40代が家を買うなら。住宅ローンはいくらまで?オリンピック後がいい?

これまで住宅ローンの負担もなく、引越しも気軽にできる身軽な賃貸がいいと思って過ごしてきた30代。40代になると老後のことも頭をよぎりはじめると思います。

家を買いたくなってきたけど、住宅ローンはいくらまで組んでも大丈夫なのかしら? 買うならオリンピックあとまで待った方がいいの?などの気になる住宅ローンと買うタイミングについてお伝えします。

 

■住宅ローン、いくらまで借りてもいい?

住宅ローンはできれば現役のうちに完済したいものです。再雇用で収入が減少してからや、年金生活に入ってからも住宅ローンの返済に追われるのはさけたいですよね。

 

住宅ローンの借入額は、銀行が貸してくれる借入可能額ではなく、無理なく返済できる金額を基準に決めなくてはなりません。年収の〇倍という説もありますが、自分が無理なく毎月返済できる借入可能額はいくらなのか、年収、金利、返済期間などから借入可能額をシミュレーションしてみます。

 

シミュレーションは銀行のHPにある住宅ローンシミュレーションなどでも目安を算出することもできます。ただし、実際には借りる人の状況によって優遇金利があったり、借入額が少なくなったりすることもあるので、確実な借入可能額については銀行でローン審査を受ける必要があります。

 

■住宅費用は「住宅ローンだけ」ではない

たとえば、ある銀行では、年収500万円の人の場合、金利1.2%、返済期間20年、元利均等返済、ボーナス払いなしだと借入可能額が3110万円になります。3110万円借入れた場合の返済額は毎月約14万6000円になります。

さらに管理費、修繕積立金、固定資産税など住宅ローン返済以外にかかるお金をプラスして、トータル金額は無理なく支払える金額なのかを考える必要があります。

 

一方、借入可能額の限度まで借入れせず、金利1.2%、返済期間20年、元利均等返済、借入額2000万円にすれば、毎月のローン返済額は約9万4000円になります。借入額が約1100万円違うと、毎月の返済額の差も大きくなります。

 

また、ボーナス払いを含めると、毎月の返済額はおさえられますが、ボーナスの支給額が会社の経営状況によって変動する可能性があるので、ボーナス払いしないで毎月の返済額をシミュレーションするのが得策です。

 

住宅ローン借入時の返済期間が60歳を超える場合は、繰上げ返済して退職前までに完済できるかも考えましょう。退職金で完済するというのもひとつですが、退職金は老後の年金だけでは不足する生活費にも充てたいので、住宅ローンの借入れは老後費用も踏まえ自分にとって無理のない返済額が借入れていい金額とするのがベストです。

 

■買うタイミングはオリンピックのあと?

オリンピックあとは物件価値が下がるから、買うならそこまで待つと考えている人もいます。エリアによって物件価値が下がる場合もあるかもしれませんが、人気エリアでも下がるのかと言えば、そうでもないと考えられます。

 

オリンピックというより、そもそも少子高齢化で人口が減少する地域であれば需要も減少するため物件価値は下がる可能性はあります。

 

しかしながら、人口が集中する人気エリアでは物件価格が下がるとこと考えにくいです。また、オリンピックあとに買いたい人が殺到すれば、物件価格は下がらないばかりか、銀行の住宅ローン金利が今より上がる可能性が考えられます。

 

■結論、住宅を買うタイミングは

もし、オリンピックあとから家を探しはじめても、買いたい物件を手に入れられるともかぎりません。結論からいうと買うタイミングは自分が欲しいと思った家と金額が合っていればオリンピック前でも購入するのがオススメです。

中古の場合、売主は市場価格を目安に売却価格を決めることが多いですが、売主が早く売却したいなど事情があるケースだと市場より安い金額で売却することもあります。

 

また、オリンピックあととなると2年~3年もの間も家賃を支払うと考えれば家賃が10万円だとしたら年間で120万円、3年間で360万円支払うことになりますので、物件を買うまで支払い続ける家賃のことも含めて総合的に考えましょう。

 

家は自分が良いと思える条件で気に入った物件が見つかったときが、買うタイミングです。

 

40代で家を買うなら、老後の生活も考慮し無理のない住宅ローン金額で購入できる物件を探すことが大切です。また、購入後に実家にもどることになったり、結婚したり女性のライフプランは変化しやすいので、売却しやすい、貸しやすい物件であるかどうかも物件選びのポイントです。

 

★お金の相談、してみませんか?こちらまで!

今関倫子 ファイナンシャル・プランナー

外資系保険会社勤務中にファイナンシャル・プランナー(FP)を目指し、AFP(日本FP協会認定)資格取得後、独立系FP事務所に転職。女性を中心に年間のべ200件以上のマネー相談を受け、多くの経験を経て独立。個人マネー相談、執筆、マネーセミナーを中心に活動中。FPCafe登録パートナー

 

【MONEY人気記事トップ3】

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

お金が貯まる人、貯まらない人はココが違う!40代から貯金体質になるただひとつの習慣

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

私の常識は世間の非常識…?「節約」のつもりで「ドケチ」扱いの恐怖

お付き合いや結婚するなら「ケチな男性」は絶対にイヤ!とケチに対してはイメージが悪いでものですが、将来に向けて「きちんと節約している男性」なら信頼できると好感が持てるものです。この「ケチ」と「節約」の境…

お金が貯まらない人の「バッグの中身」これ入ってたらアウト!

バッグの中身を見れば「お金が貯まる人かどうか」がわかります。なぜなら、バッグの中身は整理整頓がきちんとできている人かどうかが一目瞭然。お金が貯まる人は整理整頓がきちんとできている、この違いは大きいと感…

意外すぎる?お金が貯まる人と貯まらない人「シンプルな3つの違い」

同じ職場の同期で年収は同じなのに、貯蓄に大きく差があるケースはよくあります。お金が貯まる人と貯まらない人には違いがあるのです。今回は3つの違いをお伝えします。1・何にいくら使っているのか「把握」してい…

まだ貯金を始められてない人に、オススメの簡単貯金法3選

今年から貯蓄をはじめようと思いつつ、いつからスタートしようかと考えているのであれば節分の2月3日からスタートしてはいかがでしょうか。2月以外の月なら、それぞれの月の何かの行事など節目になりそうな日をスタ…

消費税8%のうちに買ったほうがいいものは?逆に買うと損するものとは

2019年10月に消費税率が8%から10%への増税が予定されています。2014年4月に消費税率が5%から8%へ引き上げられた際には、駆け込み需要が目立ちました。でも、結果的には増税後に行われた消費税還元セールの方が安…

知らなかった!節約とダイエットは同時に始めたほうが成功するらしい。その秘密は…

新年にかかげる目標として多い「節約」と「ダイエット」。これまで何度かトライしたものの途中で断念してしまったという経験をお持ちの人は少なくないでしょう。今年は「節約」と「ダイエット」どちらも目指してみま…

意外と悩む!お年玉はいくら包むのがベスト?計算式に当てはめると…

子どもの頃、お正月の一番の楽しみといえば「お年玉」だった方も多いのではないでしょうか。お年玉を貰う立場からあげる立場になった今は、お年玉はいくら包むのがベストなのか迷う場面もあるでしょう。今回はお年玉…

意外とお金を使う年末年始。この「出費計画」で使いすぎを事前にガード!

年末年始の計画はどう過ごされますか?「実家に帰省する」、「旅行に行く」、「特に予定なく家でゆっくり過ごしたい」など年末年始の過ごし方は様々でしょう。年末年始は過ごし方によって出費が大きくかかってしまい…

年末大掃除の断捨離、片付けたいのは「ブランドバッグ」と「保険」?

お掃除上手な人に言わせると、普段から片づけや掃除ができているから年末だからといって大掃除は特別大変ではないと。お掃除上手の人の共通点はきちんと断捨離ができているので収納スペースも確保されているため片づ…

お金が貯まる人のお財布は?今すぐやるべきお財布断捨離

お金が貯まっている人のお財布はどんなお財布を使っているのでしょうか?外出時は肌身離さず持ち歩くお財布は、その人のお金に対する想いがつまっているといっても過言じゃありません。お金が貯まる人のお財布はどん…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事