誰のファンだった?「たのきん」と「好みの男性」問題を考える

80年代の男性アイドル「たのきんトリオ」。40代、50代であれば知らない方はいないといっても過言はありません。男性アイドルの歴史において、爆発的な人気と新たな時代を切り開いたグループです。

私、OTONA SALONE編集長アサミは80年代……正確にいえば70年代後半からアイドル好きだったので(最初にファンになったのはキャンディーズ)、もちろん、たのきんトリオも応援していました。

 

たのきんの中で、誰派だった?

改めて書くまでもありませんが、たのきんトリオのメンバーはこの3人です。

トシちゃん:田原俊彦さん

マッチ:近藤真彦さん

ヨッちゃん:野村義男さん

読者のみなさまは、3人の中で誰派だったでしょうか? もちろん、誰派でもなかったというかたもいらっしゃると思いますが……(最後にアンケートを設けたので回答ください!)。

 

あれは小学2年生のとき

私は、トシちゃん派でした。

理由は……2歳上の姉がマッチ派だったため、残る2人から選んだ結果です(苦笑)。

 

それは、私が小学2年生のとき。ある平日の夕方でした。

姉「私マッチのファンになったんだけど、たのきんの中で誰がいい?」

家の前でバドミントンをしながら、いきなり姉はそんなことを聞いてきました。

 

年近い姉妹ならではの「空気読み」

子供ながらに空気を読めるほうだった私は、直感的に「姉とカブってはいけない」と察しました。

あまりケンカもしない仲の良い姉妹でしたし、まったく怖くなかったですし、妹である私の面倒を非常によくみてくれた姉でした。

けれど、姉の好みとカブることはなんとなくNGだと感じていて、2歳差という年の近さゆえか、4~5歳の頃からなんとなく「優先順位は姉にあり」だったのです。

 

 

カブりを避けてトシちゃん派

初めて告白します。本当はちょっとだけ「私もマッチかなぁ」と思っていました。けれど、空気が読める次女・アサミは咄嗟にこう答えたのです。

アサミ「その中だったらトシちゃんかな」

マッチという選択肢はすでにない。

残るトシちゃんとヨッちゃんという2人のうち、私はトシちゃんを選びました。そこから私のトシちゃん派人生はスタートしたのです。

 

当時のトシちゃんは「王子様系」

当時、たのきんトリオの中で3人の立ち位置はこんな感じでした。

トシちゃん:王子様系

マッチ:やんちゃ系

ヨッちゃん:ちょっと三枚目系

トシちゃん派を選んだということはつまり、王子様系が好きということ。……なのですが、実はそれまで男性アイドルのファンにはなったことがなかった私。どういう男性が好き、というのがありませんでした。

 

そのため「王子様系」と「三枚目系」のどっち? という二択の中で、半ば強制的に「好みは王子様系」に決まったのです。

 

しかし、言霊なのか自己暗示なのか……。

スポンサーリンク

40代で結婚できた女性がやっていた「男の選び方」4つのルール

アラフォー&アラフィフで結婚できる女性には、ある共通項がありました。美魔女じゃないとダメ? それとも良妻賢母タイプ?いいえ! ある一つのことが実行できる人ばっか…

40代女性の何割が独女? そして5年後結婚できる確率は……!?  

女性の平均初婚年齢が年々上昇し、現在では29.4歳となっています。平均が約30歳なのですから、およそ5割のアラサー女性は独身ということ。つまり、アラサー独女はごく一般…

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

斉藤由貴を見習え!三度の不倫でもノーダメージな魔性のオンナの心得とは

何度かお話ししているとおり、私は「間違いだらけの婚活にサヨナラ!」(主婦と生活社)を上梓した関係で、婚活中の女性とメールのやりとりをしています。先日はアラフォー…

オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題

女優の浅野ゆう子、作家の阿川佐和子など、還暦間近の有名人が相次いで結婚を発表しています。浅野は書面で「お互いこの年齢でとも思いましたが、この年齢だからこそ、互い…

華原朋美、今もバーキンにこだわるオンナのヤバさとは

今年の三月頃、華原朋美のインスタグラムを見ていた時に思いました。こりゃ、パパ、もしくは訳ありな彼氏がいるなと。ファーストクラスでの旅行、エルメスのバーキン、サプ…

いいねの嵐⁉ シンガポールの楽しい「写真映えスポット」4選

旅といえば、撮影したくなるもの。自分の記念にもSNSでのシェアにも、遊びゴコロのある面白い写真を撮りたくなりませんか?OTONA SALONE的シンガポールの面白い映えスポットをご紹介します!【シンガポールの4大映え…

なんて癒し! かわいすぎる「子猫カレンダー」で感じた5つの幸せ

なんて愛くるしいのでしょう! ふわふわな毛並み、まぁるい目、クリームパンみたいな手。見ているだけで自然と笑顔になってしまう子猫の写真。あぁかわいい、癒される、幸せ。OTONA SALONE編集長アサミ、実はここ数…

#162  47歳で恋人に「フラれた独女」の本音とは?【40代編集長の婚活記】

40代にして婚活を始めて約3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介……何度かくじけそうになりながらも婚活を続けている、OTONA SALONE編集長アサミ。一度はジェントルさんという恋人ができ真剣交際がスタートした…

美味しい&オシャレ! 大人のシンガポール「絶品グルメ」おすすめ4選

シンガポールはグルメ天国。せっかく行くなら、美味しくてオシャレなお店で優雅に食事を楽しみたいものです。写真もキレイに撮りたいですよね。プラナカン料理や、洗練されたモダンキュイジーヌ、定番チリクラブ……素…

#161 「恋愛維持力」がない 40代独女、3カ月でフラれる【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、まさに山あり谷あり……。。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介にも2年以上玉砕し続けていたOTONA SALONE編集長アサミ。しかし、ちょっとしたきっかけで知り合ったジェントルさん(49歳・バツイチ・…

当たる!スゴイと噂! シンガポール「最強パワースポット」3選

風水をもとに設計されている場所が多いというシンガポール。実は強力なパワースポットがたくさんあるのです。なかでもパワーがスゴイと評判の3大パワースポットをご紹介します。恋愛運、金運、仕事運……いろいろ開運…

#160 婚活独女、9年ぶりにできた彼との「恋の顛末」【40代編集長の婚活記】

40代で婚活を始めたOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティに参加したり、婚活アプリに登録したりするものの、好きな人も恋人もできないまま2年以上が経過。しかし、2年が過ぎたころに出会ったジェントルさん(49歳…

シンガポールで泊まりたい!おすすめ「ラグジュアリーホテル」3選

旅行するとき、意見が分かれるのがホテル選び。リーズナブル志向、アクセス重視などもありますが、私は「ラグジュアリーなホテル」という選択をおすすめします。毎日を忙しく働く大人女性にとって、旅は最高の癒し。…

#159 40代独女、婚活デートを「キャンセル」されて【40代編集長の婚活記】

40代編集長の婚活記が連載スタートしてから約3年。高校に入学した生徒が卒業した分の年月が経った。いまだに見えない婚活のゴール……。婚活2年半で、久しぶりに恋人(ジェントルさん・49歳・バツイチ・別居中の子供あ…

おひとりさまOK! シンガポールで絶対食べたい「3大地元グルメ」

シンガポールに行ったら何を食べましょうか。オトナ女性の一人旅がふえている昨今、女性一人でも入りやすい「おひとりさまグルメ編」をお届けします。人気店だけれど予約せずにサクッと入れる、シンガポールの3大名…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事