「なんだかSNSに疲れた…」元政治家の私がネット疲れを乗り切ったシンプルな方法は

40代にもなると、なにかと疲れやすさを痛感している並木まきです。

今月のOTONA SALONE執筆陣のリレー連載テーマは「オトナの疲れ取り」。

というわけで、日々の疲れを溜め込まないのをなによりもモットーにもしている私からはまず、SNS疲れの疲れ取りについてお話をしていきます。

 

■「なんだかSNSに疲れた…」を感じたアラフォー世代

 

数年前に大ブームだったTwitterにFacebookに加え、最近は「インスタ映え」でおなじみのInstagramなど、今の私たちの生活にはSNSがとっても身近。

なかなか会えない友人の近況を知ったりお気に入りのレストランの新メニューを知ったりするのにはとても便利だけれど、自分が発信する側になると、どうにも疲れを感じがちなのも確かです。

私の場合には、TwitterやFacebookの全盛期には市議会議員をしていたために「やめたくてもやめられない」なんてジレンマと格闘しながら、日々の活動を報告するツールとして活用してきました。

でも36歳で政治家を引退したあと、これまで続けてきたSNSアカウントをどうしようかと悩んだのも事実。

一度アカウントを作ってしまうと、そこで繋がっている友人や知人もいるし、思い切って削除をすれば仕事の関係者との縁が切れそうで嫌だし……なんて考えて、削除には至りませんでした。

SNSに疲れを感じたとしても、私のように思い切ったアカウント削除までは至りにくいのも、また傾向なのではないでしょうか。

 

■ぶっちゃけ、特にFacebookに疲れを感じていた私…

数あるSNSアカウントの中でも、私が特に疲れを感じていたSNSが「Facebook」です。

だって、繋がっている人全員の誕生日を教えてくれる機能があるから、そこまで親しくない相手にも「おめでとうございます!」を書かなくてはならないという義務感にもかられがちだし、メッセンジャーで仕事の話が舞い込んできたりするからメッセージ機能をオンにしておく必要があるのに、そのせいで連絡先を教えたくないFacebook上の繋がりがある異性から好ましくないメッセージが届いたりするし、だれかの投稿に「いいね」をした友人の個人名までわかるから「あ、私も“いいね”しないと」なんて思いがちだし……。

そんなこんなで「Facebookって、面倒くさい……」なんて感じた回数は、数しれずです。

とは言っても、アカウント削除する勇気まではなく、なんとなく惰性で使い続けていました。

 

■で、そのSNS疲れをどう取ったかと言うと…

 

SNSのアプリは、スマホやタブレットに入れておくと、つい開いちゃう魔物が潜んでいると個人的には思っています。

そこで私がまずやってみたことは、仕事で使うスマホ以外のタブレットやスマホから、すべてのSNSのアプリを削除すること。

こうすることで、オフ気分のシーンでは惰性でSNSを開くことがなくなり、寝室や入浴中にSNSに追われることがなくなり、かなり快適に。今人気のInstagramのアプリですら、家で使うタブレットには入れていません。

ちなみに私は、自宅内にいるときには仕事用のスマホはリビングに放置派なので、電話がならない限りはスマホに触れる機会がありません。なので、こうすることで家ではSNSに触れない時間のほうが多くなりました。

さらには「そろそろ、なにか投稿しなくちゃ」と感じていた価値観を意識的に変え「投稿を義務に感じた時点で、閲覧専用にしちゃえばいいんだわ」と自分なりの意識改革を実践してみました。

これがなんとも快適で、最初のうちは「みんな色々投稿しているし、私も何か投稿しなくちゃ…」なんて気持ちにもなりましたが、私の場合は周囲にもマメに投稿する人が固定化してきた今となっては「最初からこれでよかったんだわ」とまで思えるほど。

もしかすると、ちょっとした意識改革次第で、SNS疲れはいかようにもコントロールしやすい疲れでもあるのかもしれません。

 

結局のところSNSは本来、私たちの生活を豊かにしてくれるためにあるべきものなわけですから、どこかで“義務”や“疲れ”を感じたら、自発的に離れる環境を整えるのが実は正解なのかも…と思います。

今となってはあんなに苦手意識があったFacebookもたまに閲覧や投稿をしながら楽しく付き合えていますし、人間関係や異性関係と同じで「違和感を覚えたら、距離を置く」ほど特効薬ってない……とまで感じている次第です。

SNSから離れるのには“アカウント削除”というアラ技もありますが、異性関係でも「今すぐ、別れるほどじゃないけどなんか違う」なときには、ちょっと距離を置くのがベストだったりします。私は、SNSでもこれと同じことが言えるんじゃないかと思うのです。

まさに今、SNSに疲れを感じている方々の参考になれば幸いです。

 

■40代の疲労に向き合います!「特集オトナの疲れ取り

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

「肩甲骨はがし」10秒~1分でOK!お仕事中の3大不調を今すぐ解消

その不調、いま座ったままで解消しましょう! 「肩甲骨はがし」を応用した[オフィスはがし]で、座りながらでOKの解消方法をご紹介します。どれも10秒~1分と短時間ででき…

はしか(麻しん)が流行中らしいけれど、40代はどうすればいいの?

4月中旬に入って、「はしか(麻しん)」という言葉をよく耳にします。現在局地的に流行していることは報道の通り。平成19・20年に10~20代を中心に流行しましたが、同様に…

痛すぎる「ワキもみ」で40代の身体こりが劇的にとれた!一人でもできるワキもみの方法とは

いま私は放心しています。ベローチェではアイスルイボスティー(カフェインレス)をオーダーしました。身体が「これ以外の悪いものを口にしたくない」と訴えているのです。…

【まとめ】片頭痛から便秘まで!悩みに合った「肩甲骨はがし」9パターン

座ったまま「肩甲骨はがし」を応用した[オフィスはがし]で、座りながらでもできる悩み解消方法をご紹介します。10の悩み別「肩甲骨はがし」をご紹介します。きっとあなたの…

卵巣嚢腫を持っています。40代から閉経後にかけて、どうなりますか?【医師に聞く#5】

厚生労働省によると子宮筋腫・子宮内膜症の疑いや罹患の経験を持つ女性は約4人に1人。とても身近な病気なので、思い当たる人も多いのではないでしょうか? 40代を過ぎ、…

子宮筋腫があります。40代から閉経にかけて、何に気をつければ?【医師に聞く#3】

厚生労働省によると子宮筋腫・子宮内膜症の疑いや罹患の経験を持つ女性は約4人に1人。とても身近な病気なので、思い当たる人も多いのではないでしょうか? 40代を過ぎ、…

不眠歴30年の私がたどりついた「寝ることに固執しない」4つの睡眠法

こんにちは、普段はゆっるゆるなダイエット連載を継続している藤井環です。実は私は30年間ずーっと不眠で悩み続け、15年間以上も専門医の治療を受けてきました。不眠のプロ…

子宮内膜症が持病です。閉経後はどうなりますか?【医師に聞く♯4】

厚生労働省によると子宮筋腫・子宮内膜症の疑いや罹患の経験を持つ女性は約4人に1人。とても身近な病気なので、思い当たる人も多いのではないでしょうか? 40代を過ぎ、…

塗るだけでうっかりオバサン?40代は「避けたほうが賢明」な2018秋トレンドコスメ3選

2018年秋を迎え、今季のコスメも、そろそろ出揃ってきた頃合い。百貨店やドラッグストアに出向き、秋仕様のコスメにアップデートを計画中な40代女性も多いタイミングになりました。今年は、くすみカラーの当たり年に…

男はドン引き…「薄っぺらいオバサン」に認定される40代女性の痛いLINE3例

ちょっとしたやりとりによって「この人、薄っぺらい人だなぁ」と思われるのは、40代女性にとっては避けたい事態。しかしまだ相手の“人となり”がよくわからないうちには、なにげないやりとりから、相手の性分をつかも…

40代が「5歳若見え」するカギはシャンプーだった!時短美容家が試したヘアケアは

40代になってから、これまでとは手触りや見た目が変わった髪に違和感と年齢を感じつつも「どうにかならないものか……」と、対処法を模索している女性は少なくないはず。かくいう私も、くせ毛による広がりやパサつき、…

[PR]

今すぐ捨てて…! 40代女性をオバ見えさせる「2018秋のNGコスメリスト」

夏から秋にシフトしつつある今の時期は、“コスメの衣替え”にも、ぼちぼち手をつけたい頃合い。季節の変わり目には、直前の流行メイクをしているだけで古臭い顔にも見えやすいことから「ダサいオバサン!」なんて不名…

カフェデート中の40代、気づけば「この人オバサン…?」と思われがちな行動3例

まだお付き合いに至るのか、至らないで終わってしまうのかを探り合っている段階でのデートでは、相手の“人となり”を、些細な情報からジャッジしようとする男性も少なくありません。遠出に至る前の定番デートと言えば…

メシマズより厄介…? 男がゲンナリする「40代女性の手料理」にまつわるダメ事例3選

親密な関係になった男性に、手料理を振る舞うのは「男の胃袋を掴む」的な側面の恋愛テクニックとしても王道です。味覚が合うカップルは、まさに“胃袋を掴まれた”かのように、長続きしやすいとも言われます。そんな効…

男性から「寂しいオバサンだな」と思われる…?ペットと暮らす40代女性のNG行動

近年は、ひとり暮らしで、犬や猫などのペットと暮らしている40代女性も決して少なくありません。犬や猫は、話し相手や遊び相手になってくれる存在でもあり、家族の一員として生活を豊かにしてくれるのは確か。しかし…

貸切露天風呂でアレを…男が「育ちの悪いオバサン」と感じる40代女性のお風呂マナー

深い仲になった恋人と、日頃から仲良くしている女性ほど、一緒にお風呂に入るシチュエーションにも恵まれがち。温泉旅行でも、部屋の露天風呂や貸切風呂で、しっとりと過ごすデートを好む大人カップルも珍しくないこ…

ドライブ中はココに注意!男が萎えた「40代女性のオバサン振る舞い」3選

行楽シーズンには、いつもよりドライブデートをする機会も増えがち。普段より少し遠征して、美味しいものを食べに行ったり紅葉を見に行ったりと、秋はプチ遠出デートが楽しい季節でもあります。ところが、そんなドラ…

やりがち? 秋旅デートで「お育ちが悪いオバサン」認定された40代女性の振る舞い

秋と聞けば「食欲の秋」が思い浮かぶほど、花より団子が本音な40代女性も少なくはないことでしょう。かくいう私もそんなひとりで毎年、秋が訪れるたびに“美味しいもの”を求めて、全国からお取り寄せを楽しんでいます…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事