目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください」は、例えるなら釈迦に説法。それとは少し違う意味ですが、目上の方、特に体を気遣うべき年齢の方や、少し体が弱っている方に「お体ご自愛ください」というのは、実は失礼に当たります。

1・お願いごとのメールはお願いで結ぶのがルール

2・返信不要メールに返信不要と書くのはNG

3・「取り急ぎ」もNG

4・「ご自愛ください」は元気な人にだけOK

5・身体が弱っている方へは、むしろ一般的な挨拶でOK

6・元気な方への結びの言葉は季節を盛り込むとOK

7・「おいといください」は目上の人にOK

「結びの文」は何を重視して選ぶべきか

ビジネスで使うメールには、何種類か目的があります。「お願い」なのか「お詫び」なのか、はたまた「連絡」なのか。締めの言葉もその目的に応じたものにしないといけません。そしてそのメールが「急ぎ」なのか「取りあえず」なのかも、メールを読む中、早い段階で分かった方が良いのです。そのため、結論を先に書くメールが重宝されるようになってきました。

忙しい人を相手にする時に、いまだに季節の挨拶を長々と書く人はいないでしょう。「平素は~」などのくだりも、不要とさえ言われています。

そんな忙しいビジネスシーンでは、結び、締めの言葉さえおろそかにされるように思えるでしょうが、実はこの「締め」ほど大切な部分はありません。

「終わりよければすべてよし」と言うように、イベントでも、お料理でも、エンディングに何を持ってくるか。それこそ大切なデザインなのです。

 

1・お願いメールの結びにはお願いの言葉を

したがって、お願いのメールには「願いを叶えてくださいね」というメッセージ、お詫びのメールには「本当にごめんなさい」というメッセージ、連絡のメールには「連絡しましたからね」というメッセージが、最後の最後に相手に伝わる必要があります。もちろん中身も大切なのですが、必要なことを書き足して行くと、結局受け取った人は「どうしたらいいのか」が分からなくなりがちです。あなたもメールを受け取る立場でそのような思いをすることはありませんか?

そのメールを読み終わった時に、すぐにどこかに連絡すべきか、手帳に記すべきか、返事が必要かどうか、さっと判断できるように、目的を結びの文に込めると良いでしょう。

 

2・返信不要メールに返信不要と書くのは不躾

男性の場合は、最後に「返信不要です」とズバッと書くのは簡潔で良いと思いますが、女性の場合はそういうわけにはいきませんよね。

そこで、結びの文に相応しい「返信不要」に該当する言葉を提案します。

  • では、またこちらからご連絡を差し上げます。

簡単ですよね?「次に連絡をするのはこちらなのです、あなたはこれを受け取っただけで良いのです」ということが、しっかりと、しかも優しく伝わります。もちろん男性が使っても好印象を与えるでしょう。

  • 何か不都合がございましたら、お知らせください。

こういう条件をつける場合もありますが、これはあまりお薦めしません。相手に選択肢を与えてしまう、つまり「都合が良いか、不都合かを考えてくださいね」と言っているようなものなのです。本当に都合が悪ければ「返信不要」と書いてあっても出しますよね? なので、このような条件付けは相手の負担でしかないので、やめた方が良いというわけです。

 

3・「取り急ぎ」もNG

「取り急ぎ、メールにて」のようなくだりも、できたら避けたいもの。
確かに言葉通りなのですが、受け取った方が何か少しひっかかるのはなぜでしょうか。それは、差出人の忙しさが伝わるからではないでしょうか。

つまり「今、とても忙しいの。取りあえず要件だけ伝えておきます!詳細はのちほど!」と言われている気分になるからですね。何かこの件よりも重要で急ぎで大切な用事があり、今はそちらにかかり切りなので、こちらの案件はあとで詳しく話すけど、とりあえず、要件だけは押さえておいてね、と言われているような印象なのです。

そして「取り急ぎ」と言われた方は、後で重要な話が来るので、今はこの件は保留状態なのだと思ってしい、メールをよく読まない危険性さえあります。

かといって、忙しいのは事実です。この場合はどう書いたら良いのでしょうか。

  • まずは、メールにて失礼致します。

「取り急ぎ」を「まずは」に変えるだけで、こんなに印象が変わります。

書いてあることは同じです。「詳細は後回し」という事実も同じです。しかし「まずは」と書くことで、「一刻も早くお伝えしたかったんです!」感さえ伝わるから、日本語、特に大和言葉って素敵ですよね。

お礼のメールなど、丁寧にしなければいけない場合、でも、急いで感謝の気持ちだけでも早く伝えたい、そんな時にはこんなフレーズはいかがでしょうか。

  • 略儀ながら、まずはメールにてお礼申し上げます。

 

4・「ご自愛ください」は元気な人にだけOK

体調を気遣った結びの言葉は、基本的に元気な人に対してだけ使うようにしましょう。

元気でない方が受け取った場合、ただでさえ弱っている体と心に、そして毎日精一杯自分の体と向き合っているところに「体を気遣ってあげてね」というメッセージは酷なのです。元気な人なら大丈夫です。体への気遣いのメールは、感謝する余裕がありますし「あなたもね」と言い返す気力もあります。

なお「ご自愛ください」は「体を大切にする」という意味があり「体」が重複するので「お体ご自愛ください」とは言いません。「ご自愛」の場合は「体」という言葉は不要なのです。

 

5・身体が弱っている方へは、むしろ一般的な挨拶で

冒頭の「頑張って下さい」は「益々のご活躍をお祈りしています」「これからも楽しみにしています」というように、相手に何かをさせようという言葉ではなく、こちらが「活躍を楽しみにしている」という気持ちを素直に伝えるのが良いようです。

  • それではまたお目にかかれるのを楽しみにしています。

こんな普通の挨拶が、健康を病んでいる人にとっては、心強く感じるのではないでしょうか。

 

6・元気な方への結びには季節の言葉もプラス

体を気遣う結びにしたい場合「ご自愛下さい」に関しては元気な人を対象に、季節の言葉を添えて書くと良いでしょう。

「寒さ厳しき折」「暑い日が続きますが」などの言葉です。

  • 寒さ厳しき折、どうぞご自愛下さい。

 

7・おいといくださいはとりわけ目上の人にOK

  • 寒さの緩む季節ではございますが、どうかお身体おいといください。

「おいといください」という素敵な大和言葉があります。こちらは「体を厭(いと)う」という言葉からできていますが、年配の方に送る時には重宝です。「お疲れ様」を「お疲れの出ませんように」と言い換えるように、「ご自愛ください」を「おいといください」と言い換えるのも良いでしょう。ただし「厭う」は漢字で書かないほうが印象がいいでしょう。意味は違うのに「厭(いや)」と同じ漢字を使うからです。また「体」を「身体」にすると印象がさらによくなります。

 

何を伝えたいのかを結びの文できちんと伝える、相手を気遣う言葉に気をつける、その際、女性は大和言葉を使うと美しく伝えられる、この3点を覚えておきましょう。

 

 

気になるメールマナー、その他のポイントはこちら

スポンサーリンク

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「ちこ」じゃない!「知己」の読みは?大人も誤読しがちな漢字10選

読めるには読めるけど、かなり不安~。こっそり答えをググっちゃう。そんな、小学生の時に習ったはずなのに、読み方を忘れている人が多い漢字を集めてみました。1・蝉時雨答え解説時雨とは、主に秋から冬にかけて起…

「速やか」は「はややか」じゃない?即答できない漢字の読み間違い10選

今週は小学校レベルなのに読み間違えがちな熟語10選です。一つでも間違えていたらちょっと反省して!1・この町には風情がある。答え解説あいまいに「ふうぜい」と読む人もいますが、スパッと「ふぜい」と読みましょ…

「直ちに」って正しく読めてますか?意外に間違える漢字10選

「読めそうなのに、意外に読めない熟語」をリストに挙げていくと、いわゆる難読熟語だけではなく、「まさかそれが」と驚くものが出てきます。今週は小学校で習う「読めないかも?」な熟語を10コチェックしましょう。…

「発足」って正しく読めますか?意外に間違えるNG日本語10

どれも知っている漢字なのに、熟語になった途端読めないことってありますよね。そんな読めそうなのに間違っていそうで発音できない熟語を10個集めてみました。今日は有名な文学作品から引用。つい飛ばしてしまう次の…

「さかあがり」って書けてる?みんなが間違えがちな漢字の書き方10選

さかあがり。坂を上るわけではないので、「さかあがり」の「さか」は「坂」とは書きません。ではどう書くのでしょう?今日はそんな熟語を10個集めました。1・子どもの頃は、日が暮れるまでさかあがりの練習をしたも…

「きゅうきゅうしゃ」って書ける?意外とみんな間違える漢字

今日は読めるのに、書けそうで書けない熟語を集めました。いざというときに「あれ?どう書くんだっけ?」と慌てないよう、しっかり準備しましょう。下線部のかなを漢字に直しなさい。そう、漢字テストですよ(笑)1・…

「往来」じゅうらい?みんなが間違えがちなNG日本語10個

なんとなくこう読むのかもなーと思いつつ、しっかり確かめなかったがために、いざという時に恥ずかしい読み間違いをしてしまうこともあります。今日は意外と読み間違いの多い熟語を集めました。この機会にチェック!…

「強面」ごうめん?間違えてたら赤っ恥すぎる日本語のNG読み10

目で見る分には意味が分かるからと、正確な読みを気にとめなかった熟語ってありますよね。いざ、音読しなくちゃいけない時に、とんでもない読み間違いをして、恥ずかしい思いをしないようにしたいもの。今日は、よく…

「牛車」はぎゅうしゃでOK?意外に間違える日本語の読み10

今回は「説明」に、ちょっと為になるワンポイントアドバイスを入れました。間違いも正せて為にもなる、そんなコラムをどうぞ。1・意訳読み間違いの例いわけ正しい読みいやく意味原文の一語一語にこだわらず、全体の…

「大舞台」だいぶたいで合ってる?みんなが間違える日本語の読み

読み間違いしやすい漢字を集めたコラムは世の中たくさんありますが、何回も見てしまうのは、うろ覚え、覚え切れていないからかと思います。国語教師としては、そのあたりの工夫を凝らしてみたいもの。今日は、例文を…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事