『義母と娘のブルース』の綾瀬はるかに見た、バツイチ子持ち男性との可能性

仕事、結婚出産。私たちはこの3語にどれだけ振り回されきたか。実際、そのひとりではあるのですがすべて夏のせいにして避けているスナイパー小林です。

 

その結婚の形にバツイチ男性との再婚があります。もしかしたら結婚だけではなく、子連れということもあるかもしれません。いきなり知らない子どもの母になることをあなたは想像したことがあるでしょうか。そんなシチュエーションを再現するような夏ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系・毎週火曜22時)が始まりました。

 

私は主演の綾瀬はるかじゃない。まあまあそう言いたい気持ちもわかります。でも主役を自分に憑依させろ、とまで大きな課題は申しませんので「あ、私、再婚もいいかもしれない」という、生き方の選択肢が増えるドラマだと思って見てほしいのです。その内容について追ってまいります。

 

『義母と娘のブルース』公式サイトより

 

実直にそして失敗を恐れない、新・専業主婦論

 

岩木亜希子(綾瀬)は光友金属株式会社の若き部長として働くスーパーキャリアウーマン。ところが小学生の娘・みゆき(横溝菜帆)を持つ宮本良一(竹野内豊)と結婚し、家庭の主婦であることに目覚めて退社。突然“義母”となった亜希子が進む、母親道とは……?

 

キャリアウーマンとは言っても、ビジネススーツに白シャツ、メガネにまとめ髪と真面目一辺倒で昇進を重ねてきた亜希子。でもそんな肩書きも小学生には通用しない。死んだママ(奥山佳恵)のこと忘れられるはずがないと、小学校3年生の構える牙城はとてつもなく硬く、そして高い。

 

愛した人には娘がいた、できればまとめて愛したい。そんな亜希子はビジネス理論を家庭に持ち込みはじめる。そこから亜希子劇場のスタート、そして彼女の愛情をつぶさに感じることができるこの作品の醍醐味だ。

 

「どうやら私は(みゆきちゃんに)嫌われてしまったようです。初手の5分で心を掴めなければ、そのプレゼンは失敗です。一度 引き上げ、アプローチを立て直します」

 

そして粗相があればすぐに土下座をして謝罪。小手先じみたことはせずに対等にみゆきと向き合おうと懸命に努力する亜希子を見ていると「ああ、親になることもいいかもしれない」という気分に。

 

母親になることがリスク、そんな胸糞悪い風潮がある現代。さらに血が繋がっていない親子像なんて考えてもいなかったけれど、血縁がないからこその可愛さもあるのではないかと気持ちが母親へとシフトアップ。私の母性が目覚めた。

 

出てくるだけで笑いを起こすような綾瀬はるかの演技もいい。ほんの少し前まで専業主婦を装いながら、むちゃくちゃ強かったスパイとは思えない変身ぶりだ。これが女優というものなのね。

 

と、視聴しているうちに自分のビジネススキルを振り返る。そんなに大したものでもないし、そもそも一生及第点であることが働く原動力になると思いながら、この原稿を書いている。それから明日辞めることになったとしても悔いはないように、日々全力を尽くすようにしている。念のため言っておくがいい子ちゃんぶっているわけではない。

 

亜希子もそんな気持ちになったのだろうか。キャリアを捨てることをものともせず、ストン、と専業主婦の道を選ぶ。

 

「別の世界で生きた経験は大変な武器になるということです。したがって、私は専業主婦の世界を知ることを新たな武器を得ることだと捉えております」

 

こういうことだよな、と腑に落ちた。もし今、先述の結婚、仕事、出産と迷っている人がいるのなら見て欲しい。新しい綾瀬はるかの道(演技)に必ずヒントがあると思うから。

 

「うちの娘はべらぼうに可愛いのです」このセリフ、言ってみたい

 

少しずつではあるけれど、亜希子とみゆきの距離が縮まっていくシーンもいい。この間まで根絶拒否をしていたのに「亜希子さん、亜希子さん」「ねえ(お菓子の箱を)開けていい?」「一緒におうち会の企画を考えるの!」と実の親子が自宅内で半径5メートル内を離れない様子と同じように心を開くようになる。

 

亜希子も

私の娘はべらぼうに可愛いのです。その笑顔には、少なく見積もっても1000万の価値があります。私が年に100回、彼女を笑わせれば10億になります。(社内に在籍して)それを棒に振れとおっしゃるなら、(年俸は)10億でお願いします」

と、いい意味で臆面もなく娘の愛を宣言。

 

ふと最近、ばったりと再会した先輩が不妊治療をあきらめて養子をもらったと話していたことを思い出した。まったく子どもにも興味のなさそうだった先輩が幸せそうに母親の顔、見たこともない優しげな表情を携えていた。亜希子もそのうち無表情の仮面を外して、笑顔を見せることがあるのかもしれない。

 

自分の子宮で育てた期間だけが母性を育むわけではないと教えてくれる『義母と娘のブルース』。気を抜いて見ていたらうっかり感激の嵐で大変なことになってしまった。さすが火10放送枠、女性の気持ちを捕まえるのがお見事。恐れ入ります。

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題

女優の浅野ゆう子、作家の阿川佐和子など、還暦間近の有名人が相次いで結婚を発表しています。浅野は書面で「お互いこの年齢でとも思いましたが、この年齢だからこそ、互い…

華原朋美、今もバーキンにこだわるオンナのヤバさとは

今年の三月頃、華原朋美のインスタグラムを見ていた時に思いました。こりゃ、パパ、もしくは訳ありな彼氏がいるなと。ファーストクラスでの旅行、エルメスのバーキン、サプ…

阿川佐和子、結婚でテレビ出まくる姿に学ぶ「幸せ披露」で敵を作らないお作法

社会人になったら、「ヒトの幸せは面白くない」と教えるべきではないでしょうか。なんとひねくれている発言かと眉をひそめる読者の方もいらっしゃるでしょうし、ひねくれて…

斉藤由貴を見習え!三度の不倫でもノーダメージな魔性のオンナの心得とは

何度かお話ししているとおり、私は「間違いだらけの婚活にサヨナラ!」(主婦と生活社)を上梓した関係で、婚活中の女性とメールのやりとりをしています。先日はアラフォー…

宮沢りえ、再婚報道で思い出される「人生を変えた運命のフタリ」

“考える婚活””オトコの行動を読む婚活”を提唱している私ですが、婚活の最終的な決め手は縁だと思っています。本人同士がいくら頑張っても、縁がなければダメなのです。縁イ…

佐藤琢磨の行方は?『5時に夢中!』内藤が仕組んだ衝撃の略奪婚

今日は“勝つ不倫”について考えてみたいと思います。“勝つ不倫”とはズバリ略奪のことです。“勝つ不倫”ができるオンナとは……“勝つ不倫”を成し遂げるために、必要なものが2つ…

『健康で文化的な最低限度の生活』この現実に吉岡里穂はどう立ち向かうのか

2018年夏ドラマ一挙開幕。テレビヲタとしては花火大会よりも心でいろいろ打ち上がるほど盛り上がっています。平成最後の夏ですもの、ドラマティックにぶちまかしたい。さて今回は『健康で文化的な最低限度の生活』(…

2018年夏の深夜ドラマは女の欲望とダメ男が渦巻く?独女にオススメ4作品!

2018夏ドラマが開幕。ゴールデンタイムの見どころは先週まとめましたが、今週は深夜ドラマをクローズアップ。深夜ドラマの帝王といえば私の中でテレビ東京さんが帝王に君臨中です。今クールは吉沢亮さん主演『GIVER …

2018年夏ドラマの見どころを先取りまとめ!この夏は女優陣がアツいかも

夏ドラマがそろそろ始まる……ということで、ゴールデンタイムに放送するドラマを総ざらい。ライターのスナイパー小林がドラマヲタの愛を持って期待度を★3段階で評価していきます。ざっとタイトルをチェックすると”女…

スナイパー小林が選ぶ、2018年春ドラマベスト3!第一位は果たして…?

2018年も半分が過ぎました。ああ寒い、花粉症? あら、五月病??なんてうっかりしていたらすでに春ドラマも終了へ。今クール、ネットでよく話題になったドラマといえば『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)は外せま…

36歳になった安達祐実が、昔よりもダントツ可愛くてビビる

ここ数年で「可愛いなあ」と気になる女性のひとりに安達祐実さんがいます。彼女の存在が言わずもがな、ですが子役時代から大活躍。カレーのCM「具が大きい!」に始まり「同情するなら金をくれ!」など数々の名言を世…

春ドラマ「あないえ」「花晴れ」「朝ドラ」から見る3人のヤバイ女

最近、ぼんやり考えていることがあります。結局のところ、一般的に女性から嫌われるような女性こそが幸せを掴むのではないかと。好きな男性を落とすためならなりふり構わず、猪突猛進。端から見ているとみっともない…

金22「あなたには帰る家がある」が不倫・離婚・ダメ人間だらけすぎて見どころ満載!

青春胸キュンもの、復讐劇、おっさんの恋愛となかなか楽しい春ドラマも終盤へ。中でも『OTONA SALONE』編集長がお気に入りということで今回書くのは『あなたには帰る家がある』(TBS系・毎週金曜22時放送)について…

ジャニーズの新王子たち、King&Princeが私たちをシンデレラにしてくれる

「♪キミはシンデレラガール my precious one」ここ最近、テレビやラジオからよく流れてくる『King&Prince』のデビュー曲『シンデレラガール』。ジャニーズの新生6人グループで、都内中にもアドトラックが疾走中、…

40代独女が鬼モテする地方一人飲みの法則まとめ【保存版】

たまたま取材で長期間を地方で過ごすことになった私。東京で過ごす普段通りに一人で飲みに出かけたら、アラフォーらしからぬとんでもないモテ方をして天国を見た……というお話。ここまで第一回、第二回、第三回、第四…

中年男子が可愛い!「おっさんずラブ」が世に残した功績が大きすぎる

ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系・毎週土曜11時15分〜)が熱い。深夜放送なのに毎週放送後にネットが騒つくほど人気を見せています。ただドラマが男同士の恋愛を取り上げたというだけで盛り上がっているわけ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事