり。

正直に伝えたら、今度は『お給料から毎月いくら貯金していますか?』とまたお金の話。さすがにいい気分がしなくて『まぁそれなりですよ』とごまかしたら、『お付き合いするならお金がないのはちょっと……』のような言われ方をして、一気に恋心が冷めました。

別にお金目当てで会っていたわけではないだろうけど、交際することにそこだけを取り上げてネガティブになる彼女とは、きっと付き合ってもダメだっただろうなと思います」(39歳/営業)

 

★ お金のことは、ほかの話題に比べてデリケートなもの。相手がバツイチで子どももいる男性の場合、養育費など確かに気になるのはわかりますが、それでも言い方には繊細な注意を払う必要があります。

金額そのものを尋ねたり貯金の有無を知りたがったりと、懐を探られるのは決して心地よいものではありません。

相手の気持ちに配慮できない女性は、付き合っても短命で終わる可能性が大です。

 

「再婚はナシね」と言われると愛情も失せる

「4年前に離婚したときから仲の良かったアラフォーの女友達。

落ち込んだときに励ましてくれたり、ふたりで遠出しても飽きずに時間を楽しめたり、いつからかこの子が彼女ならな、と思っていました。

彼女も俺以外に親しくしている男性はおらず、『何かもうカップルと変わらないよね:みたいな話はよくしていました。

俺は、付き合うなら再婚も視野に入れたいし、そのことも彼女は知っていたので余計に安心感があったのかもしれません。

ある年の彼女の誕生日に、『正式に彼女になって欲しい』と花束と一緒に告白するとすんなりOKがもらえて、交際が始まりました。

当然いきなり再婚の話なんて持ちかけないし、恋人としての時間を楽しみたいと思っていたんだけど、ある日彼女に言われたのは『あ、再婚はナシね』という軽い言葉。

『私、結婚する気はなくて』とあっさり言うけど、俺の気持ちを知っていて交際をOKする気持ちが理解できず、それからギクシャクした雰囲気になりました。

結局、フェードアウトみたいな形で終わってしまい、彼女とは今も連絡を取っていません。彼女にとって俺は何だったんだろうと思うと、虚しくなりますね」(38歳/販売)

 

★ こちらも、男性の気持ちを汲んでもらえなかったことが上手くいかなかった原因です。

再婚を視野に入れた付き合いを望む人は多いと思いますが、それを知っているなら応えるにも相応の覚悟が必要なはず。

OKになってから「その気はない」なんて言われたら、振られるよりショックは大きいですよね。

交際は人の愛情を受け止めることです。いい加減な気持ちで応えるのは、くれぐれも控えましょう。

 

 

 

 

バツイチ男性でも恋愛を諦めない人は多くいますが、やはりお互いの人間性が合うことは、幸せなお付き合いには欠かせません。

他人同士だからこそ、しっかり向き合う気持ちは忘れたくないものです。

ヘビーな内容もありましたが、どうかこれからは良い女性と巡り会えますように……。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、40代女性のコレに弱いです!男性がムラムラする「○○な瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

かわいい年下男子に好きと思われる4つのアプローチ

20代や30代の男性にとって、年上の女性の振る舞いは意外と目につくものです。「この人いいな」と思われる女性の共通点は、そのときに応じた「気づかい」があること。同じ世…

男性に「この人はずっとおひとりさまだろうな」と思われる40代独女って?

「おひとりさま」という言葉が流行って久しいですが、本当に独身を謳歌しているアラフォー女性は、堂々と生きる姿が周りからも支持されています。こんな女性はいつか良い男性が現れていつの間にか結婚、なんてことも…

これが噂の「モテLINE」!男性が喜ぶタイミングや内容って?

気になる男性とのコミュニケーションにLINEを使っているアラフォー女性は多いと思いますが、メッセージを送るタイミングやかける言葉など、どれくらい意識していますか?雑談が好きな女性と違い、男性にとってLINEは…

【男の本音】僕らが40代独女と恋に落ちた瞬間・萎えた瞬間

外出する機会が増える夏は、仕事仲間や友人たちとのお付き合いも活発に。花火大会などイベントがあれば、普段とは違う相手の姿に思わず目がいくこともあるでしょう。素敵な笑顔を見て恋に落ちる瞬間もあれば、見たく…

人には言えない恋の悩みってどうしてる?アラフォー女性の「恋愛相談」事情

恋愛や夫婦のこと、人間関係など、悩みがあってもなかなか人に相談できないときってありますよね。アラフォーになると、「今さらそんなことで悩むの? と思われそうで怖い」「悩みを人に知られることに抵抗がある」…

[PR]

実際どうなの!?SNSで男性に「歓迎される発言」「嫌がられる発言」

ツイッターにフェイスブック、インスタグラムと、SNSで情報発信を楽しんでいるアラフォー女性は多いと思います。気軽にいろんな人とつながれて、欲しい情報を手軽にゲットできるSNSは、男女問わず人気のツール。男性…

きっかけは意外なもの!?40代独女との「交際に発展した夏デート」3つ

じめじめした梅雨が明けると、外は一気に夏モード。外出が楽しくなる季節は、気になる男性とデートに行く時間を増やしたくなりますよね。イベントが多い夏は、男性も同じく好きな女性を誘う機会をうかがっています。…

男性が誘いたくないと思う40代独女の「残念な身だしなみ」

梅雨が明ければ日差しの強い夏が来ます。暑さの厳しい時期は、薄着のファッションを好んで着たり、メイクも涼し気なカラーを選んだりと、装いにも変化がありますね。外出もしやすくなる夏からの季節、男性も気になる…

モテない女っぷり、LINEでバレてる!「男がその気になれない」40代の特徴って

気になる男性にせっせとLINEを送るけど、イマイチ良い反応が返ってこない……。そんなときは、男性をポジティブに引き寄せるLINEができていないのかもしれません。言葉ひとつで相手に与える印象は変わります。気遣うつ…

忘れられない……40代・50代の男性に聞いた「別れたことを後悔する女性」

終わりを迎えた恋。そのときはそれが最善だと思って別れを決めたのに、時間が経って冷静になってみると、やっぱり後悔する気持ちのほうが強くて……。こんなことは、女性だけでなく男性にだって起こります。特に、40代…

「おひとりさま」が結婚したい相手は?オトナ女性が求める男性像

50歳、60歳を迎えても、好奇心を忘れず肉体の衰えもまだまだポジティブに乗り切れる。現代は、こんな「おひとりさま」が男女ともに多い時代です。ずっとシングルで過ごしてきた女性も、バツイチの人も、年をとったか…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事