「フェイスラインのたるみ」は、アノ角度から見てはじめて自分で気が付く盲点だった……⁉

40代働くオトナサローネ世代にアンケートを取ると、いちばん挙がる「エイジング悩みのキーワード」は、ほうれい線や顔周りなどの「たるみ」。

続いてシミやくすみなど「美白」、目尻やおでこの「シワ」が挙がります。

そんな中、「フェイスラインのたるみ」についての気になるデータが!

顔周りの中でも、特にフェイスラインは自分では気が付きにくく、実はたるんでいるという事実を見過ごしているのだそうです。

自分は大丈夫と思っている方も、もしかしたらアノ角度から見ていないだけかも……?

資生堂グループのクレ・ド・ポー ボーテが実施した「フェイスラインのケアに関する意識調査」(2018年7月、30~50代の女性1000名対象)からご紹介します。

なお、オトナサローネは9月20日から「特集・オトナのたるみケア」を配信します。お楽しみに!

 

実は見過ごされている!「フェイスラインのたるみ」ケア

まずは問題のアウトラインから。現在気になる肌悩みとして、「フェイスラインのたるみ」を回答した人は20.5%で、8つの肌悩み中5位でした。シミ・そばかす(53.1%)や毛穴(38.4%)、ほうれい線(31.8%)、乾燥(27.6%)と比べ、低い結果に。

 

「フェイスラインのたるみ」のケア実態はいかに……?

「フェイスラインのたるみ」のケア実態を尋ねたところ、「フェイスラインのたるみ」に対して特にケアを行っていない人の割合は59.9%と、ほとんどの人がケアを行っていないことが分かりました。

 

「フェイスラインのたるみ」は、意識している人も大変少なく、実際にケアを行っている人も少なくなっていることから、多くの人が見過ごしていることがわかります。

 

自分は気にしていなくても、他人には見られている⁉

上記の調査結果で、自分の「フェイスラインのたるみ」を気にしている人が少ないことが分かりました。しかし、一方では久しぶりに会った友人など、自分以外の女性の肌を見たとき、年齢を感じるポイントについて尋ねたところ、「フェイスラインのたるみ」と回答したのはなんと、44.4%

 

ほうれい線(59.4%)に次いで第2位と同率の2位の目元のシワ(44.4%)と同様に、多くのひとが「フェイスラインのたるみ」をみて、年齢を感じていることが分かりました。

 

「フェイスラインのたるみ」は、「他人のフェイスラインのたるみ」には気づく人が多い一方で、「自分自身のフェイスラインのたるみ」には気づかない人が多く、自己認識と他者認識ではギャップが大きいことが分かりました。

 

「フェイスラインのたるみ」は、客観的に見て初めて気が付く

年齢による顔の形状変化を客観的に示したシミュレーション動画を見る前後で、「フェイスラインのたるみ」に対する意識が、どう変化するかを調査!

 

視聴前に、10年後深刻化しそうな3大肌悩みとして「フェイスラインのたるみ」をあげた人は、わずか34.0%でした。視聴後に、同じ質問で「フェイスラインのたるみ」をあげた人は1.7倍の57.9%となりました。

 

「フェイスラインのたるみ」の深刻さは、多くの人にとって客観的なシミュレーションを見るまで気づかない盲点となっていたことが分かります。

 

自分で「フェイスラインのたるみ」に気付くためには?

上の図は、同一人物の正面から見た顔と斜め45度から見た顔の写真です。正面から見る顔より、斜め45度から見る顔のほうが、加齢からくる肌のたるみによる影が目立つため、老けて見えることが分かります。

 

しかし、多くの女性達が普段は正面からしか自分の顔を見えることがないので、普段見慣れている「自分目線」の正面顔「他人目線」の斜め45度顔で、自分の年齢印象が異なることに気が付いていません。

 

ですので、日頃鏡で見ているだけでは、「フェイスラインのたるみ」の深刻さに気付くことは難しく、ケアを怠ってしまう人も多いのです。ですので、鏡で見るときは斜め45度から見てみると「フェイスラインのたるみ」に気が付くことができるかもしれません!

 

フェイスラインのケアの実態!ほとんどの人が……。

「フェイスラインのたるみ」を気にしていない!見過ごしている!と上記で書いてきましたが、なんと。フェイスラインのケアを行っている人でも、ほとんどの人が今のケアに満足していないそう……。

 

フェイスラインののケアを行っていると答えた人のうち、効果的なフェイスラインのケアができていないと思うと答えた人は85.5%にのぼり、ケアをはじめている人でも、ほとんどの人が今のケアに満足していないという結果に。

 

その理由は、第1位が「どのような対策が効くのか分からないから(61.5%)」第2位が「効果が見えづらいから(44.0%)」でした。これは、フェイスラインのケアをやってもやらなくても同じような……と思ってしまうかもしれませんが! 「たるみ」があるだけで、やはり老け見えはしてしまうもの。

 

どうしたらいいの……と思っている方は、これからのOTONA SALONEの「特集オトナのたるみケア」もお楽しみに!40代の実感や、みんなが試して効果があった対策を紹介していきます!

 

 

<調査概要>
■サンプル数 :1,000人
■調査対象 :30~50代の女性
■調査方法 :インターネット調査
■調査時期 :2018年7月

スポンサーリンク

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

顔のたるみを感じたら、40代は食事とコレを変えてみて。オトナのたるみのとり方

オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」に合わせて、皮膚科医の友利新(ともり あらた)先生に、「たるみ」の原因からケアまでお話しいただきました。この後編では…

【美容ライターが提言】40代50代の「たるみ毛穴」をキュッと締め上げる!化粧水・美容液・クリームはコレだった

抗老化生活を模索している中尾慧里です。今回のテーマは「たるみケア」とのことなんですが、50歳を過ぎると、すべてにおいて重力には逆らえない状態。いろいろなことを試し…

マッサージよりも変化あり!? 1日1回「顔ストレッチ」でたるみ改善

いつまでも若いつもりだったのに、ある日、自分のたるみに気づいてしまった…。そのたるみ、これまでの習慣が影響しているかもしれません。たるみをケアするためにマッサー…

頭皮がたるむと5歳老け見え?40代マスト「カンタン頭皮ケア」3つの新意識

アラサー女子たちの悩みは目元のシワが多いようですが、アラフォーになると気になるのはほうれい線。年々深くなってきたなと感じるにっくき線は頬のたるみが原因です。ハリ…

かっさ、顔ヨガ、ストレッチ…40代の私が「すき間時間にできている」顔とボディの4つのたるみケア

40歳を過ぎると、顔や身体、あちこちたるんでくるのが現実。私も電車が地下に入った瞬間に、窓に映った自分のほうれい線にびっくりしたり、朝起きてまぶたが重くて目が開き…

プチプラで40代の顔たるみ防止!仕事中に使えるアイテム3選

オトナサローネの特集「オトナのたるみケア」では、リアルな40代執筆陣が実際に毎日コツコツ積み上げているたるみケアを配信中です。さて、みなさんは「たるみのケア」とし…

高価な美容液より効く!? たるみ対策にはコレが必須【特集オトナのたるみケア】

今月のOTONA SALONE執筆陣による特集は「おとなのたるみケア」とのことで、時短美容家として活動をしている私からは、まずは“顔のたるみ”に効果を感じている方法をみなさん…

ボディのたるみに効くヨガは「前後2時間のアレ」がカギだった!私が気づいたたった1つのこと

「オトナのたるみケア」と聞くと、とかく顔のケアばかりに意識が向きがちながら、40代女性にとって意外と深刻なのが、“ボディのたるみ”。「実は顔よりも、カラダのほうがヤ…

【40代のシワ】ほうれい線、たるみ、顔のシワはどうケアする?人気記事ランキング

40代ともなると、化粧品ではカバーしきれないたるみやシワが出てきます。それらが全くないほうが不自然とはいえ、全て消し去ってしまいたいと思う瞬間もあるのではないでしょうか。今回はシワの原因となる顔のコリを…

【白髪】みんなどうしてる?「白髪カバーアレンジ」から「白髪染め」まで人気記事ランキング

生え際や頭頂部にピヨピヨ生えてくる白髪。まだ白髪染めをする段階でもないだろうと思いつつ、せっせと抜いている人も多いのでは。最近はグレイヘアの流行など、白髪を受け入れる風潮もあるとはいえ、やはり気になる…

「すかす」でも「だます」でもありません!「貶す」の読み方、知っていますか?|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字の読み方記事」や「ランキング記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(…

【40代のお金】年金ってもらえるの?貯金はいくら必要?独女のお金知識ランキング5

アラフォーになると、チラチラ頭をよぎるのが老後のこと。なんとなく年金には加入しているけれど、実際の受給額はいくらになるのか、そしてそれは楽しい老年期を過ごすのに十分な額なのか、いまいち分からないという…

【冬の着やせ】いつものコーデを2kg細く見せるには?人気記事ランキング

食事改善や運動で痩せるのが最終目標と分かってはいるけれど、必要なのは「今日スラッと見えること!」。今回は、40代の女性が着るだけで痩せて見えるファッション記事の中から、読まれているランキング上位の、みん…

【肩甲骨はがし】肩と背中に効果バツグン!「効く」ベスト5は?

整体に行けば一時的に楽になるものの、次の日にはもう痛む首・肩・背中。それなら自分でケアしたほうが毎日良い状態を維持できそう……と思っている人も多いのでは。家でじっくり行う「寝たままはがし」や、オフィスで…

【1000万】お金が「どんどん貯まる人」の特徴って?人気の記事5選

特別な収入源があるわけでも、財布の紐を固結びにするほど暮らしを切り詰めているわけでもない。それでもお金に困っていない人と、ワタシたちとの違いは何なのでしょう? ここでは、お金がどんどん溜まる人が普段か…

1000円以下でもこんなにおしゃれ!2000円までの手土産9選

場面や相手を思って選ぶギフトは、特にその人のセンスが問われるもの。ここでは、予算別やプレゼントを贈る相手別にポイントを押さえたかしこいおすすめギフトを提案します。あなたもぜひ参考にして。【オトナの手土…

大腸を整えるには「乳酸菌」「ビフィズス菌」どっち?40代が間違えている腸活常識クイズ

体の健康はもちろん、お肌の調子にも大きく関係してくるのが腸内環境。すでに「腸活」にチャレンジしている方も多いのではないでしょうか?でもその「腸活」、自信を持って正しいと言えますか? 『「腸活」に大事な…

[PR]

【爆モテ女のテクニック】出会いがない人、必見! モテる女性がやっていることランキング

気になる男性からは友達扱いされ、男ウケの良さそうなゆるふわ系を目指してみても成果が出ない。一体どうやったらモテるのか、自分自身の目指すべき着地点が分からなくなってしまっている人もいるのではないでしょう…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事