今すぐ捨てて…! 40代女性をオバ見えさせる「2018秋のNGコスメリスト」

夏から秋にシフトしつつある今の時期は、“コスメの衣替え”にも、ぼちぼち手をつけたい頃合い。

季節の変わり目には、直前の流行メイクをしているだけで古臭い顔にも見えやすいことから「ダサいオバサン!」なんて不名誉なイメージを醸し出さないためには、速攻処分したいコスメもあります。

「そろそろ秋仕様にシフトしたいけれど、夏のコスメも余っているし……」にお心当たりがある40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、40代女性が今スグ手放すべき、2018秋のオバ見えコスメに迫ります。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

使っているだけでオバ見えリスク1:太陽のもとで遊びメイクに映えた「鮮やか発色のカラフルアイライナー」

 

この夏は大人メイクでも、久しぶりにカラフルな色合いを取り入れたアイテムの当たり年でした。

それだけに、普段は手に取らないようなグリーンやピンクのアイライナーで、遊びのあるメイクを満喫した40代女性も少なくないことでしょう。

鮮やかな発色のアイラインは、さんさんと照るお日様のもとでは、健康的かつフレッシュなイメージを出してくれる便利な存在でもありましたよね。

しかし秋の気配が深まってきた今も、こういった鮮やかカラーのアイライナーを使っているなら、今すぐストップを。

直前の夏に流行っただけに、メイクをアップデートしていないのがバレバレになる上に、秋の風情とチグハグな印象が強くなることから「ただの派手好きなオバサン」に見えるリスクが大きいのです。

アイライナーはよほど頻繁に使わないと、ひと夏では使いきれないアイテムの代表格でもありますが、“オバ見え”と天秤にかけたときには潔く処分するのが正解。

 

使っているだけでオバ見えリスク2:バブル時代より上品なメイクができた「深みのあるブルーアイシャドウ」

 

この夏には、バブル時代の流行よりもグッと深みが出たブルーもトレンドアイシャドウとしてリアルに人気がありました。

淡い水色系のシャドウに比べ、大人っぽくミステリアスな目元を彩るのにも重宝していた40代女性も少なくないはず。

しかしこれも、秋になったら真っ先に手放したいコスメの代表格です。

もともとブルーのアイシャドウは、40代が使うと“バブルの名残”に見えやすい難しいカラーだけに、がっつり流行している時期でない限りは、避けたほうが無難な色でもあります。

この秋にブルーを目元に入れるなら、“くすみ”のある色合いがベター。

もはや「夏のブルー」は、潔く手放すタイミングです。

 

使っているだけでオバ見えリスク3:塗るだけで旬なメイクになった「パステルピンクのアイシャドウ」

 

春夏からジワジワと人気が高まったのが、ピンクなどの暖色系のアイシャドウ。

40代の目元にはとっつきにくそうに見えながらも、実際に塗ってみると、若見えする上に優しい印象に仕上がるとあって、大人世代からも人気が集まっていました。

この秋も、そんな流れは継承されていて、暖色系のアイシャドウを使った目元のトレンドは健在です。

しかし夏場には旬に思えた「パステルピンク」のアイシャドウを、秋にも継続して使い続けるのは、オバ見えリスク大。

深みのある色合いよりも“腫れぼったさ”は回避しやすい発色ながら、春夏に流行しまくったこともあって、今だと「古臭いオバサン」「流行遅れのオバサン」に見えやすい色です。

この秋に暖色アイメイクを楽しむなら、ボルドー寄りのピンクなど、夏場よりも“深みのある色”を手にとって。

 

メイクアップコスメは、ひと夏で使いきれないものも多いけれど「メイクのせいでオバ見え」を回避するならば、最初に衣替えしておきたい部分でもあります。

季節の変わり目には、肌よりも眉よりも、まず“色物”のアップデートから手をつけるようにすると、うっかりオバ見えのリスクが下がります。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

植松晃士「疲れたオバさん」にならない! 40代から見直すべき大切なこと。 

みなさん、こんにちは。植松晃士です。バテそうな毎日。熱中症の話題がひきもきりませんが、40代以上になったら、やっぱり体力や免疫力って必要ですよね~。さて。今回は疲…

「ごめん…汚いオバサンにしか見えないかも」男が嫌悪感を抱く40代女性のメイク3例

メイクの仕上げ方によって「この人って、こんなタイプなんだろうな」を推測される要素になるのも実情。パッと見たときに「イケてないメイク」だと感じさせてしまえば、男性たちからは「汚いオバサンにしか見えないん…

若見えの極意ココにあり⁉︎ 「気づけばおばさん」を回避する目周りのちょこっとメイクテク3選

きちんとメイクをしている女性でも「なんだか、オバサンくさい」「あの人って、生活感のあるオバサンにしか見えないよね」などとざんねんな印象を周囲に与えていることも、しばしば。せっかくメイクをするならば、40…

30代までは不要でも…40代になったら絶対に「手元にあったほうがいい」コスメ3選

年齢を重ねるごとに「若い頃と、なんとなく肌がちがう」を感じる女性は少なくありません。ちまたにあふれているコスメも、“そのときの自分”に適しているか否かの視点で選ぶようにすると、無駄買いを防ぎつつも、効率…

やりすぎ…! 40代女性の「義母の美容」にまつわる暴走おせっかい3選

40代女性のパートナーの親世代となると、60代後半から70代、場合によっては80代の女性もいらっしゃいます。日ごろから美意識が高い女性ほど、彼や夫の母親との美容談義にも花が咲くものですが、ちまたには「よかれ」…

定番でもデンジャラス…? 男が内心「うーん」と思っている40代女性のデイリーメイク3選

20代や30代の女性がしていると「ちょっとざんねん」で済むのに、40代女性がしていると「痛いオバサン」などと男性からの強烈な不評を招きがちなメイクもあるのが実情です。トレンドを追いすぎて「若づくり?」などの…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事