まとめ髪が「疲れたオバさん」にならない40代のヘアアレンジって?

結婚式などお呼ばれの際はヘアサロンでセットをお願いするという人は多いと思います。40代になると同窓会のためにセットにくる人が増えるんだとか。

張り切りすぎるのは恥ずかしいけれど、いつも通りも「オバさんになったな」と思われそう…。あのころのままというわけにはいきませんが、キレイにしているなと思われたいのが女性というものです。

サロンにお願いするのも手ですが、素敵なスタイルを自分でできたらいいですよね。

そこで、お呼ばれにも対応できるアップスタイルと、普段から使えるハーフアップの2スタイルをご紹介します。

好感度バツグンのハーフアップ

ハーフアップならもう何百回もやってきたから簡単!と思われそうですが、素敵に見せるにはちょっとしたコツが必要。

ポイントは

①顔まわりはタイトにまとめる

②後頭部はふっくらとした丸みを出す

これだけ守ればOK!

顔まわりにおくれ毛を出すと「疲れたオバさん」になりやすいので、すっきりとまとめるほうがいいでしょう。後頭部に丸みがあるとエレガントに見えます。

 

それではプロセスです。

 

1.サイドの髪をねじる

アイロンで髪を巻く必要はありませんが、毛先が乱れているとだらしない印象になるのでブローはしておきましょう。アイロンを持っていれば毛先だけカールさせてもいいですね。

髪にツヤが出るワックスをなじませたら、サイドの髪をぐるぐると内側にねじります。後頭部のくぼんだあたりで両サイドの毛束を合わせてゴムで結びます。

低い位置で結べば、頭の丸みが強調しやすくなるのです。

 

2.顔まわりをおさえる

手のひらに薄くワックスをのばしてから、髪の表面をなでつけてタイトにまとめます。短い毛をおさえこんで。

 

3.後頭部の毛束を引き出す

後頭部の丸みを出すために毛束を引き出します。表面だけでなく内側からも毛束を引き出すのがポイントです。表面と内側を交互に出していくとより立体感がつき、今っぽい仕上がりに。

束感を出すためにはあらかじめワックスをなじませておくことが大切。油分で髪がくっつくので束になりやすいんです。

仕上がりはこちら!

ゴムが見えないように毛束を巻きつけていますが、ヘアアクセをつけてゴムを隠してもOK。

正面から見ると顔まわりがスッキリとしていて上品。イヤリングも映えます。

耳後ろがふくらむとバランスが悪く見えるので、広がらないようおさえるのもポイントです。

 

巻き髪なしでふんわりアップスタイル

ドレスアップした日にぴったりのエレガントなアップスタイル。自分でつくるのは面倒、難しそうと思いがちですが意外と簡単にできちゃうのです。

私もこのスタイルに挑戦してみましたが、なんとかサマになりました。

ポイントは

①土台をつくって崩れにくくする

②編んでから細かく毛束を引き出す

 

アイロンで髪を巻かなくても三つ編みやロープ編みをすることでふんわり感が出せるんです。毛量が多い人も毛束を分けてまとめれば、ピンも留めやすくなるし崩れにくくもなります。

よくピン3本でできると書かれていますが、しっかりと固定するためにはピンの本数は増えます。事実、サロンでセットしたヘアもピンがいっぱいです。あまりピンの本数は気にせず、ちゃんと固定させましょう。見た目は大事なので、ピンが見えないようにさしてくださいね。

目指すスタイルはこちら。これをイメージしながらつくっていきましょう。

それではプロセスです。

 

1.サイドはロープ編み、えり足は三つ編みにする

 

まとめてしまうので、寝ぐせがついたままでも大丈夫。そのうねりも味になります。ただ、ワックスは全体にもみ込んでおきましょう。まとまりがよくなるだけでなく、毛束が引き出しやすくなります。

両サイドはロープ編みにして毛先をゴムで結びます。後頭部は耳上の髪を低めの位置(後頭部のくぼみくらい)でひとつに結び土台にします。えり足は半分に分けてそれぞれ三つ編みに。

毛先を輪にして結んでおくと、ピンで留めたときにおさまりがよく毛先が飛び出ません。

それぞれ毛束を少しずつ引き出して編み目を崩します。後頭部の髪も表面と内側から毛束を引き出します。

 

2.三つ編みを折りたたみピンで留める

毛先を内側にして三つ編みを折りたたむようにまとめ、ピンで留めます。丸めるよりは折りたたんだほうがボリュームが出すぎず、スッキリ見えます。

 

3.ロープ編みを左右にわたし、ピンで留める

左サイドのロープ編みは右へ、右サイドのロープ編みは左へ持って行きピンで留めます。毛先は内側に折り込んで見えないようにしましょう。

 

2と3はこういうことです。

仕上がりはこちら。

髪を巻いていないのに、ふわふわな仕上がりです。

生え際の毛束を少しゆるめ、耳に髪をかぶせると若々しい印象に。

ハーフアップのときのように顔まわりをタイトにするとさみしくなるので、ゆるっとした毛束をつくりましょう。

アイロンで髪を巻かなくても華やかなスタイルができました。これなら「オバさん」って思われることもなさそうですよね。

 

本番までに一度は練習をしておくと安心ですね。

どちらも習得できればさまざまなシーンで活用できるので、トライしてください。

 

教えてくれた人&撮影は…

和田しょういちさん/ZACC vie

手ぐしで決まるナチュラルなスタイルがお得意。サロンワークのほか、タレントやモデルのヘア&メイク、ヘアショーなどでも活躍。また、インスタでのスタイリングやヘア&メイクの動画も好評です。

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

【脱・オバサンまとめ髪】「ひとつ結びアレンジ」シンプルおしゃれな40代の2大ルール

これまでひとつ結びに関する記事をたくさん書いてきました。振り返って思ったことは、「ひとつ結び」って料理でいうところの「卵料理」のような存在なのでは、ということで…

キレイな髪で新年を!40代女性に似合う美人ヘア教えます

若かりし頃は、年末最大のイベントといえばクリスマス。この日のデートに向けて24日前に美容室を予約したって人も多かったはず。でも、大人になるとクリスマスより、新しい…

「顔のたるみ」をカバー!女っぷりも上がる40代の前髪とは

学生のころ、前髪が決まらないと1日憂うつな気分になっていました。今はさほど気にしませんが(笑)、やはり前髪は女性にとって命ともいえるパーツではないでしょうか。ヘ…

白髪が目立たない!薄毛もカバー!40代のアレンジ裏テク

ヘアアレンジをして仕上がりを鏡でチェックしたとき、「あれ!?」と焦ったことありませんか?ちらりとのぞく白髪、分け目がやけに目立つ、頭頂部が貧弱……。若い気分でいても…

ゴム1本なのに「オバサンぽくない」3分まとめ髪。40代が生活感を出さないおくれ毛のコツ

「今日は30度か、ちょっと涼しいな」と感覚がおかしくなっている今日この頃。暑い暑いと言っていても気温が下がるわけではないので、いかに暑さをしのぐかを考えるようにな…

脱・毎日ひっつめ髪おばさん!夏の涼しいヘアアレンジまとめ

毎朝、時間もないし……。今さら新しいヘアアレンジなんて若い子に「オバサン頑張ってるわね!」って思われそうだし……。そんな「たられば」で毎日ワンパターンのひっつめ髪の…

植松晃士 オバ見えする女性の「9割ができていない」こと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は話題の映画『クレイジー・リッチ』のお話から、40代アップのファッションについてお話させていただきましたが、今回はビューテ…

ミディアムでも自分でまとめ髪!着物&浴衣の簡単ヘアアレンジ【コツ3つ】

最近は観劇や食事会、観光などちょっとしたお出かけに着物でというアラフォー女性が増えているようです。素敵に着こなすには、季節やお出かけシーンに合わせた着物選びだけ…

暗髪でもおしゃれに見える!簡単「ひとつ結び」で3変化

白髪をしっかりと染めるとどうしても髪色は暗くなります。また、若づくりになりそうと髪色を落ち着かせる人も増えてくる40代。地味に見えがちな暗髪でひとつ結びにしたらオバさん指数が上がってしまいそうですが、ち…

もう失敗しない!髪色選びは肌タイプより○○が重要だった

白髪染めはカラーバリエーションが少ない、暗い色に仕上がってしまうというのは昔の話。今は薬剤の進化でトレンドカラーも取り入れられるようになりました。また、カラーの手法もさまざまなので、白髪まじりでも色遊…

オバ髪が生まれ変わった人は「タオル」「ドライヤー」「○○」を変えている!6つの正解

春の新色リップが欲しい、春らしいブラウスを買い足したい。メイクやファッションは季節ごとに新しいものを買うけれど、ヘアはどうでしょう。ヘアスタイルを変えることはありますが、年を重ねるとあまり季節は関係な…

銀座・青山・代官山で40代に人気のヘアは?ベストスタイル発表!【後編】

まだまだコートが手放せないけれど、春おしゃれの準備ははじまっています。ファッションやメイクを春仕様にチェンジしたらヘアだって変えたいですよね。自分に似合うことが一番だけれど、ほどよくトレンドも意識した…

銀座・青山・代官山で40代に人気のヘアは?ベストスタイル発表!【前編】

最近、朝起きると鼻がむずむずして「あ、きたな」と、花粉で春の訪れを感じております。ショップにも春ファッションが並び、寒いけれど春トレンドを取り入れたい気分ですよね。そして服に合わせてメイクやヘアも変え…

うねりやパサつきをおさえて「髪を早くきれいに伸ばす」4つの方法は?

40歳を過ぎると髪をバッサリと切る人が増えますよね。美容師さんに話を聞いても、40代後半から一気にショート率が高まるとのこと。うねりやパサつきで扱いにくくなっている髪は切ってしまったほうがラク、と考える人…

痛くならない「若見え」する40代のヘアルール5選

流行を取り入れたファッションを楽しみたいし、季節ごとに新色のリップやアイシャドウをゲットしたい。ヘアスタイルだって、たまには冒険してみたい。40代はまだ老け込むにははやく、おしゃれにも貪欲です。しかし、…

ぺたんこ、うねり……40代の困り髪を救うのは女っぽミディアム

ケアをしていても扱いづらくなってくる髪。うねって広がる髪を落ち着かせたい、髪が細くなりボリュームがなくなってきた、とにかくまとまらない!そんな手に負えない悩みをカバーしつつ、女らしさや華やかさがほしい…

40代のオバ見え原因1位、白髪。うまく「染めずに」カバーするには?

40代の髪悩み№1といったら白髪。黒髪はどんどん元気がなくなっていくのに、白髪は生命力にあふれているかのように太く、目立つのがやっかいです。しかも、頭頂部や顔まわりなど視界に入りやすい場所に生えやすいの…

やっぱり美容室は怖い!? 思い通りのスタイルを手に入れる3つの心得

「美容室でなりたい髪型をうまく説明できない」「どうオーダーしていいのかわからない」「美容師さんと話すのが苦手」「やってみたいヘアスタイルがあるけれど、結局いつも同じになってしまう」40代女性からもよく聞…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事