気づけばおばさん! 40代女性の「老け見えメイク」うっかり秋にやりがちな3選

秋の気配が、日ごとに深まってきている今日この頃。

メイクでも、先月までより“秋っぽさ”を意識している40代女性は、少なくないことと思います。

ところが、この時期に、実はやりがちなおばさん見えするメイクの罠も!

「まだ完全には、秋コスメにアップデートできていません」にお心当たりがある40代女性のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は、夏の終わりから秋にかけて、うっかりやりがちなおばさんメイクの特徴に迫ります。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

気づけばおばさん1:パウダーで肌色を調整していて粉っぽさが目立つ

 

夏の間は、UV対策をしていても、他の季節に比べてどうしても肌色が濃くなりがち。

ファンデーションの色選びでは、1年のうちでもっとも“濃い色”を手に取っている女性も、少なくありません。

そして、秋になって肌色が落ち着いてくるにつれ、徐々に本来の自分の肌色に戻ってくることから、ファンデを秋仕様にする前には、パウダーなどで肌色を調整しているかたもいらっしゃいます。

しかし、濃いめのベースにパウダーを加えて色を調整すると、肌との密着感によっては、どうしても粉っぽく見えがちなのは否めません。

粉っぽい肌は、光の加減によって白浮きしているように見えやすいだけでなく、生活感や年齢をも感じさやすく、自分が思っている以上に、おばさん見えさせている罠が潜みます。

濃いめファンデを使いつつ肌色を調整するときには、上から塗る粉で色を変えるのではなく、ファンデに下地を混ぜて色みを調整したほうが、時短な上に仕上がりが自然に見えやすいです。

 

気づけばおばさん2:口紅だけがダークカラーで悪目立ちしている

 

手っ取り早く秋らしさをメイクで出そうと思うと、他のパーツメイクは夏のままでも「口紅くらいは、秋の色に変えよう」と思いがち。

確かに、口もとの色に深みがあるだけで、メイクにはグッと季節感が出るのも間違いありません。

しかし、アイシャドウやチークなどが“夏仕様”のままなのに、口紅だけが深みのあるレッドやブラウンなどの「秋色」に変わっていると、チグハグな印象を出しつつ、口もとだけが悪目立ちしてしまっているパターンもチラホラ。

全体的なトーンにまとまりがなく、張り切りすぎているイメージや痛々しさだけがひとり歩きし、おばさん臭い印象を与えやすいのです。

口紅の色みを変えるなら、アイシャドウやチークなど他のカラーアイテムもアップデートするのを怠りなく。

 

ウッ、それは今日の私です…次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事