「まだ捨てないほうがいい!」ストップ断捨離なスキンケアコスメ3選

手元にあるコスメを改めて見返してみると「これはもう、使わないかも……」にお心当たりがあるものも、いくつか出てくるのではないでしょうか。

そこで変に勢いづいてしまって「よーし、全部捨ててしまおう!」と潔く断捨離するのもアリですが、後日「あれは、捨てなければよかった……」なんて後悔をよぶことがあるから、コスメの断捨離って意外と難しかったりもします。

「そろそろ夏前のコスメ断捨離を、決行しようとしていました」な40代女性のみなさま、いよいよ夏がやってくる今、いかがお過ごしですか。時短美容家の並木まきです。

今回は、スキンケアコスメのお話。断捨離が頭をよぎっても「まだ捨てないほうがいい」可能性があるスキンケアアイテムに迫ります。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

まだ捨てないほうがいい1:面倒で使っていない「刺激の少ない洗顔石けん」

 

「よさそう」と思って購入して開封してみたものの、実際に使ってみたら「洗顔は、石けんじゃないほうがやりやすいかも」と、そのままになっているものがありませんか?

こんなシチュエーションは「もう使わないし、捨てようかしら」と頭をよぎる女性も少なくないはずですが、しかし同時に、せっかく買ったのに、まだまだ残っている石けんを捨てるのは気がひける……というのも本音だったりします。

もしもその石けんが、低刺激でお肌にやさしい仕様だった場合には、デリケートゾーン用の洗浄料として使える可能性も。

多くのデリケートゾーン用ソープは弱酸性でつくられているため、ボディソープよりやさしい洗い心地につくられています。このことから、捨てようと思っている洗顔石けんが同じように弱酸性をうたっている場合、今使っているボディソープで洗うよりも洗顔用として買った石けんで洗ったほうが、むしろお肌にやさしい可能性も、石けんに使われている成分表示をチェックしていけそうであれば、まずは試してみる価値アリです。

 

まだ捨てないほうがいい2:お肌にはややベタつきを感じる「クレイ系パック」

 

「スペシャルケア用に」と買ってみたクレイパックでも「どうも私の肌には、油分が多すぎるのか、ベタつく……」などとひとたび感じると、思わず処分したくなるもの。

しかしまだ捨てるには、早いかもしれません!

顔には合わないものでも、ボディの角質ケアに取り入れると「ベタつく」と感じていた使用感が「しっとりして、いい感じ」に変わることもあるため、処分する前に肘や膝などのスペシャルケア、あるいはハンドパックに応用してしまうのもアリなのです。

ちょうど夏場は、古い角質を落とすボディケアにも力を入れたい時期。クレイにはお肌の不要な汚れを吸着して洗い流す作用があることから、わざわざボディ用スクラブを購入せずとも、放置していたクレイパックで「事足りた」となるかもしれません。

 

まだ捨てないほうがいい3:刺激が強すぎると感じた「美白美容液」

 

夏が近づくと、毎年美白美容液を新調している40代女性も多いはず。

しかし美白アイテムは、お肌に合うor合わないも顕著に出やすいアイテムだけに「使ってみたけれど、私の肌には刺激が強すぎた」となると、途端に“タンスの肥やし”になりがちです。

そして美白美容液には、“それなりの値段”のものも多いため「そのまま捨ててしまうのは、忍びない」とちょっとした罪悪感にさいなまれながらも、どう活用しようかも迷いがち。そんなお心当たりがあるならば、捨てる前にぜひ試していただきたいのがデコルテに特化した美白ケアです。

顔には刺激が強すぎても、首元であれば「問題なかった」ということもあり「意外とイケる!」になりやすいのです。

ここまで試してみて「やっぱり、ちょっと強いかも」と感じるなら、ゴミ箱行きにする罪悪感も減るはず。ある意味、心の整理をつけるためには「一石二鳥」とも言える応用術です。

 

どんなにワクワクしながら手にとったコスメでも、一度「お肌に合わない」と感じてしまえば、二度と手が伸びなくなるのも私たち女性の心理。そんなシチュエーションで潔く処分してしまうのもかっこいいけれど、夏のスペシャルケアに使えるとなれば、まずは試してからでも遅くはありません。

ただし「この使い方でも、やっぱり自分には合わない」と感じたら、無理に使い続けずに諦めて手放すのも、美肌をキープするためには重要。無理をしてまで使い続けるのはおすすめしませんが。「捨てるのは、もったいないし……」と迷っていたコスメが該当していた方は、よろしければ参考になさってみてください。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

この歳でコレはないでしょ…! 男が40代女性の「キッチンまわりの悪癖」3例

「食の好み」は、男女の相性においても重要なテーマであるのは、間違いありません。味付けの“濃いor薄い”からはじまり、食材の合わせかたや、味噌汁に使う味噌の種類にいたるまで“好みの味”は、非常に幅広く、だから…

ねえ、それ自慢?オトコがドン引きする40代女性のキャリア話3選

40代ともなると、仕事ではそれなりにキャリアを積んできている女性も多いものです。実際、30代までの自分と比較しても、仕事に自信が増している実感があるかたも少なくないのではないでしょうか。ところがちまたには…

だらしないなぁ…男が一発でアウトだと感じる「40代女性のアイライン」NG3選

アイラインの出来は、目もとの印象のみならずメイク全体の印象をも左右する重要な部分。一方で、自分では自分が“目を閉じているときの様子”をしっかりとチェックするのは難しいことから、自分では「まぁそれなり」の…

無意識に言ってない? 恋愛に失敗する40代女性ほど口にしている魔のフレーズ3例

「掴み」はいいのに、交際が始まってしばらくすると、なぜか男性が距離を置き始めたりあからさまにテンションが下がったりすることに頭を抱えている40代女性もいらっしゃいます。「特に思い当たるところはないのに、…

非常識に見える…!? 使い方によって「上から目線オバサン」認定されるメールでの日本語3種

本人は“上から目線”で発しているつもりなんて毛頭ない言葉でも、相手の受け取りかたによっては「感じ悪いオバサンだなぁ……」となることもあります。特に、まだ相手のことがよくわかっていない段階では、なにげなく使…

新作プチプラ髪コスメ人気3「白髪」「うねり」プロの対策は

この春も、各メーカーから続々と春の新作コスメが展開中。気分が高揚しがちな春には、これまでとは違う“新しい自分”を目指して、コスメを新調する女性も少なくありません。「私もいろいろ物色中だけど、せっかく買う…

疲れたオバサン見え…! 「メイク下手な40代」は口と眉、そしてココが古いまま!

「あの人って、メイクが下手だよねー」なんて思われるのは、できれば避けたいのがホンネな女性は多いはず。メイクは、オシャレとしてだけでなく、マナーとしての側面もあるのは否めないだけに、“メイク下手”は即、不…

逆効果! 「マニュアル恋愛おばさん」の婚活がうまくいかない3つの理由

恋愛にかぎらず、物事にはマニュアルやセオリーがあるのも常ですが、恋愛に関して言えば“マニュアルどおり”な進めかたがアダとなることもあるから、いつの時代も私たちの頭を悩ませる永遠の関心テーマでもあるのかも…

30代までは必要なくても…40代になったら「老け見え対策」のリップが必要!

30代までは必要性を感じずとも、40代になってからは「絶対に手もとにあったほうがいい」と言えるコスメもたくさん。じわじわと押し寄せてくる年齢の波には勝てないけれど、ちょっとした“老化ポイント”くらいなら、コ…

30代までは不要でも……40代になったら「手元にあったほうがいい」アイコスメ3選

「目のまわりには、年齢が出やすい」とも言われるだけに、日ごろからフレッシュな仕上げを意識している40代には、アイメイクは若見えor老け見えの明暗を分ける重要なパーツのひとつ。30代までとは異なり、睡眠不足や…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事