これはダメだわ!「モテない40代独女」がとる5つのダメ行動

40代の恋愛は、多くが「結婚」を意識したものになります。

しかし現実は厳しく、とある婚活アドバイザーは「女性35歳限界説」を唱えています。

よりよい子孫を残すため、男性は「若い女性との結婚を望む」という生物学的な本能が働くからだと言われています。

ならば、大人の女性ならではの経験と知恵で男心をつかみましょう。
今回は「非モテ独身女のNG行動」に、CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者が迫ってみました。

 

1・やりすぎはキケン・独身女子会

 

あなたが本気で結婚を考えているなら、「独身オンリーの女子会」は今すぐやめましょう。なぜなら、仲間意識の強い女性は「ぬけがけは許さない」心理が働き、結果、足の引っ張り合い・傷の舐め合いになる傾向が強いのです。

逆にオススメなのが、

・結婚2~3年目の既婚女性

を含んだ女子会です。

新婚の甘い雰囲気や楽しさを残しつつ、夫婦の生活をしっかり築こうとするのがちょうどこの時期と言われるからです。どのように出会い、恋愛をし、結婚に至ったかをリサーチしてみましょう。

 

2・ひたすら受け身

絶世の美女か有名人でもない限り、黙っていても、男性が寄ってくるのは20代までです。
「誘うのは男性から」と決めこんで、ひたすら受け身に徹していると、いつまでたっても運命の相手は現れません。1対1のデートに誘うのが照れくさいなら「友人も一緒に」とグループでの食事会を提案しましょう。

デートに誘うことに成功したら、いよいよ婚活に向けての重要な「プレゼン」です。

・洋服やヘアメイク(明るいモテ色・女性らしいシルエット)

・トーク術(自分をアピールしつつ、相手の得意分野もたっぷり拝聴する・リアクションは大きく)

・笑顔(かなり重要!不機嫌な女性はモテません)

・気配り(男性陣だけではなく店員への態度・食事のとりわけ・支払いの段階でも気を抜かない)

モテには「行動力」そして「おもてなしの心」が重要です。

 

3・自分を棚に上げた、ダメ出し連発

年齢が上がるにつれ、自分のこだわりが強く、意にそぐわない相手は頭からシャットアウトする女性が増えています。

しかし、あなたは自分の意見を押し通せるだけの「市場価値」はありますか?

前述したように、女性の婚活は「35歳限界説」がまかり通っています。

相手に求める条件(年齢・職業・年収・家族構成・趣味・健康状態やルックス)を書きだし、「じゃあ自分はどうなの?」と同じ項目で答えてみましょう。

妥協点を探すことと同時に、自分自身も謙虚になれるはずです。

 

4・すべてを見せすぎる

私のことを知ってほしいとばかりに、仕事や趣味、物事の好き嫌い、果ては過去の恋愛に至るまでさらしてしまう女性がいます。

これは恋愛において、とてもキケン!

過去の記事「元トップホステスが今も実践してる!『永遠に愛される女』3つの法則」でも述べましたが、どんなに親密になっても「どこかミステリアス」な部分を残しておくことは、男女間に不可欠です。
すべてをさらけ出すと、余計な「ノイズ」まで知らせることとなり、マイナスに作用することが多々あるのです。

 

5・貴重な時間を奪う、時間泥棒

できる男性ほど、時間の大切さや集中力のパワーを理解し、邪魔する人間を嫌う傾向があります。
まさに「タイム・イズ・マネー」。

時間泥棒にならないための最低限のマナーとして、

・遅刻・ドタキャンをしない

・結論の出ない話を延々としない

・酒の席でグチやゴシップネタは封じる

・長文メールは避ける

相手の時間を奪っていないか、今一度、振り返ってみましょう。

 

独身女子会、常に受け身、ダメ出し連発、すべてを見せてしまう、時間泥棒。

以上5つに気を付けるとあなたのモテ度はグッとアップするはずです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク