手持ちのコットン+化粧水でOK、夏肌にはこまめな「フェイスパック」が効く

夏、外遊びで日焼けをした肌は水分が奪われているため、肌はカラッカラ状態。この時期、普通にしていても肌の水分は失われているため、いつもと変わらないスキンケアでは、肌水分は足りません。また夏のスキンケア次第で秋の肌状態も変わってくるんです。

夏の肌疲れで「秋に肌トラブルで悩みたくない」という人はこの記事がヒントになると嬉しいです。

 

夏枯れ肌のリカバリー対策

夏の美白ケアの鉄則は…「フェイスパック」

梅雨時期~夏にかけて日焼けや紫外線量が多くなりますよね。普通に生活しているだけでも肌の水分が奪われていきます。水分不足になるとシワや毛穴の開きなどの肌トラブルの要因になるのはご存知の通り。また、肌のメラニン代謝が崩れるので、顔色もくすんで見えてきます。

そこで、夏の美白スキンケア対策におすすめなのが、化粧水たっぷりの「フェイスパック」です。100均のシート+手持ちの化粧水でもOKですし、大きめのコットンに水を含ませて絞ってから化粧水をたっぷり含ませて顔に乗せるコットンパックでもOK。とにかく水分をたっぷりしっかりと入れ込んでいきたいので、いつもより時間をかけて多めに使います。もちろん市販のパックでOK。私は暑くなると、ちょっと贅沢に1週間連続パックをして肌の潤いに気を使います。肌の水分量が増えればメラニン代謝も促進しますよ。

 

肌の立て直しは早めに!

日々、暑さと強烈な紫外線で弱って行く肌の立て直しは早めの行動を。夏の終わり9月頃からスキンケアを美白のラインに変えていた人は、7月からスタートする気持ちで早めに取り入れてみてください。そして、食べるものも気をつけます。とくにアウトドアを満喫した日はサプリメント(ビタミンC)などで内側からの美白ケアを忘れずに。

 

では次に、何度も聞くけどつい忘れてしまう知識「日焼け止めの基本について」、ビューティアドバイザーの経歴を活かして基本の知識をお届けします。(参考元:メナード化粧品株式会社 『SHIRAYURI』より)

日焼け止め3つの基本は次ページ→

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事