今が見極め時!【いつまでも結婚に繋がらない男】No.1結婚に興味のないタイプ

アラフォーともなると、すべての恋愛の延長線上に結婚というゴールが待っているわけではない、という事実をもう重々承知しているはず。

では、どんな男性なら結婚に繋がるのか?それは独身アラフォーにとって最大のテーマです。

既婚者女性たちの、結婚相手と結婚に至らなかった相手の比較体験談をもとに、タイプ別に診断リストを作りました。

婚活中の人は周りにいる男性を想像しながら、当てはまっていないかをチェックしてみてください!

そもそも結婚に興味がないタイプ

1.「俺もいつかは結婚したいと思っているけどね」男

間違えてはいけないのが「いつかは」という曖昧な言葉。若い頃ならまだしも、アラフォー男性が言うのは「誰かとびきり条件のいい相手が現れたら結婚してもいい」という意味で、「あなたと」近い将来結婚したいと思っているわけではありません。例えば石原さとみと出会ったら結婚したいけどね、くらいの意味合いで聞きましょう。そのままの言葉を鵜呑みにして、大人しく待ちの姿勢を取るとバカを見ます。

 

2.「仕事が忙しい」が免罪符のハイスペック男

仕事ができてお金持ちのアラフォー男性は頼り甲斐があり、若い女性からももちろんモテます。競争率の高い市場にアラフォー女性が参戦するとなると、運良くお付き合いに至っても最後の女になれる可能性は極めて低いことを自覚してください。このタイプはタイミングが命、例えば凹んでいる時や病気になった時を上手に利用して、彼の特別な存在になれるかどうかが勝負です。ただ、結婚後の浮気にも目をつぶれる器の大きさがない方にはオススメしません。

 

3.叶えたい夢があると語る、少年の心を忘れない男

独立や資格の取得など、40代にもなって未だに目を輝かせて夢を語る男性は、一見他の人よりも向上心があるように見えます。しかし、こういう男に限って、それを叶えるための行動が伴わないこともしばしば。結婚話が出たとしても「夢を叶えるまで」と自分を中心に考えて、のらりくらり言葉を濁しながら腰が重いタイプが多いです。「いざとなったら私が養うから!」くらいの押しの強さが陥落のカギ?!

 

4.彼女より男友達を優先させるゲイ疑惑男

毎週のルーティンが決まっているアラフォー男性。もちろん長い付き合いの趣味友達や、会社の同僚などと一緒にいる時間も、すでに彼の生活の一部です。そこに割って入ろうとしても、「無理」と簡単にあしらわれてしまうことも。そうならないためには、彼の趣味を一緒に楽しんだり、友人たちとの交流を深めて、周りから固めてしまえば結婚も後押ししてくれる可能性大。「昨日の敵は今日の友」作戦でいきましょう!


この「結婚に興味のないタイプ」は、親の病気や転職、転勤など自分の環境の変化、周りの意見や状況によって気持ちが変わる可能性が十分にあるので、まだ努力してみる価値はあるかもしれません。

 

次回は、「残念ながら本命があなた以外にいるタイプ」のお話をさせていただきます。バッサリと斬られる心の準備をしてお待ち下さい!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク