あなたは大丈夫?意外と知らない「敬語の間違い」TOP3とは?

あなたの日本語、基本的に間違っています!

オトナサローネでいつも人気上位なのが「日本語の誤用」シリーズ。

その中でも特に人気の記事をご紹介します。あなたもその敬語が間違いだとは知らずに使っているかも……⁉

 

「ご自愛下さい」は実は失礼!その理由とは?

「ご自愛下さい」は実は失礼?デキる社会人のメール文末7ポイント

体調を気遣った結びの言葉は、基本的に元気な人に対してだけ使うようにしましょう。

元気でない方が受け取った場合、ただでさえ弱っている体と心に、そして毎日精一杯自分の体と向き合っているところに「体を気遣ってあげてね」というメッセージは酷なのです。元気な人なら大丈夫です。体への気遣いのメールは、感謝する余裕がありますし「あなたもね」と言い返す気力もあります。
なお「ご自愛ください」は「体を大切にする」という意味があり「体」が重複するので「お体ご自愛ください」とは言いません。「ご自愛」の場合は「体」という言葉は不要なのです。

 

意外と知らない敬語の間違いって?

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違い

  • 明日、オフィスに伺います。(謙譲語I)
  • 明日、オフィスに参ります。(謙譲語II)

これはどちらも謙譲語です。謙譲語と尊敬語の違いとは、「動作をする人が自分ならば謙譲語」です。ですから「伺います」も「参ります」も謙譲語です。

さて、文化審議会は、なぜこの二つを分類したのでしょうか。実はこれ、ビジネスシーンで敬語を使い分けるのに、とても重要な視点で分けられているんです。

やってしまいがちな敬語の3大間違いって?

敬語の3大間違い「させていただく」「よろしかったでしょうか」あと1つは?

敬語に自信がある人はそういません。でも、スマートに使えたら、どんなにいいか!
今日は、不安から来る「させていただく症候群」「よろしかったでしょうか症候群」「二重敬語症候群」についてズバリ解決します。

そして、敬意が足りないと感じた場合、何で補ったらよいのでしょうか? その答えがここにあります。

 

【松嶋有香さんの他の記事は】

日本語の誤用

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

口にするだけで愛が深まる!3つの魔法の言葉とは

今日はクリスマスイブですね。みなさんは誰と過ごしますか?せっかくのクリスマス、素敵な思い出にしたいですね。サンタクロースや恋人からの贈り物ばかり気にしないで、今…

クイズ!中学生でも分かる敬語、正しいのはどっち?

英語でも数学でも中学生レベル、つまり義務教育で習うことで十分だというブログや書籍が目に付きますよね。今日は敬語について基礎からおさらいしてみましょう!全7問です…

えっ、「食べる」を丁寧に言うと「食べ○○○」?

「お昼はもう召し上がりましたか?」と聞かれて「はい。召し上がりました」なんてうっかり答えてしまうこと、ありますよね。「食べる」には「召し上がる」「いただく」とい…

いくつやってた?人前で大恥をかく箸づかい7選

もうすぐ忘年会シーズン。テーブルに届いたお料理を取り分けるとき、実はあなたの「箸さばき」が意外に注目されていることに気づいていましたか? 各種アンケートでも「テ…

51%が誤用している日本語「役不足」。正しい意味とは?

謙遜のつもりで使っているのに、実は大変無礼な言葉があります。その代表例が「役不足」。「このたび、大役を仰せつかりました。私には役不足で、果たして務まるのかどうか…

オオゴショと言うとオオゴトに!?女性に「大御所」を使うと…

演歌の世界では、北島三郎さんや五木ひろしさんら、お笑い界では、ビートたけしさんや明石家さんまさんらが「大御所」と呼ばれる人達。この言葉の使い方に異論を唱える人は…

岩井志麻子 下品に思われる「言葉遣い」のお作法について

下品なエロ話ばっかりしているオバサンと、世間では思われている私。それはまったくもってその通りなんだけど。常に下品なエロオバサン、ではない私を全然知らない人の中に…

日本人の34%が誤解している?「鳥肌」の意味

「その映画、どうだった?」「いやー、鳥肌立ったわ~!」実はこれ、ホラー映画などを観たときだけに使えるせりふ。うすうす分かるかと思いますが、ここでちょっとおさらい…

ビミョーに迷う接頭語「お」「ご」どちらが正解?

「ご飯」や「お味噌汁」など、名詞を丁寧に言う場合、頭に「お」や「ご」を付ける場合がありますね。漢字ではいずれも「御」と表記します。基本的に、訓読みをする和語に付…

間違った「すごい」の使い方は、こう言いかえれば恥をかかない

文法的に間違っていることで有名な「すごい綺麗」「すごい美味しい」などの言葉。口癖になってしまっている人も多いのでは?「そんなこと気にしないよ」と言ってくれるのは…

実はやりがち!「オバサンに見える6つのNGメイク」あなたは大丈夫?

綺麗になるためにメイクをするのに「あれ……?オバサン見えしてる?」なんてことも……⁉そんなオバサン見えの落とし穴のNGメイクをご紹介します。時短美容を提唱する並木まきさんの、オバサン見えしてしまうメイクまと…

ZARAで見つけた!働く女性の3大シーンにピッタリの秋最旬トップス3選【今日のZARA】

夜、窓を開けて寝たら、明け方寒くて目が覚めてしまいました。そろそろ長袖を追加で2枚3枚買いたいタイミングですよね。『会議や打ち合わせ』・仕事終わりの『デート』、『女子会ディナー』と働く女性にありそうなシ…

【それは痛いオバサンだ…】「40代がリアルに青ざめた」20のエピソード・オトナ組

執筆陣も「40代の働く女性」なオトナサローネ。その執筆陣チーム「オトナ組」が答える【オトナ組アンケート】は、40代のリアルな知恵と体験にあふれています。今回は、みなさんが「痛いおばさん」だなと思ったエピソ…

ウーロンハイとハイボール、太りにくいのはどっち?知るだけでやせる9つのQA

ちりも積もれば山となる、という言葉があります。やせぐせは、日々の蓄積。ほんの些細な情報でも知っていれば、たとえば飲食店で食べるものに迷ったときに、カラダにプラスになる選択ができるはず。どうせ食べるなら…

CAに学ぶ!簡単に「好感度」がグッと上がるモテる条件とは?

放っておいても上がらないけれど、ガサツにしているとガンガン下がっていくのが「好感度」。40代も後半に差し掛かると、ただブスっとした顔で座っているだけで「こわいオバサンがいるな……」と自動的に敬遠されます。…

気がつけば、健康に1年で20kgやせていた!麻生流食べ方テクニックとは⁉

管理栄養士の麻生れいみ先生は、30代の後半、仕事のストレスで体重が65㎏にふえてしまい、ひざが痛くなったり、腰痛に悩むほど太っていた時期があったそうです。ところが37歳のとき、ある食事をきっかけに、それから…

「フェイスラインのたるみ」は、アノ角度から見てはじめて自分で気が付く盲点だった……⁉

40代働くオトナサローネ世代にアンケートを取ると、いちばん挙がる「エイジング悩みのキーワード」は、ほうれい線や顔周りなどの「たるみ」。続いてシミやくすみなど「美白」、目尻やおでこの「シワ」が挙がります。…

秋を感じ始めた日、すぐ買い足したいアイテム3選【今日のZARA】

つい先日まであれだけ猛暑だったのに、一転してちょっと肌寒いくらいの気温に!慌てて長袖をひっぱり出している人も多いのではないでしょうか。でも、春着ていたアイテムをいま見てみると、やっぱりなんだかちょっと…

秋だから気をつけたい「オバサン化」現象って?【今週の人気記事】

ただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週も引き続き、LOVEの記事が人気なのと、季節の変わり目だからかFASHIONの記事が人気でした!そんな秋に近づいた週、働く40代女性がいちばん読んだ人気記事ト…

みんながやっている「若見えするコツ」は、今すぐできるものばかり⁉【オトナ組アンケート】

執筆陣も「40代の働く女性」なオトナサローネ。その執筆陣チーム「オトナ組」が答える【オトナ組アンケート】は、40代のリアルな知恵にあふれています。今回はみなさんの「若見えするコツ」を聞いてみました。髪の毛…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事