この秋試したい!カラカラに乾いたアラフォー肌を救う”乳液先行”スキンケア

秋の気配も深まり、もう少しであのカラカラな空気に苦しむ冬がやってきます。

季節の変わり目は肌の調子が不安定になりやすいもの。普段は混合肌の筆者ですが、早くも乾燥が気になり始めました。

仕事に家庭に、何かと忙しいけれどスキンケアは手を抜きたくない。そして、できれば肌に優しいものを使いたい。

そんな願いを叶えてくれたのは、“乳液先行型”のスキンケアでした。

 

アラフォーになって気づいた、私の肌質の変化

40代の現在は混合肌の私ですが、10代はオイリー肌で、ニキビに悩まされてきました。20代以降はやや収まり、顔の中心はテカるけれど頬はかさつく混合肌にシフト。スキンケアはニキビ予防にも気をつけながら、テカリ防止を重視していました。

しかし、30代後半で出産してから急に苦しめられるようになったのが、「肌の敏感さ」です。

フェイスラインに吹き出物ができたり、髪の毛の刺激でかゆくなったり。なので、スキンケアは低刺激を重視して慎重に選ぶようになりました。

 

ところが、40代に入ったある日、突然、それまでの化粧水が「肌になじまないな」と感じる瞬間がきました。

何だか肌の表面に乗っているだけのような感じで、「浸透*している」実感がないのですね。

もちろん、その後つける乳液も今までのもっちり感がなく、物足りなさを覚えました。

 

思い当たるのは、「乾燥」。

 

特に季節の変わり目は免疫力が低下し、体調そのものも崩しやすい私にとって、肌の乾燥は大変なストレスです。肌荒れを防ごうとノーメイクですごす日も増えましたが、それでもヒリヒリと痛むことさえありました。

顔色がすぐれないせいか、夫から「具合、悪いの?」と訊かれることも。

ですが、いざスキンケアを見直すといっても、これ以上肌の乾燥が悪化するのは困る。失敗はしたくない、というより「できない」のです。

じっくり比較して選ぶような時間もないし、と悩んでいたときに出会ったのが、ロゼットの新ライン「オウンセラ」でした。

 

「乳液から先に使う」セラミドサンドイッチなスキンケア

ロゼット、と聞くと洗顔料を思い浮かべる女性も多いのではないでしょうか。

1929年に日本で初めてクリーム状洗顔料を発売したロゼットの「洗顔パスタ」は、筆者も若い頃に何度も使ったことがあるロングセラーの商品です。

そんなロゼットがスキンケアラインとして発売しているのが、「オウンセラ」。

私がまず気になったのが、“乳液先行“での使い方でした。

これまで使っていた化粧品は、一般的なラインと同様、洗顔料の後は化粧水でしたが、「オウンセラ」は化粧水の前に乳液から肌に入れ込みます。

高い保湿力を持つ乳液を最初に使うことで肌を柔らかくし、その後に迎える化粧水がしっかり浸透*して、潤いの高まった肌を乳液かクリームでガードするステップ。

すべての商品に天然セラミド**がたっぷり使われており、いわば「セラミドサンドイッチ」で何重にも肌を守ってくれるのですね。

乳液は化粧水より油分が多く、いきなり肌に乗せてもベタベタするのでは、と思いましたが、今まで使っていた化粧水の肌への「入らなさ」を思い出すと「セラミドに頼ってみたい」という気持ちになりました。

商品の詳細はこちらからチェック

 

肌の揺らぎを抑え、潤いで満たしてくれる「オウンセラ」

「オウンセラ」はもともと皮膚科で使用する化粧水から生まれた商品で、乾燥敏感肌への保湿を第一に考えて作られています。

合成セラミドでは不可能な柔らかい膜は、天然セラミド**だからこその潤いで肌を優しく満たし、乾燥を寄せつけません。

ラインナップは、

  • モイスチャーミルククレンズ(メイク落とし)
  • マイルドケアウォッシュ(洗顔料)
  • バランシングミルク(乳液)
  • アクアトリートメント(化粧液)
  • リペアフィルム(保湿クリーム)

の5種類。

「洗浄+3ステップ」のシンプルなスキンケアで、忙しい朝もさっと肌を整えることができます。

実感1・「洗顔」は洗いあがりもうるうる、もっちり

オウンセラ マイルドケアウォッシュ 100g 1,944円

まず、洗顔ネットに「マイルドケアウォッシュ」を3センチほど出したら、水かぬるま湯を少量ずつ加えながら泡立てていきます。

立ち上がる泡は、柔らかいけど弾力があり、顔に広げてもしっかり留まってくれます。

肌を直接こすらないよう泡で包み込むようにして汚れとなじませ、洗い流すとしっとりとした肌に。

このとき実感したのは、タオルで水分を拭き取った後も突っ張らずに潤いを感じられることです。

もちっと指を押し返してくる肌の感触が気持ちいい……。

 

実感2・「先に乳液」はぐんぐんしみこんで肌柔らか!

オウンセラ バランシングミルク 110mL 3,456円

次に、いよいよ「乳液先行型」のバランシングミルク(乳液)です。手に出すと、ゆるすぎず滑らかなテクスチャ。両頬、おでこ、あごと置き、顔全体にまんべんなく広げるとぐんぐんと肌が吸い込んでいくのがわかります。

想像していたベタベタは肌に残らず、しっとり、もっちりとした感触になるのは、天然セラミド**だけでなくホホバオイル**やヒアルロン酸***などの美容成分も豊富に入っているから。

最後に手のひらで顔全体を優しくプッシュすると、より柔らかな肌を実感できました。

 

 

実感3・「化粧液」は濃厚。ハリ感回復?

オウンセラ アクアトリートメント 150ml 3,240円

そしてアクアトリートメント(化粧液)。

さらっとしているけど、バシャバシャせず重さのあるテクスチャです。「化粧水」ではなく「化粧液」とついているのは、この濃厚さが理由。

肌に広げるとすっとなじみ、先に入れ込んだ乳液と相性が良いのがわかります。

このアクアトリートメントは、天然セラミド**をより微小にすることで角層までの浸透*が高まる工夫がされています。乳液の後に使うことで、さらにセラミドの保湿力を引き出すことができるのですね。

ほかにも、5種類の天然保湿因子やカラギーナンなどの保湿成分を配合。どこまでも乾燥を防ぎ、肌を潤いで満たすことが考え抜かれています。

アクアトリートメントを肌に入れ込むと、ふっくらとしたハリを感じました。天然セラミド**が重なったことで、肌が持ち上がった感じです。

 

 

実感4・最後はクリームか乳液を選んで仕上げ!

オウンセラ リペアフィルム 45g 3,888円

最後に、リペアフィルム(保湿クリーム)か乳液、どちらかを選んで仕上げます。

化粧液で角層までしっかり潤ったあとは、ふたたび乳液を使えばさっぱりと、保湿クリームを使えばよりしっとりとした肌に仕上げることができます。

筆者はもっと保湿力が欲しかったので、保湿クリームを使うことにしました。

中蓋付きで清潔さを保ってくれるリペアフィルムは、指に取ると固めのテクスチャ。スパチュラを用意すればさらに衛生的です。

クリームなのに固いなと思ったけど、肌に滑らせると体温で溶けてすっとなじんでいきます。これは気持ちいい!

天然セラミド**と保湿成分を独自の技術でフィルム化した「セラミドフィルム®」が、ぴっと肌を覆ってくれる感じです。

化粧液を使いすぎてちょっと肌にベタつきが残っていたときも、リペアフィルムを重ねると吸収されるのか、つるり、しっとりとした肌になりました。これは感動……。

アクアトリートメントの後でバランシングミルクを使ったときは、リペアフィルムのような「もう一枚の肌」のような感触はないものの、もっちりふっくらして水分が整った肌に落ち着きます。

乾燥を避けたい冬はリペアフィルム、皮脂が気になる夏場はバランシングミルクと使い分けるのも良いですね。

 

ラインで使うとわかる!この「甦った」感覚

リペアフィルムまで使ったときの筆者の感想は、

「瑞々しさが甦った肌」

でした。

これまで使っていたスキンケア商品では物足りなかった、潤いや保湿成分がたっぷりと肌の角層まで浸透*し、内側から満たされた肌へ。

もちろんメイクのノリも良く、夕方まで乾燥知らず。メイクをしない日も肌が受ける刺激にイライラすることなく過ごせます。

とことん保湿にこだわる「セラミドサンドイッチ」は、肌の揺らぎを抑え、健やかな状態を保ってくれることを実感しました。

ノーメイクでも顔色が明るく見えるようになり、潤いって大事だなぁ、と改めて思います……。

試してみたい方はこちらから

 

皮膚科で使われる化粧水から誕生した「オウンセラ」の秘密

「オウンセラ」は、皮膚科で使われる天然セラミド**を用いた化粧水からヒントを得て、開発が進められました。

乾燥敏感肌で悩む人のために、より保湿力が高く潤いを逃さないスキンケアを。

そんな気持ちから最初に生まれたのがリペアフィルムであり、天然セラミド**が贅沢に入っており、美容成分も忘れずに加えられています。

ライン使いで天然セラミド**を余すことなく実感できる「オウンセラ」は、保湿力が高まることで肌をより強く、美しい状態へ導くことが目的です。

  • 「乳液先行型」のスキンケア
  • 肌への刺激となる成分は使わない
  • 天然セラミド**ならではの高い保湿力

これら「オウンセラ」の特徴は、乾燥しがちで肌が不安定になりがちな40代の女性にも、優しい使い心地で日々のスキンケアを楽しくしてくれるでしょう。

ロゼットが通信販売限定で開発した「オウンセラ」は、公式サイトより無料サンプルを請求できます。

まずは自分の肌に合うかどうか、サンプルで試してみるのも良いですね。

ほかにも、バランシングミルクとアクアトリートメント、リペアフィルムの3点がミニサイズのセットになった「ベーシックケア 3点セット」も用意されています。

筆者のように、「今までのスキンケアでは物足りなくなった」、また「乾燥が気になる」「肌に優しいスキンケアを知りたい」と悩む40代の女性は、今年は「オウンセラ」を試してみてはいかがでしょうか?

ご購入はこちらから

 

*浸透 … 角層まで
**天然セラミド/ホホバオイル … 皮フ保護剤
***ヒアルロン酸 … 保湿剤

Sponsored by ロゼット株式会社

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

植松晃士「疲れたオバさん」にならない! 40代から見直すべき大切なこと。 

みなさん、こんにちは。植松晃士です。バテそうな毎日。熱中症の話題がひきもきりませんが、40代以上になったら、やっぱり体力や免疫力って必要ですよね~。さて。今回は疲…

「安いUV」でも効果は同じなの?日焼け止め剤と価格の話

紫外線のシーズンが本格化する前にUVカット剤をどう選ぶかも、アラフォーには重要な課題だといえます。日焼けやシミ・そばかすを防ぐだけではなく、将来の美肌をキープさせ…

「いや、ナシでしょ!」男が厳しい目を向けている40代女性の美容努力3パターン

女性は「美しく見せたい」と努力しているつもりでも、男性視線だと「いや、ナシでしょ!」と思いがちな美容もあります。そのなかには「若い子がしているのはかわいいけど、…

これをサボると即オバ見え! 40代こそ「手抜き厳禁」な真夏のケア3選

つい先日の記事では「暑い日には、時短美容ならぬ手抜き美容でも十分! ぜひ、ストレスフリーなスキンケアを実践してみて!」と提唱した私ですが、40代の肌には、どんなに…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」に合わせ…

フレンチネイルでも不評に…!? 男ウケ最悪な40代女性の「爪」3大NG

婚活を意識しているタイミングではなくとも、職場や取引先の異性から「ダメなオバサンっぽいなぁ」なんて思われるのは、できるだけ避けたいところ。男性から「これはなしだ…

植松晃士 ご注意!「生活感ある」オバ髪にならない方法

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回のコラムを読んで、さっそくセールに行った方はいらっしゃるかしら?ぜひ、新しいアイテムでフレッシュな自分を見つけてください…

植松晃士 春のメイク「美人とおブス」の差はコレで決まります!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は春ファッションについてお話したので、今回は春メイクのお話をさせていただきますね。プロが上手に使っているアレ大人の美醜を…

実録!年下男子が「イケると思っていたのに玉砕した」40代独女への片思い

「これなら告白してもOKをもらえる!」と確信を持っていたのに、実際にぶつかってみたらあえなく「NO」。何で!? と思うけど、そこには女性の気持ちを表面しか見ていなかった”油断”がありました。うまくいく恋愛に…

【男の本音】「恋愛に積極的になれない」のはこんな理由。人に言えない悩みのリアル

いくつになっても、恋愛を楽しみたい気持ちは男女変わりません。ですが、年齢を重ねれば重ねるほど、自分からアプローチできない、交際することにためらってしまうなど、「恋愛に積極的になれない」という人もいます…

オトナは「ゆるプロテイン」で美しく痩せる!【特集オトナの3kgやせ】

時間はあるしおせちは美味しいし……で油断するとすぐに太ってしまう年末年始。いつもより活動量が減ることで、増えた体重を運動で落とすのは難しい、と思いますよね。「このお正月で増えた2、3キロくらいを落としたい…

別れた彼女に「復縁を申し込みたくなる瞬間」、年下男子から40代独女のパターン

別れた女性のことをいつまでも忘れられない男性。関係が終わったときは「これで楽になれる」と思っていたのに、時間が経てば経つほど愛しさばかり募ってしまう。よりを戻したいと思っても、年下男子の場合は男らしさ…

この「あけおめ」はヤメテ。男性がウンザリした40代独女の非常識なご挨拶

新年を迎えると、会社の同僚や友人などに「明けましておめでとう」と連絡する女性は多いと思います。メールやLINEなどいろいろな手段はあるけど、考えたいのは受け取る側の気持ち。あまりに突飛だったりやりすぎだっ…

「ないわ~」男性がドン引きした40代独女の「飲み会後の”ウラ”会話」3つ

職場の忘年会や友達同士の飲み会など、何かと集まる機会が増える年末。その場では楽しく盛り上がったけど、後になって「あれさ~」とコソコソと”ダメ出し”をすることってありませんか?どうしても言いたいことがある…

年下男子が戦慄!40代独女の「終業時に見かけた”超オバサン”」な振る舞い3つ

終業の時間がきて、ホッと一息。さあ帰ろうかというとき、職場のアラフォー女性がおかしなことをしていて「またか……」とため息をつく。こんな年下男子に話を聞くと、「自分のことしか考えていない」のが”オバサン“と…

男性にとっても大問題!40代独女と付き合うときの”性欲“、ここに悩んでます

お付き合いになれば、避けて通れないのがベッドでの時間。男性にとって、好きな女性を抱けるのはもちろん嬉しいことだけど、気になるのがお互いの欲。「望んでいるのが自分だけだったら」「彼女のほうが積極的だった…

男性に「恥ずかしい!」と思われる40代独女の「冬のヘアメイク」3つ

寒くなると、ロングヘアの人なら髪をおろしてみたりパーマで軽さを出してみたり、夏とはアレンジを変えるという女性も多いでしょう。首元を温めたくなる冬は、マフラーなど小物と髪型とのバランスも大切。ですが、凝…

どうして?「距離感」を大切にしてきたはずの40代独女が幸せになれないワケ

恋愛には相手との「距離感」を間違えないことが大切。そう思って頑張っているのに、なぜかいつも男性が離れてしまう。アプローチもしているし、LINEの返信も合わせているし、ちゃんと”ちょうどいい離れ具合”を考えて…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事