「なんだかSNSに疲れた…」元政治家の私がネット疲れを乗り切ったシンプルな方法は

40代にもなると、なにかと疲れやすさを痛感している並木まきです。

今月のOTONA SALONE執筆陣のリレー連載テーマは「オトナの疲れ取り」。

というわけで、日々の疲れを溜め込まないのをなによりもモットーにもしている私からはまず、SNS疲れの疲れ取りについてお話をしていきます。

 

■「なんだかSNSに疲れた…」を感じたアラフォー世代

 

数年前に大ブームだったTwitterにFacebookに加え、最近は「インスタ映え」でおなじみのInstagramなど、今の私たちの生活にはSNSがとっても身近。

なかなか会えない友人の近況を知ったりお気に入りのレストランの新メニューを知ったりするのにはとても便利だけれど、自分が発信する側になると、どうにも疲れを感じがちなのも確かです。

私の場合には、TwitterやFacebookの全盛期には市議会議員をしていたために「やめたくてもやめられない」なんてジレンマと格闘しながら、日々の活動を報告するツールとして活用してきました。

でも36歳で政治家を引退したあと、これまで続けてきたSNSアカウントをどうしようかと悩んだのも事実。

一度アカウントを作ってしまうと、そこで繋がっている友人や知人もいるし、思い切って削除をすれば仕事の関係者との縁が切れそうで嫌だし……なんて考えて、削除には至りませんでした。

SNSに疲れを感じたとしても、私のように思い切ったアカウント削除までは至りにくいのも、また傾向なのではないでしょうか。

 

■ぶっちゃけ、特にFacebookに疲れを感じていた私…

数あるSNSアカウントの中でも、私が特に疲れを感じていたSNSが「Facebook」です。

だって、繋がっている人全員の誕生日を教えてくれる機能があるから、そこまで親しくない相手にも「おめでとうございます!」を書かなくてはならないという義務感にもかられがちだし、メッセンジャーで仕事の話が舞い込んできたりするからメッセージ機能をオンにしておく必要があるのに、そのせいで連絡先を教えたくないFacebook上の繋がりがある異性から好ましくないメッセージが届いたりするし、だれかの投稿に「いいね」をした友人の個人名までわかるから「あ、私も“いいね”しないと」なんて思いがちだし……。

そんなこんなで「Facebookって、面倒くさい……」なんて感じた回数は、数しれずです。

とは言っても、アカウント削除する勇気まではなく、なんとなく惰性で使い続けていました。

 

■で、そのSNS疲れをどう取ったかと言うと…

 

SNSのアプリは、スマホやタブレットに入れておくと、つい開いちゃう魔物が潜んでいると個人的には思っています。

そこで私がまずやってみたことは、仕事で使うスマホ以外のタブレットやスマホから、すべてのSNSのアプリを削除すること。

こうすることで、オフ気分のシーンでは惰性でSNSを開くことがなくなり、寝室や入浴中にSNSに追われることがなくなり、かなり快適に。今人気のInstagramのアプリですら、家で使うタブレットには入れていません。

ちなみに私は、自宅内にいるときには仕事用のスマホはリビングに放置派なので、電話がならない限りはスマホに触れる機会がありません。なので、こうすることで家ではSNSに触れない時間のほうが多くなりました。

さらには「そろそろ、なにか投稿しなくちゃ」と感じていた価値観を意識的に変え「投稿を義務に感じた時点で、閲覧専用にしちゃえばいいんだわ」と自分なりの意識改革を実践してみました。

これがなんとも快適で、最初のうちは「みんな色々投稿しているし、私も何か投稿しなくちゃ…」なんて気持ちにもなりましたが、私の場合は周囲にもマメに投稿する人が固定化してきた今となっては「最初からこれでよかったんだわ」とまで思えるほど。

もしかすると、ちょっとした意識改革次第で、SNS疲れはいかようにもコントロールしやすい疲れでもあるのかもしれません。

 

結局のところSNSは本来、私たちの生活を豊かにしてくれるためにあるべきものなわけですから、どこかで“義務”や“疲れ”を感じたら、自発的に離れる環境を整えるのが実は正解なのかも…と思います。

今となってはあんなに苦手意識があったFacebookもたまに閲覧や投稿をしながら楽しく付き合えていますし、人間関係や異性関係と同じで「違和感を覚えたら、距離を置く」ほど特効薬ってない……とまで感じている次第です。

SNSから離れるのには“アカウント削除”というアラ技もありますが、異性関係でも「今すぐ、別れるほどじゃないけどなんか違う」なときには、ちょっと距離を置くのがベストだったりします。私は、SNSでもこれと同じことが言えるんじゃないかと思うのです。

まさに今、SNSに疲れを感じている方々の参考になれば幸いです。

 

■40代の疲労に向き合います!「特集オトナの疲れ取り

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

「肩甲骨はがし」10秒~1分でOK!お仕事中の3大不調を今すぐ解消

その不調、いま座ったままで解消しましょう! 「肩甲骨はがし」を応用した[オフィスはがし]で、座りながらでOKの解消方法をご紹介します。どれも10秒~1分と短時間ででき…

【チェックリスト】あなたの脳疲労度は?40代・50代更年期「脳のアンチエイジング」とは

40代に入り、「最近いろいろ忘れっぽくて。認知症かも?」と冗談めかして言うことが増えました。こうした忘れっぽさは大抵の場合「通常の老化の範囲」なのですが、実は認知…

はしか(麻しん)が流行中らしいけれど、40代はどうすればいいの?

4月中旬に入って、「はしか(麻しん)」という言葉をよく耳にします。現在局地的に流行していることは報道の通り。平成19・20年に10~20代を中心に流行しましたが、同様に…

痛すぎる「ワキもみ」で40代の身体こりが劇的にとれた!一人でもできるワキもみの方法とは

いま私は放心しています。ベローチェではアイスルイボスティー(カフェインレス)をオーダーしました。身体が「これ以外の悪いものを口にしたくない」と訴えているのです。…

卵巣嚢腫を持っています。40代から閉経後にかけて、どうなりますか?【医師に聞く#5】

厚生労働省によると子宮筋腫・子宮内膜症の疑いや罹患の経験を持つ女性は約4人に1人。とても身近な病気なので、思い当たる人も多いのではないでしょうか? 40代を過ぎ、…

子宮筋腫があります。40代から閉経にかけて、何に気をつければ?【医師に聞く#3】

厚生労働省によると子宮筋腫・子宮内膜症の疑いや罹患の経験を持つ女性は約4人に1人。とても身近な病気なので、思い当たる人も多いのではないでしょうか? 40代を過ぎ、…

【まとめ】片頭痛から便秘まで!悩みに合った「肩甲骨はがし」9パターン

座ったまま「肩甲骨はがし」を応用した[オフィスはがし]で、座りながらでもできる悩み解消方法をご紹介します。10の悩み別「肩甲骨はがし」をご紹介します。きっとあなたの…

背中で手は組めますか…?届かないなら10秒ストレッチ「肩甲骨はがし」にトライ!

自分の体重をうまく使い、身体をゆっくりと気持ちよく伸ばしていく新しいストレッチが「肩甲骨はがし」。はがすという語感からはバリバリと痛いストレッチを思い浮かべます…

もしや腹黒…? 男が一瞬で警戒した「40代独女の不用意なひと言」3パターン

男女の出会いでは、不用意に発した言葉ひとつで「この人の本性は、きっとこんな感じなんだろう……」を邪推されるリスクもあります。本人にはそこまでの悪意がなくとも、それを聞いた男性が「もしかして、この女性は“…

オフィスで印象最悪…「いかにもオバサン」な40代女性のお仕事姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

男から「育ちが悪そうに見える40代女性」のメイク直しにまつわる振る舞い3選

実際の育ちがどうであれ「育ちが悪そうに見える女」を嫌う男が多いのも、実情です。デート中のちょっとした振る舞いによって「ひょっとすると、育ちが悪いタイプだな」などとジャッジをうけてしまえば、関係の行方に…

その顔、どうしちゃったの…!? 男が引いた「40代女性の気合メイク」3パターン

「その顔、どうしちゃったの!?」なんて思われるのは、相手が誰であれ、避けたいのが私たちのホンネ。しかし気合いを入れたメイクや、「今日だけは失敗したくない!」と思う日に限って、ふだんより“力んだメイク”にな…

踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策

周囲からの好感度が高く、“デキる”イメージの女性ほど、“足もと”にも気を配っていると言われます。実際、ワーコルが2月10日の「パンプスの日」にちなんで実施した『働く女性の靴(パンプス)に関する意識調査』によ…

シビア! 「失礼ながら老け顔…」と男が思う40代の美容悪グセ3例

深い仲になれば、男性からは、パートナーである女性の“内幕”も垣間見えるのが常。そして40代女性と交際、あるいは結婚関係にある男性たちの中には「俺のパートナーは、やることやらないから老け顔なんだなぁ……」と、…

余計なお世話かもしれないけど…! 僕らが知る「結婚できない40女」のダメ生活スタイル3選

婚活を公言していて、それなりに出会いや恋愛にご縁があっても“結婚”には至らないのも、40代婚活では決して珍しい展開ではありません。この場合、「結婚できない」のではなく、自らの意思で「結婚しない」を選択して…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事