いくつ当てはまる?  結婚後ずっと「愛される妻」の3大特徴が判明!

結婚して何年経っても、夫から深く愛される女性がいる一方で、一緒にいる時間が長くなるにつれ関係が冷え切ってくる夫婦も……。

では、夫から末長く愛され続けている妻には、どんな共通点があると思いますか?

このたび、OTONA SALONEでは読者のみなさまに、身近にいる“愛され妻”の特徴をうかがってみました。

さっそく、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきがみなさまのご意見をご紹介しつつ、現代における“愛され妻”の近代的要素も分析します!

 

結婚後、何年経っても愛されている女性の特徴って?【結果発表】

「あなたの周囲の結婚して何年経っても夫に愛されている女性にはどういう共通点や特徴がありますか?」と自由回答でアンケートを実施したところ、有効回答数は71件(2018年8月13日現在)でした。

まずは、集まったコメントから代表的なものを、カテゴリ別に分類してご紹介します!

(1)経済的に自立しているor金銭的余裕がある

「思いやりがある。経済的に自立できている」

「金銭的余裕があり、お肌や髪の手入れも行き届いている」

(2)夫への思いやりを形にできている

「内助の功」

「献身的、相手に合わせる、忍耐」

「相手を大事にする」

(3)同性から見ても「かわいい」ところがある

「明るく朗らか」

「性格がかわいい」

その他としては、「初心を忘れない」「浮気しない」などのコメントもありました。

 

思いやりや明るさ、いい意味で相手に尽くす……といった、“素敵な奥様”的な女性が、愛され妻にはやっぱり多い?

また「忍耐」や「浮気をしない」など、ユニークかつ実態をつかんでいるコメントも目立ったのも印象的でした。

さて、今回の結果でいちばん注目すべきは、“経済力”や“経済的自立”をポジティブに評価しているコメント。

少し前までの日本では、結婚と同時に退職して専業主婦になる人が一般的だったけれど、いまどきの40代愛され妻は、経済的にもちゃんと自立している傾向もありそうだと感じたのです。

 

「稼ぐ女性」が愛される時代になっている!?

 

市議会議員の頃から現在でも、男女のご縁をつなぐ機会も少なくない私としては、このところ“女性の経済力”への評価が、数年前と比較して急速に変化しているのを実感しています。

たとえば、少し前までは「僕より稼ぐ女性は扱いにくい」とか「バリキャリタイプは、性格がキツそうで遠慮したい」などと口にする男性が、決して少数派ではない実感がありました。

しかしここ1-2年で、私のまわりにいる男性たちの価値観も変化したのか「むしろ、経済的に安定している女性と結婚したい」や「稼いでいる女性のほうが付き合いやすい」などと口にする男性が増えているのです。

これは、私や私のまわりにいる方々が年齢を重ねることで“こなれてきた”結果なのか、それとも社会的に“稼ぐ女性”へのイメージが急速に変化したのか……。

その背景は定かではないものの「女は、俺より稼がないでほしい」的な思想をもっている男性は、確実に「古い」と言える時代がきたのを確信しています。

経済的な余裕があったり自立していたりする女性のほうが、言うまでもなく趣味や美容にお金もかけられますから、パートナーから見ていつまでも魅力的に映りやすいのも、きっと真実。

さらには、“共働き”という視点で考えたときにも、ふたりで生活を支えている実感があると、相手を尊重する気持ちが芽生えやすいのも、また傾向ではないでしょうか。

 

誤解のないようにあえて申し添えますと、現代においても「専業主婦」という選択が悪いわけでもないし、稼がない女性がダメなわけでもないと考えています。

しかしほんの数年前まで「非モテ」と言われる対象でもあった“経済的に自立した女性”が、“愛され妻”の特徴として挙がってくるようになった実態は、これからの時代を生きる女性にとっては悪い話ではないと思うのです。

ご縁あって夫婦になったならば、いつまでも夫から深く愛されていたいのも女性の心理。

みなさまの周囲にいらっしゃる“愛され妻”には、どんな共通点がありますでしょうか。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

もしや腹黒…? 男が一瞬で警戒した「40代独女の不用意なひと言」3パターン

男女の出会いでは、不用意に発した言葉ひとつで「この人の本性は、きっとこんな感じなんだろう……」を邪推されるリスクもあります。本人にはそこまでの悪意がなくとも、それを聞いた男性が「もしかして、この女性は“…

オフィスで印象最悪…「いかにもオバサン」な40代女性のお仕事姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

男から「育ちが悪そうに見える40代女性」のメイク直しにまつわる振る舞い3選

実際の育ちがどうであれ「育ちが悪そうに見える女」を嫌う男が多いのも、実情です。デート中のちょっとした振る舞いによって「ひょっとすると、育ちが悪いタイプだな」などとジャッジをうけてしまえば、関係の行方に…

その顔、どうしちゃったの…!? 男が引いた「40代女性の気合メイク」3パターン

「その顔、どうしちゃったの!?」なんて思われるのは、相手が誰であれ、避けたいのが私たちのホンネ。しかし気合いを入れたメイクや、「今日だけは失敗したくない!」と思う日に限って、ふだんより“力んだメイク”にな…

踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策

周囲からの好感度が高く、“デキる”イメージの女性ほど、“足もと”にも気を配っていると言われます。実際、ワーコルが2月10日の「パンプスの日」にちなんで実施した『働く女性の靴(パンプス)に関する意識調査』によ…

シビア! 「失礼ながら老け顔…」と男が思う40代の美容悪グセ3例

深い仲になれば、男性からは、パートナーである女性の“内幕”も垣間見えるのが常。そして40代女性と交際、あるいは結婚関係にある男性たちの中には「俺のパートナーは、やることやらないから老け顔なんだなぁ……」と、…

余計なお世話かもしれないけど…! 僕らが知る「結婚できない40女」のダメ生活スタイル3選

婚活を公言していて、それなりに出会いや恋愛にご縁があっても“結婚”には至らないのも、40代婚活では決して珍しい展開ではありません。この場合、「結婚できない」のではなく、自らの意思で「結婚しない」を選択して…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事