「フェイスラインのたるみ」は、アノ角度から見てはじめて自分で気が付く盲点だった……⁉

40代働くオトナサローネ世代にアンケートを取ると、いちばん挙がる「エイジング悩みのキーワード」は、ほうれい線や顔周りなどの「たるみ」。

続いてシミやくすみなど「美白」、目尻やおでこの「シワ」が挙がります。

そんな中、「フェイスラインのたるみ」についての気になるデータが!

顔周りの中でも、特にフェイスラインは自分では気が付きにくく、実はたるんでいるという事実を見過ごしているのだそうです。

自分は大丈夫と思っている方も、もしかしたらアノ角度から見ていないだけかも……?

資生堂グループのクレ・ド・ポー ボーテが実施した「フェイスラインのケアに関する意識調査」(2018年7月、30~50代の女性1000名対象)からご紹介します。

なお、オトナサローネは9月20日から「特集・オトナのたるみケア」を配信します。お楽しみに!

 

実は見過ごされている!「フェイスラインのたるみ」ケア

まずは問題のアウトラインから。現在気になる肌悩みとして、「フェイスラインのたるみ」を回答した人は20.5%で、8つの肌悩み中5位でした。シミ・そばかす(53.1%)や毛穴(38.4%)、ほうれい線(31.8%)、乾燥(27.6%)と比べ、低い結果に。

 

「フェイスラインのたるみ」のケア実態はいかに……?

「フェイスラインのたるみ」のケア実態を尋ねたところ、「フェイスラインのたるみ」に対して特にケアを行っていない人の割合は59.9%と、ほとんどの人がケアを行っていないことが分かりました。

 

「フェイスラインのたるみ」は、意識している人も大変少なく、実際にケアを行っている人も少なくなっていることから、多くの人が見過ごしていることがわかります。

 

自分は気にしていなくても、他人には見られている⁉

上記の調査結果で、自分の「フェイスラインのたるみ」を気にしている人が少ないことが分かりました。しかし、一方では久しぶりに会った友人など、自分以外の女性の肌を見たとき、年齢を感じるポイントについて尋ねたところ、「フェイスラインのたるみ」と回答したのはなんと、44.4%

 

ほうれい線(59.4%)に次いで第2位と同率の2位の目元のシワ(44.4%)と同様に、多くのひとが「フェイスラインのたるみ」をみて、年齢を感じていることが分かりました。

 

「フェイスラインのたるみ」は、「他人のフェイスラインのたるみ」には気づく人が多い一方で、「自分自身のフェイスラインのたるみ」には気づかない人が多く、自己認識と他者認識ではギャップが大きいことが分かりました。

 

「フェイスラインのたるみ」は、客観的に見て初めて気が付く

年齢による顔の形状変化を客観的に示したシミュレーション動画を見る前後で、「フェイスラインのたるみ」に対する意識が、どう変化するかを調査!

 

視聴前に、10年後深刻化しそうな3大肌悩みとして「フェイスラインのたるみ」をあげた人は、わずか34.0%でした。視聴後に、同じ質問で「フェイスラインのたるみ」をあげた人は1.7倍の57.9%となりました。

 

「フェイスラインのたるみ」の深刻さは、多くの人にとって客観的なシミュレーションを見るまで気づかない盲点となっていたことが分かります。

 

自分で「フェイスラインのたるみ」に気付くためには?

上の図は、同一人物の正面から見た顔と斜め45度から見た顔の写真です。正面から見る顔より、斜め45度から見る顔のほうが、加齢からくる肌のたるみによる影が目立つため、老けて見えることが分かります。

 

しかし、多くの女性達が普段は正面からしか自分の顔を見えることがないので、普段見慣れている「自分目線」の正面顔「他人目線」の斜め45度顔で、自分の年齢印象が異なることに気が付いていません。

 

ですので、日頃鏡で見ているだけでは、「フェイスラインのたるみ」の深刻さに気付くことは難しく、ケアを怠ってしまう人も多いのです。ですので、鏡で見るときは斜め45度から見てみると「フェイスラインのたるみ」に気が付くことができるかもしれません!

 

フェイスラインのケアの実態!ほとんどの人が……。

「フェイスラインのたるみ」を気にしていない!見過ごしている!と上記で書いてきましたが、なんと。フェイスラインのケアを行っている人でも、ほとんどの人が今のケアに満足していないそう……。

 

フェイスラインののケアを行っていると答えた人のうち、効果的なフェイスラインのケアができていないと思うと答えた人は85.5%にのぼり、ケアをはじめている人でも、ほとんどの人が今のケアに満足していないという結果に。

 

その理由は、第1位が「どのような対策が効くのか分からないから(61.5%)」第2位が「効果が見えづらいから(44.0%)」でした。これは、フェイスラインのケアをやってもやらなくても同じような……と思ってしまうかもしれませんが! 「たるみ」があるだけで、やはり老け見えはしてしまうもの。

 

どうしたらいいの……と思っている方は、これからのOTONA SALONEの「特集オトナのたるみケア」もお楽しみに!40代の実感や、みんなが試して効果があった対策を紹介していきます!

 

 

<調査概要>
■サンプル数 :1,000人
■調査対象 :30~50代の女性
■調査方法 :インターネット調査
■調査時期 :2018年7月

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

ナチュラルメイクの落とし穴! 塗るだけで「うっかり5歳オバ見え化」を招く口紅選びの3大ワナ

「うっかりオバサン見え!」は、どんなメイクにおいても、絶対に避けたいのが私たちの本音。しかし、ナチュラルメイクを心がけるにあたって「塗るだけでオバサン」になりや…

実はやりがち!「オバサンに見える6つのNGメイク」あなたは大丈夫?

綺麗になるためにメイクをするのに「あれ……?オバサン見えしてる?」なんてことも……⁉そんなオバサン見えの落とし穴のNGメイクをご紹介します。時短美容を提唱する並木まきさんの、オバサン見えしてしまうメイクまと…

あなたは大丈夫?意外と知らない「敬語の間違い」TOP3とは?

あなたの日本語、基本的に間違っています!オトナサローネでいつも人気上位なのが「日本語の誤用」シリーズ。その中でも特に人気の記事をご紹介します。あなたもその敬語が間違いだとは知らずに使っているかも......…

ZARAで見つけた!働く女性の3大シーンにピッタリの秋最旬トップス3選【今日のZARA】

夜、窓を開けて寝たら、明け方寒くて目が覚めてしまいました。そろそろ長袖を追加で2枚3枚買いたいタイミングですよね。『会議や打ち合わせ』・仕事終わりの『デート』、『女子会ディナー』と働く女性にありそうなシ…

【それは痛いオバサンだ…】「40代がリアルに青ざめた」20のエピソード・オトナ組

執筆陣も「40代の働く女性」なオトナサローネ。その執筆陣チーム「オトナ組」が答える【オトナ組アンケート】は、40代のリアルな知恵と体験にあふれています。今回は、みなさんが「痛いおばさん」だなと思ったエピソ…

ウーロンハイとハイボール、太りにくいのはどっち?知るだけでやせる9つのQA

ちりも積もれば山となる、という言葉があります。やせぐせは、日々の蓄積。ほんの些細な情報でも知っていれば、たとえば飲食店で食べるものに迷ったときに、カラダにプラスになる選択ができるはず。どうせ食べるなら…

CAに学ぶ!簡単に「好感度」がグッと上がるモテる条件とは?

放っておいても上がらないけれど、ガサツにしているとガンガン下がっていくのが「好感度」。40代も後半に差し掛かると、ただブスっとした顔で座っているだけで「こわいオバサンがいるな……」と自動的に敬遠されます。…

気がつけば、健康に1年で20kgやせていた!麻生流食べ方テクニックとは⁉

管理栄養士の麻生れいみ先生は、30代の後半、仕事のストレスで体重が65㎏にふえてしまい、ひざが痛くなったり、腰痛に悩むほど太っていた時期があったそうです。ところが37歳のとき、ある食事をきっかけに、それから…

秋を感じ始めた日、すぐ買い足したいアイテム3選【今日のZARA】

つい先日まであれだけ猛暑だったのに、一転してちょっと肌寒いくらいの気温に!慌てて長袖をひっぱり出している人も多いのではないでしょうか。でも、春着ていたアイテムをいま見てみると、やっぱりなんだかちょっと…

秋だから気をつけたい「オバサン化」現象って?【今週の人気記事】

ただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週も引き続き、LOVEの記事が人気なのと、季節の変わり目だからかFASHIONの記事が人気でした!そんな秋に近づいた週、働く40代女性がいちばん読んだ人気記事ト…

みんながやっている「若見えするコツ」は、今すぐできるものばかり⁉【オトナ組アンケート】

執筆陣も「40代の働く女性」なオトナサローネ。その執筆陣チーム「オトナ組」が答える【オトナ組アンケート】は、40代のリアルな知恵にあふれています。今回はみなさんの「若見えするコツ」を聞いてみました。髪の毛…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事