元トップホステスが今も実践してる!「永遠にモテる女」3つの法則

今年こそ恋愛を成就させよう、結婚しようと心に誓っている人も多いでしょう。

クラブママ歴10年の私も、新人ホステス時代、当時のナンバーワンのヘルプにつきながら、彼女の仕草、トーク術、気配りの一つ一つを冷静にチェックし、自分に欠けた部分は何か、逆に魅力は何なのかと、必死にモテのキーワードを探したものです。

あれだけ必死になった日々を今は懐かしく思い出します。というのも、試行錯誤の末にたどりついた「大人の女性ならではのモテテク」は、意外にシンプルなことだったのですから。3つのエッセンスをご紹介しましょう。

 

1・すべてを見せすぎない

 

 

クラブママ時代、私が気をつけていたことの一つが「お客さまに、自分のすべてを見せすぎない」ことです。どんなに親しくなっても、どこかしらミステリアスな部分を残しておくのです。夢を売るクラブで、所帯じみた言動や深刻な悩み、ネガティブな話題はご法度。それがお客さまに飽きられず、10年もの期間、クラブママを継続してこられた要因の一つだと思っています。

男女の恋愛も同じこと。気軽にベッドに応じる女性がいますが、簡単にインしてしまうと、「お手軽で安い女」と評価され、フレンドにはなれど、本命にはなれません。「苦労して手に入れたものほど、大切にする」のが人間の心理だからです。

恋人関係になっても、ミステリアスさは必須条件。親近感と安心感を与えつつも、男性には「すべてを見せすぎない女」でいましょう。

 

2・好かれる努力より、嫌われない努力を!

 

 

ホステスからクラブママに昇格した時、「好かれる努力より、嫌われない努力」をすることは大変重要でした。ホステスなら「いかにお客さまに気に入ってもらえるか」と積極的な自己アピールが必要ですが、上の立場ともなると、一歩引いたところで、お客さまがお気に入りのホステスと居心地よくくつろげる「邪魔にならない」存在であらねばならないのです。

この手法を恋愛に置き換えましょう。意中の男性には、

・相手の仕事や生活スタイルを乱さない。

・相手のプライドを損ねない。

・相手の居心地の良さを考える。

決して「都合のいい女」になれというわけではありません。ただ、距離感を見誤り、過度に馴れ馴れしい態度を取ってしまったり、いらぬ一言を口走ってしまったり、それが命取りになるのです。

 

3・好きな男性に固執・依存しすぎない

 

 

恋愛をすると、すべてが「彼中心」という女性がいます。付き合い始めは同じ熱量で愛しあっていても、やがて、男性は冷静さを取り戻し、かつての日常に戻っていきます。それが男性の脳に組みこまれたシステムだからです。この時、「なぜ、私を優先しないの?」「付き合ったころは違ったじゃない」と責めてはいけません。

逆に、彼が冷静になった時に備え、女性側も「自分の戻れる場所」を確保しておくことをお勧めします。経済面、精神面、仕事のスキルアップや大切な友人との時間など、「例え彼を失っても大丈夫」と思える余裕ある態度と気持ちのあり方。

彼のことは大好きだけれど、固執・依存しすぎない。これが「男性から追われるモテ女」の秘訣です。

 

いかがでしょうか。「すべてを見せすぎない」「好かれる努力より、嫌われない努力」「意中の男性に固執・依存しすぎない」。恋愛の心理は意外とシンプルで、だからこそ永遠のものだなと感じませんか? 2018年、皆さんの恋愛がバラ色に輝きますように。

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

また恋がうまく始まらない…もしかして私「友だちどまりオンナ」?3つのダメポイント

数回デートを重ねると、彼と疎遠になってしまう。デート中はいい雰囲気なのに、イマイチ愛情に温度差を感じて常に心配。尽くせば尽くすほど、彼が遠ざかっていく。――もしかして、良かれと思っていることが裏目に出て…

男のホンネ!「好きだよ」と言わなくなった男の裏に隠れた5つの理由

初めは良い雰囲気でいた二人なのに、気づけば、彼からの連絡が減っている。デート中も以前ほど盛り上がらない。――恋愛の悩み・すれ違いは、永遠のテーマですね。でも少し考えて下さい。あなたは気づかぬうちに「男を…

ついついやってない? 40代独女が「無残なくらいモテない」10のNG

今年も残すところあと4カ月。「年内には結婚相手を見つけたい!」と願う40代女性も多いことでしょう。さて、多くのモテコラムを書かせて頂いたところで、再度「モテない40代独女のNG言動」を確認してみましょ…

これはダメだわ!「モテない40代独女」がとる5つのダメ行動

40代の恋愛は、多くが「結婚」を意識したものになります。しかし現実は厳しく、とある婚活アドバイザーは「女性35歳限界説」を唱えています。よりよい子孫を残すため、男性は「若い女性との結婚を望む」という生物…

「目で見るだけでシミが増える」?意外に知らない紫外線の話

夏本番となり、気温も日差しも強まるばかり。美肌ケアにいそしむアラフォー女性には、もっとも酷な季節の到来です。美肌の秘訣は「保湿・紫外線カット」が基本ですが、今回は「美白」に対してアプローチしてみましょ…

「オトコに追わせる女」はこうして作る。元CAのあざといモテテクって?

年齢を重ねるほど重要になる「清潔感」。特にお客さまの目に留まりやすいのが手先、足先、髪の毛先などの「先端ケア」。流行のファッションに身を包み、ヘアメイクも万全なのに、これらへの気配りがおろそかだと、残…

モテてモテて困ったCAが「モテの3大疑問」にお答えします!

時代は変わっても、世の男性にとってCAは「高嶺の花」であるようです。彼女たちのモテの秘訣はなんでしょう?今回はサイトに寄せられた疑問点を、CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者がお答えしたいと思います。…

港区男子1万人をこれで手中に!「永遠にモテる格言4」by六本木高級クラブママ

男性に夢を与え、非日常を楽しんでもらう夜の高級クラブ。美と若さ、トーク術、心くばりなど、女性が自分の価値を最大限に売る熾烈な競争の場でもあります。男性客に選ばれ、リピートされる女性になるためには何を心…

隙とギャップで男を落とす!なぜかモテる女がさりげなく張るワナ3つ

「モテる女には隙がある」「女はギャップが大事」とは言うものの、その具体案がイマイチわからないという女性が多いのが現実。確かに、「上手な隙」「ギャップ萌え」の箇所は人それぞれですね。今回はホステスも使う…

一瞬で男がゲンメツ!クラブママが指摘する「女性の言動」4つのNG

なにげなく放った言葉、とった行動が、男性を幻滅に導くことがあります。無神経・無頓着な言動は、恋愛や仕事において、取りかえしのつかない事態を招きかねません。前回の「ルックス編」に続き、今回は「言動編」を…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事