オトナの女は「スられにくいバッグ」がバカンスの必需品!

バカンスシーズンが近づいてきましたね。夏休みに海外を予定されている方も多いことでしょう。

ところでみなさん。

スられたこと、ありますか? 海外で。スリに。

幸いなことに、今のところ私はスリ被害にあったことはないのですが(スーツケースが壊されてジュエリーを盗られたことはあります)、ひとり旅好きなこともあり、ひたすらに警戒しています。旅前には、危険を身に染み込ませるために、外務省の海外渡航情報サイトで現地の危険情報をチェックしつつ、YouTubeで現地の生々しいスリ動画を眺めたりもしています。他には、現地に住んでいる日本語ガイドさんのブログなどに有益な情報が多いので必ずチェックします。○○駅でひったくり多発!などの犯罪情報がリアルタイムで書かれていることも多いので、読み尽くしたうえブックマークもしておきます。ちょっと心配しすぎでしょうか?

4回って。何年住んでいるのか重要なところを聞き忘れましたが、例え20年住んでたとしても4回って多いですよね。ありえない多さ! 日本人は「現金」を持っているイメージがある上に、盗られたことに気付いても大声で騒がないと知っての所業、とのことで腹がたつやら恐ろしいやら。

でもせっかくの旅行、怖がりすぎるのもバカらしい。それならもう毎日、朝に夕に盗られるくらいに思っておくか。初めから。いっそその方がいざという時に受けるショックが少ないのでは。とポジティブなんだかネガティブなんだかわからない妙な思考になってきます。

 

こんな感じで用心深い上に考えすぎる私ですが、ここ3~4年、旅行先で使い続けている、あるバッグがあります。

「ヘルシーバックバッグ」という背中を痛めた経験のあるアメリカの女性が考案したショルダータイプのバッグ。ポケットが多く、モノを分散して入れることにより重みを感じにくかったり、テクスチャーも良かったりで好きな点はいろいろあるのですが、このバッグ、スリはそんなに好きじゃないのではと思いましてね。

ちなみに「ヘルシーバックバッグ」を使い始めてから赴いた私の海外渡航先は以下。

ネパール3回、インド2回、タイ1回、台湾3回、フランス1回。

台湾でのスリ被害ってほとんど聞いたことがありませんが、その他の国々はどこも注意が必要とされています。特にインドとフランス(パリ)! 結果的に、これらの国でスられなかった私ですが、もちろん、このバッグだったから安全だったわけじゃありません。どんなバッグも力ずくでひったくられたらそれまでだし、向こうはプロだし、数人がかりだったりもするので本気出されたらお手上げなんですが、スられにくい構造のバッグというのはある気がしていますよ。向こうがめんどくさいと思うやつ。

 

 

 

最大の安心ポイントは脇にがっちり開閉部分を挟みこめるところ。内側に深いポケットもいくつもあり、スマホは奥深くに滑り込ませておけます。素材や柄も豊富なので、男性女性問わず使えて、きれい目からアウトドア寄りの雰囲気にも対応可能なので、気になる方は是非一度チェックしてみて下さいね。

こんなにめんどくさい思いをしながら、緊張しながら、現地の暗黒面も見ながら、それでも行きたい、それでも楽しいのが旅なんですよね。その国の暗黒面も美しい面もひっくるめて知るというのが醍醐味だ。

みなさんよい夏休みをね!!

 

 

★お知らせ★

イラストレーターいいあい、ただいま個展開催中です。箱根の温泉香るお山の中で7月いっぱい。イラスト原画とグッズの販売をしています。毎週土曜はいいあいも会場におりますのでぜひ遊びにいらしてくださいね。

いいあい個展
「私の桃源郷」
7月1日〜7月31日
箱根 宮ノ下 〈ナラヤカフェ ギャラリー〉
http://naraya-cafe.com

 

【もっと読むなら】

40歳からのおしゃれ論

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40歳からのおしゃれ論「やたら布の袋をたくさん持っている私たち」【新連載】

こんにちは! 女性ファッション誌やコスメ誌などでイラストを描いているイラストレーターのいいあいです。これから隔週で、おしゃれにまつわるあれやこれやをイラストエッ…

40歳からのおしゃれ論 あんなにヒールを履いていた私がヒールを履かなくなった理由

ハイヒール。履かなくなりました。私の中では完全に過去のものになりました。でも10代後半から30代前半まで、かなりの頻度でハイヒールを履いていました。そんな私がヒール…

40歳からのおしゃれ論「気持ちよくなきゃ、私もう無理なんです」

どうですか、皆様。気持ちよくなきゃ、もう無理じゃないですか? 私は無理です。30代後半から特に。いくらかっこよくても素敵でも、気持ちよくないと、絶対に無理です。な…

40歳からのおしゃれ論「今まで気にならなかった真珠が急に気になる私たち」

これはですね、言っておきますけれども、本当の話です。 女は40の声を聞く頃に突如、本物の真珠が欲しくなるのです。 なぜでしょう? これも最初に言っておきますけれども…

40歳からのおしゃれ論「なに着ていいかわかんなくなる」の話

20代後半、36~37歳、40超えたところ。 タイミングは人それぞれだけれど、年齢の角を曲がるとき、女はこう漏らすことがある。 「なに着ていいかわかんなくなるときあるよね…

40歳からのおしゃれ論。布好きイラストレーターいいあいが手仕事の聖地インドへ赴いた

みなさまこんにちは。突然ですが、好きな人ができたら、なるべくその人の近くにいたいですよね。その人のことならなんでも知りたいし、なんなら触れてもみたい。そんな想い…

「東京に空がない」と思ったのは、ある場所に行ってからでした。

みなさんこんにちは!少しご無沙汰しておりました。いいあいです。私、この夏に箱根の宮ノ下にあるNaraya Cafeさん(足湯で有名な!)のギャラリーで、1ヶ月間イラストの個展をしていました。テーマは「箱根」で個展…

エア○ズムより涼しい?私が灼熱の夏に手放せない服はこれ

2018年盛夏。みなさまいかがお過ごしでしょう。私は、両親共に北海道人なこともあってか、子供の頃から夏が苦手な秋冬大好き人間です。そのため今年の暑さは、なかなか強烈に感じております。恐怖すら感じています。…

私の顔をぱーっと明るくしてくれた「神の美白3品」は…そこそこ美白してきた40代

私の肌は、日本人の中では色が白い方です。よってシミが目立つ!30代後半から加速度的に、しみそばかす的なものが頬骨の高いところに点々と出現。スキンケア的なことはあまり真面目にやらないけれど、私が唯一やって…

40歳からのおしゃれ論 旅先で2万歩ける私の靴はこれ2選

ヒールというのものを履かなくなってから、すっかりコンフォートな靴の愛用者である私。旅ともなればその傾向は一層強くなります。そろそろ夏の旅を計画している方も多いかもしれないので、今回はオススメの旅靴につ…

女41歳、盆栽始めました。聖地・大宮盆栽町と盆栽博物館へ

今年に入ってから足繁く、私はさいたま市大宮のちょっと先まで通っている。なぜなら、そこに盆栽町があるからだ!昔から盆栽に興味はあったけれど、毎日の水やりや剪定を考えると、旅好きで家を空けがちな私には無理…

女の指先に歴史あり。懐かしきかなアセトンとトルエンのかおり。

日常生活で目に入ってくる自分のからだパーツ、ダントツの一位、手。指先。他の部位は鏡をわざわざ覗かないと見えませんが、手だけは目に入る。故にそこが整っているとそれだけでなんとなく気分が良いものですね。み…

「ストール大好き人間」の私にぼんやり訪れた気づき2つ

すっかり春ですね。巻いてますか? 私は巻いてます。スプリングコートだけでは肌寒く感じる日に。強くなってきた紫外線対策に。ファッションに春らしい色を差し込みたい時に。ということで今回はストールの話をして…

40歳からのおしゃれ論「なに着ていいかわかんなくなる」の話

20代後半、36~37歳、40超えたところ。 タイミングは人それぞれだけれど、年齢の角を曲がるとき、女はこう漏らすことがある。 「なに着ていいかわかんなくなるときあるよね」。進みゆく時間の中、すべての瞬間で確固…

地味にブーム来たる。バックトゥーザブローチ!つけてる?ブローチ。

ブローチ。リングやピアス、ネックレスなどアクセサリーの種類はたくさんあるけれども、ブローチってとりわけ懐かしい響き。子ども時代のお出かけの時、ジャンパースカートやワンピースの胸元に母親につけてもらった…

パワスポ、異世界、美味しいもの。いいあい的「箱根のおすすめスポット&お土産」4つ

みなさまこんにちは。隙あらば旅。イラストレーターいいあいです。今日は、東京砂漠に疲れた私が箱根に通うようになってから、改めて、これは皆様におすすめしたいと思ったスポットとお土産をご紹介しますね。ひとつ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事