まとめ髪が「疲れたオバさん」にならない40代のヘアアレンジって?

結婚式などお呼ばれの際はヘアサロンでセットをお願いするという人は多いと思います。40代になると同窓会のためにセットにくる人が増えるんだとか。

張り切りすぎるのは恥ずかしいけれど、いつも通りも「オバさんになったな」と思われそう…。あのころのままというわけにはいきませんが、キレイにしているなと思われたいのが女性というものです。

サロンにお願いするのも手ですが、素敵なスタイルを自分でできたらいいですよね。

そこで、お呼ばれにも対応できるアップスタイルと、普段から使えるハーフアップの2スタイルをご紹介します。

好感度バツグンのハーフアップ

ハーフアップならもう何百回もやってきたから簡単!と思われそうですが、素敵に見せるにはちょっとしたコツが必要。

ポイントは

①顔まわりはタイトにまとめる

②後頭部はふっくらとした丸みを出す

これだけ守ればOK!

顔まわりにおくれ毛を出すと「疲れたオバさん」になりやすいので、すっきりとまとめるほうがいいでしょう。後頭部に丸みがあるとエレガントに見えます。

 

それではプロセスです。

 

1.サイドの髪をねじる

アイロンで髪を巻く必要はありませんが、毛先が乱れているとだらしない印象になるのでブローはしておきましょう。アイロンを持っていれば毛先だけカールさせてもいいですね。

髪にツヤが出るワックスをなじませたら、サイドの髪をぐるぐると内側にねじります。後頭部のくぼんだあたりで両サイドの毛束を合わせてゴムで結びます。

低い位置で結べば、頭の丸みが強調しやすくなるのです。

 

2.顔まわりをおさえる

手のひらに薄くワックスをのばしてから、髪の表面をなでつけてタイトにまとめます。短い毛をおさえこんで。

 

3.後頭部の毛束を引き出す

後頭部の丸みを出すために毛束を引き出します。表面だけでなく内側からも毛束を引き出すのがポイントです。表面と内側を交互に出していくとより立体感がつき、今っぽい仕上がりに。

束感を出すためにはあらかじめワックスをなじませておくことが大切。油分で髪がくっつくので束になりやすいんです。

仕上がりはこちら!

ゴムが見えないように毛束を巻きつけていますが、ヘアアクセをつけてゴムを隠してもOK。

正面から見ると顔まわりがスッキリとしていて上品。イヤリングも映えます。

耳後ろがふくらむとバランスが悪く見えるので、広がらないようおさえるのもポイントです。

 

巻き髪なしでふんわりアップスタイル

ドレスアップした日にぴったりのエレガントなアップスタイル。自分でつくるのは面倒、難しそうと思いがちですが意外と簡単にできちゃうのです。

私もこのスタイルに挑戦してみましたが、なんとかサマになりました。

ポイントは

①土台をつくって崩れにくくする

②編んでから細かく毛束を引き出す

 

アイロンで髪を巻かなくても三つ編みやロープ編みをすることでふんわり感が出せるんです。毛量が多い人も毛束を分けてまとめれば、ピンも留めやすくなるし崩れにくくもなります。

よくピン3本でできると書かれていますが、しっかりと固定するためにはピンの本数は増えます。事実、サロンでセットしたヘアもピンがいっぱいです。あまりピンの本数は気にせず、ちゃんと固定させましょう。見た目は大事なので、ピンが見えないようにさしてくださいね。

目指すスタイルはこちら。これをイメージしながらつくっていきましょう。

それではプロセスです。

 

1.サイドはロープ編み、えり足は三つ編みにする

 

まとめてしまうので、寝ぐせがついたままでも大丈夫。そのうねりも味になります。ただ、ワックスは全体にもみ込んでおきましょう。まとまりがよくなるだけでなく、毛束が引き出しやすくなります。

両サイドはロープ編みにして毛先をゴムで結びます。後頭部は耳上の髪を低めの位置(後頭部のくぼみくらい)でひとつに結び土台にします。えり足は半分に分けてそれぞれ三つ編みに。

毛先を輪にして結んでおくと、ピンで留めたときにおさまりがよく毛先が飛び出ません。

それぞれ毛束を少しずつ引き出して編み目を崩します。後頭部の髪も表面と内側から毛束を引き出します。

 

2.三つ編みを折りたたみピンで留める

毛先を内側にして三つ編みを折りたたむようにまとめ、ピンで留めます。丸めるよりは折りたたんだほうがボリュームが出すぎず、スッキリ見えます。

 

3.ロープ編みを左右にわたし、ピンで留める

左サイドのロープ編みは右へ、右サイドのロープ編みは左へ持って行きピンで留めます。毛先は内側に折り込んで見えないようにしましょう。

 

2と3はこういうことです。

仕上がりはこちら。

髪を巻いていないのに、ふわふわな仕上がりです。

生え際の毛束を少しゆるめ、耳に髪をかぶせると若々しい印象に。

ハーフアップのときのように顔まわりをタイトにするとさみしくなるので、ゆるっとした毛束をつくりましょう。

アイロンで髪を巻かなくても華やかなスタイルができました。これなら「オバさん」って思われることもなさそうですよね。

 

本番までに一度は練習をしておくと安心ですね。

どちらも習得できればさまざまなシーンで活用できるので、トライしてください。

 

教えてくれた人&撮影は…

和田しょういちさん/ZACC vie

手ぐしで決まるナチュラルなスタイルがお得意。サロンワークのほか、タレントやモデルのヘア&メイク、ヘアショーなどでも活躍。また、インスタでのスタイリングやヘア&メイクの動画も好評です。

 

 

スポンサーリンク

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

【脱・オバサンまとめ髪】「ひとつ結びアレンジ」シンプルおしゃれな40代の2大ルール

これまでひとつ結びに関する記事をたくさん書いてきました。振り返って思ったことは、「ひとつ結び」って料理でいうところの「卵料理」のような存在なのでは、ということで…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

ゴムだけ簡単ヘアアレンジ。苦手な人にも試してほしい3種類

本格的なヘアアレンジにピンが必要なのは分かってる、けど持ってない……。そんな女性、実は意外と多いと思うんですよね。私も髪をのばしていた時期がありましたが、ゴムは数…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

40代パーマ、この「思い込み」でオバ髪化してない…?40代がやりがちNGパーマヘアケア

ボリュームがなくなってきた40代にはパーマがおすすめ、ということを何度もお伝えしてきました。また、パーマをかけるとスタイリングがラク、とも。しかし、パーマをかけた人の多くは「スタイリングがうまくいかない…

40代は【かき上げ前髪】×【耳かけ】で秋ヘアがとびきり素敵に見える!

ファッションにあわせてヘアも衣替えをするとき。がらりとイメージを変えるのは勇気がいるけれど、カラーや毛先の動きをチェンジするだけでも雰囲気は一新できます。40代女性を素敵に見せる「かき上げ前髪×耳かけヘ…

【くるりんぱ】真ん中からずらすだけ!1分で大人可愛いヘアアレンジ2選

「くるりんぱ」と命名した人はどなたか存じませんが、今やこれ以外考えられない!というほどの絶妙なネーミング。正直、ここまで浸透するとは思っていませんでした。もちろん、アレンジとしては「その手があったか!…

いつもの「ゴムだけ結び」を1分で上級に!くずしひとつ結び・横くるりんぱアレンジ3選

夏は髪をおろしていると、汗で首にはりついて不快になりますよね。見た目にもスッキリとまとめたほうが、涼しげです。そこで、今回は巻かずにおしゃれに見えるひとつ結びや、くるりんぱを応用したアップスタイルをご…

「正しい髪の洗い方」知ってた?抜け毛、頭皮のニオイを防止するシャンプーのやり方4ポイント

美肌も美髪も一日にして成らず。日々のお手入れが欠かせません。そのお手入れも実は特別なことではなく、「正しく洗う」ことだけ。でも、この「正しく洗う」ことができていない人が多いのが現実です。子どものころ、…

【ミディアム】うねり、ぺたんこオバ髪は「動き」でカバー!若見え3スタイル

ボブやショート人気におされ気味のミディアムですが、女っぽさを表現するにはもってこいのレングスです。また、ある程度長さがあることで加齢による髪悩みもカバーしやすい利点もあります。ひとつ結びなどまとめ髪に…

【ショートボブ】40代は毛先の動きで「おばさんショート」回避!人気ヘアカタログ

40才を過ぎると髪を短くする人が多い、という話を美容師さんからよく聞きます。たしかに40才以上をターゲットにしたヘアカタログでは、ロングよりもショートの割り合いが多くなっていますし、周囲を見渡せば短めヘア…

40代ミディアムのすっきり簡単まとめ髪 広がる・うねる髪のヘアアレンジ3選

ボリュームが減ってくる年代なのに、この時期は髪が広がり扱いにくさが倍増。朝、きれいにまとめたつもりでも昼頃にはうねうね、ちりちり……ってこと、ありますよね。梅雨の時期はダウンスタイルをあきらめて、まとめ…

40代でもモテる髪って?9つの【NGシャンプー習慣】と正解ヘアケア

40代にもなると大っぴらに「モテたい!」とは言えない雰囲気ですが、独身女性であればまだまだ出会いを期待するわけです。オトナサローネでは編集長の婚活記も盛り上がりをみせていて、いくつになっても素敵な恋がで…

【オバ髪】は「生え際」のコレが原因!40代の白髪・うねり・パックリ割れの隠し方は

今、まさに私も悩んでいる生え際の白髪とうねり。湿気の季節到来で、とくにうねりが強まってきています。生え際は鏡を見たときに目につく場所であり、人とのコミュニケーションの場でも相手からよーく見られてしまう…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事