この秋試したい!カラカラに乾いたアラフォー肌を救う”乳液先行”スキンケア

秋の気配も深まり、もう少しであのカラカラな空気に苦しむ冬がやってきます。

季節の変わり目は肌の調子が不安定になりやすいもの。普段は混合肌の筆者ですが、早くも乾燥が気になり始めました。

仕事に家庭に、何かと忙しいけれどスキンケアは手を抜きたくない。そして、できれば肌に優しいものを使いたい。

そんな願いを叶えてくれたのは、“乳液先行型”のスキンケアでした。

 

アラフォーになって気づいた、私の肌質の変化

40代の現在は混合肌の私ですが、10代はオイリー肌で、ニキビに悩まされてきました。20代以降はやや収まり、顔の中心はテカるけれど頬はかさつく混合肌にシフト。スキンケアはニキビ予防にも気をつけながら、テカリ防止を重視していました。

しかし、30代後半で出産してから急に苦しめられるようになったのが、「肌の敏感さ」です。

フェイスラインに吹き出物ができたり、髪の毛の刺激でかゆくなったり。なので、スキンケアは低刺激を重視して慎重に選ぶようになりました。

 

ところが、40代に入ったある日、突然、それまでの化粧水が「肌になじまないな」と感じる瞬間がきました。

何だか肌の表面に乗っているだけのような感じで、「浸透*している」実感がないのですね。

もちろん、その後つける乳液も今までのもっちり感がなく、物足りなさを覚えました。

 

思い当たるのは、「乾燥」。

 

特に季節の変わり目は免疫力が低下し、体調そのものも崩しやすい私にとって、肌の乾燥は大変なストレスです。肌荒れを防ごうとノーメイクですごす日も増えましたが、それでもヒリヒリと痛むことさえありました。

顔色がすぐれないせいか、夫から「具合、悪いの?」と訊かれることも。

ですが、いざスキンケアを見直すといっても、これ以上肌の乾燥が悪化するのは困る。失敗はしたくない、というより「できない」のです。

じっくり比較して選ぶような時間もないし、と悩んでいたときに出会ったのが、ロゼットの新ライン「オウンセラ」でした。

 

「乳液から先に使う」セラミドサンドイッチなスキンケア

ロゼット、と聞くと洗顔料を思い浮かべる女性も多いのではないでしょうか。

1929年に日本で初めてクリーム状洗顔料を発売したロゼットの「洗顔パスタ」は、筆者も若い頃に何度も使ったことがあるロングセラーの商品です。

そんなロゼットがスキンケアラインとして発売しているのが、「オウンセラ」。

私がまず気になったのが、“乳液先行“での使い方でした。

これまで使っていた化粧品は、一般的なラインと同様、洗顔料の後は化粧水でしたが、「オウンセラ」は化粧水の前に乳液から肌に入れ込みます。

高い保湿力を持つ乳液を最初に使うことで肌を柔らかくし、その後に迎える化粧水がしっかり浸透*して、潤いの高まった肌を乳液かクリームでガードするステップ。

すべての商品に天然セラミド**がたっぷり使われており、いわば「セラミドサンドイッチ」で何重にも肌を守ってくれるのですね。

乳液は化粧水より油分が多く、いきなり肌に乗せてもベタベタするのでは、と思いましたが、今まで使っていた化粧水の肌への「入らなさ」を思い出すと「セラミドに頼ってみたい」という気持ちになりました。

商品の詳細はこちらからチェック

 

肌の揺らぎを抑え、潤いで満たしてくれる「オウンセラ」

「オウンセラ」はもともと皮膚科で使用する化粧水から生まれた商品で、乾燥敏感肌への保湿を第一に考えて作られています。

合成セラミドでは不可能な柔らかい膜は、天然セラミド**だからこその潤いで肌を優しく満たし、乾燥を寄せつけません。

ラインナップは、

  • モイスチャーミルククレンズ(メイク落とし)
  • マイルドケアウォッシュ(洗顔料)
  • バランシングミルク(乳液)
  • アクアトリートメント(化粧液)
  • リペアフィルム(保湿クリーム)

の5種類。

「洗浄+3ステップ」のシンプルなスキンケアで、忙しい朝もさっと肌を整えることができます。

実感1・「洗顔」は洗いあがりもうるうる、もっちり

オウンセラ マイルドケアウォッシュ 100g 1,944円

まず、洗顔ネットに「マイルドケアウォッシュ」を3センチほど出したら、水かぬるま湯を少量ずつ加えながら泡立てていきます。

立ち上がる泡は、柔らかいけど弾力があり、顔に広げてもしっかり留まってくれます。

肌を直接こすらないよう泡で包み込むようにして汚れとなじませ、洗い流すとしっとりとした肌に。

このとき実感したのは、タオルで水分を拭き取った後も突っ張らずに潤いを感じられることです。

もちっと指を押し返してくる肌の感触が気持ちいい……。

 

実感2・「先に乳液」はぐんぐんしみこんで肌柔らか!

オウンセラ バランシングミルク 110mL 3,456円

次に、いよいよ「乳液先行型」のバランシングミルク(乳液)です。手に出すと、ゆるすぎず滑らかなテクスチャ。両頬、おでこ、あごと置き、顔全体にまんべんなく広げるとぐんぐんと肌が吸い込んでいくのがわかります。

想像していたベタベタは肌に残らず、しっとり、もっちりとした感触になるのは、天然セラミド**だけでなくホホバオイル**やヒアルロン酸***などの美容成分も豊富に入っているから。

最後に手のひらで顔全体を優しくプッシュすると、より柔らかな肌を実感できました。

 

 

実感3・「化粧液」は濃厚。ハリ感回復?

オウンセラ アクアトリートメント 150ml 3,240円

そしてアクアトリートメント(化粧液)。

さらっとしているけど、バシャバシャせず重さのあるテクスチャです。「化粧水」ではなく「化粧液」とついているのは、この濃厚さが理由。

肌に広げるとすっとなじみ、先に入れ込んだ乳液と相性が良いのがわかります。

このアクアトリートメントは、天然セラミド**をより微小にすることで角層までの浸透*が高まる工夫がされています。乳液の後に使うことで、さらにセラミドの保湿力を引き出すことができるのですね。

ほかにも、5種類の天然保湿因子やカラギーナンなどの保湿成分を配合。どこまでも乾燥を防ぎ、肌を潤いで満たすことが考え抜かれています。

アクアトリートメントを肌に入れ込むと、ふっくらとしたハリを感じました。天然セラミド**が重なったことで、肌が持ち上がった感じです。

 

 

実感4・最後はクリームか乳液を選んで仕上げ!

オウンセラ リペアフィルム 45g 3,888円

最後に、リペアフィルム(保湿クリーム)か乳液、どちらかを選んで仕上げます。

化粧液で角層までしっかり潤ったあとは、ふたたび乳液を使えばさっぱりと、保湿クリームを使えばよりしっとりとした肌に仕上げることができます。

筆者はもっと保湿力が欲しかったので、保湿クリームを使うことにしました。

中蓋付きで清潔さを保ってくれるリペアフィルムは、指に取ると固めのテクスチャ。スパチュラを用意すればさらに衛生的です。

クリームなのに固いなと思ったけど、肌に滑らせると体温で溶けてすっとなじんでいきます。これは気持ちいい!

天然セラミド**と保湿成分を独自の技術でフィルム化した「セラミドフィルム®」が、ぴっと肌を覆ってくれる感じです。

化粧液を使いすぎてちょっと肌にベタつきが残っていたときも、リペアフィルムを重ねると吸収されるのか、つるり、しっとりとした肌になりました。これは感動……。

アクアトリートメントの後でバランシングミルクを使ったときは、リペアフィルムのような「もう一枚の肌」のような感触はないものの、もっちりふっくらして水分が整った肌に落ち着きます。

乾燥を避けたい冬はリペアフィルム、皮脂が気になる夏場はバランシングミルクと使い分けるのも良いですね。

 

ラインで使うとわかる!この「甦った」感覚

リペアフィルムまで使ったときの筆者の感想は、

「瑞々しさが甦った肌」

でした。

これまで使っていたスキンケア商品では物足りなかった、潤いや保湿成分がたっぷりと肌の角層まで浸透*し、内側から満たされた肌へ。

もちろんメイクのノリも良く、夕方まで乾燥知らず。メイクをしない日も肌が受ける刺激にイライラすることなく過ごせます。

とことん保湿にこだわる「セラミドサンドイッチ」は、肌の揺らぎを抑え、健やかな状態を保ってくれることを実感しました。

ノーメイクでも顔色が明るく見えるようになり、潤いって大事だなぁ、と改めて思います……。

試してみたい方はこちらから

 

皮膚科で使われる化粧水から誕生した「オウンセラ」の秘密

「オウンセラ」は、皮膚科で使われる天然セラミド**を用いた化粧水からヒントを得て、開発が進められました。

乾燥敏感肌で悩む人のために、より保湿力が高く潤いを逃さないスキンケアを。

そんな気持ちから最初に生まれたのがリペアフィルムであり、天然セラミド**が贅沢に入っており、美容成分も忘れずに加えられています。

ライン使いで天然セラミド**を余すことなく実感できる「オウンセラ」は、保湿力が高まることで肌をより強く、美しい状態へ導くことが目的です。

  • 「乳液先行型」のスキンケア
  • 肌への刺激となる成分は使わない
  • 天然セラミド**ならではの高い保湿力

これら「オウンセラ」の特徴は、乾燥しがちで肌が不安定になりがちな40代の女性にも、優しい使い心地で日々のスキンケアを楽しくしてくれるでしょう。

ロゼットが通信販売限定で開発した「オウンセラ」は、公式サイトより無料サンプルを請求できます。

まずは自分の肌に合うかどうか、サンプルで試してみるのも良いですね。

ほかにも、バランシングミルクとアクアトリートメント、リペアフィルムの3点がミニサイズのセットになった「ベーシックケア 3点セット」も用意されています。

筆者のように、「今までのスキンケアでは物足りなくなった」、また「乾燥が気になる」「肌に優しいスキンケアを知りたい」と悩む40代の女性は、今年は「オウンセラ」を試してみてはいかがでしょうか?

ご購入はこちらから

 

*浸透 … 角層まで
**天然セラミド/ホホバオイル … 皮フ保護剤
***ヒアルロン酸 … 保湿剤

Sponsored by ロゼット株式会社

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

痛くならない「若見え」する40代のヘアルール5選

流行を取り入れたファッションを楽しみたいし、季節ごとに新色のリップやアイシャドウをゲットしたい。ヘアスタイルだって、たまには冒険してみたい。40代はまだ老け込むに…

植松晃士「疲れたオバさん」にならない! 40代から見直すべき大切なこと。 

みなさん、こんにちは。植松晃士です。バテそうな毎日。熱中症の話題がひきもきりませんが、40代以上になったら、やっぱり体力や免疫力って必要ですよね~。さて。今回は疲…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

「いや、ナシでしょ!」男が厳しい目を向けている40代女性の美容努力3パターン

女性は「美しく見せたい」と努力しているつもりでも、男性視線だと「いや、ナシでしょ!」と思いがちな美容もあります。そのなかには「若い子がしているのはかわいいけど、…

「安いUV」でも効果は同じなの?日焼け止め剤と価格の話

紫外線のシーズンが本格化する前にUVカット剤をどう選ぶかも、アラフォーには重要な課題だといえます。日焼けやシミ・そばかすを防ぐだけではなく、将来の美肌をキープさせ…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」につ…

愛される40代独女は「自然体」?男性目線でグッとくるところを聞いてみた

「自然体の女性はモテる」とよく耳にしますが、実際に”自然体”ってどんな状態のことを指すのでしょうか。程よく気の抜けた自分を見せているつもりでも、男性から見れば意外と「演出している」ことはバレてしまうもの…

春デートのココでバレる!男もガッカリな40代独女の「カン違い態度」3選

あたたかい陽気が続くようになると、春の訪れを感じますね。冬の間は出不精だった人でも、春になるとお出かけしたくなるという男女は多く、デートの機会も増えるもの。ですが、イベントが多い春デートではちょっとし…

やらかした!40代独女が大慌てになった「花粉症のときの失敗談」6選

今年も花粉症のつらい症状に悩む40代独女は多いと思います。特に今年は花粉の飛散量が多く、「薬が効かない」「去年よりひどい」という声がちらほら。くしゃみや鼻水などで集中力が下がる花粉症の症状は、思わぬ失態…

これぞオバ見え!男性がショックを受けた40代独女のアクセって?

仕事でもプライベートでも、リングやピアスなどのアクセサリーを身につける女性は多いと思います。自分では似合うと思っていても、男性が目にして思わず「え、それ!?」とショックを受けるようなものだったら……。男…

思わず惚れ直す……!オフィスで好感度の高い40代独女の”イメチェン”って?

転職や異動などで環境が変わる人の多い春は、イメチェンして心機一転を考える40代独女もいるかもしれませんね。これまでと同じ環境で過ごす人でも、雰囲気が変われば周りの人の目にも新鮮に映るもの。オフィスで男性…

「絶対やめてほしい」と男性が思う、40代独女の花粉症アピール

暖かくなってくると、花粉症に悩まされる人が多くなります。薬やマスクが手放せない、会社でも常に目薬をさしながらパソコン……なんて、ツラいですよね。ですが、周りに人がいるオフィスでは、花粉症のときもマナーが…

それアリなの…?男があ然とした40代独女の「オフィスの引き出しの中身」

オフィスのデスク、引き出しの中身は整理整頓していますか?頻繁に開け閉めするデスクの引き出しは、他人のところだとつい目がいってしまうもの。男性が思わずあ然となった40代独女の「引き出しの中身」には、その人…

なぜか職場で年下男子にモテる40代女。その「ヌケ方」の特徴は

年下男子にとって、40代の女性は恋心も尊敬の念も抱いてしまう存在。「交際がかなっても、ついていくのが大変かな」と思うと尻込みしてしまいますが、年上であっても同じ目線でお付き合いができそうな女性にはまっす…

ギョッ、オバサンスマホだ…僕は見たくなかった40代独女のアウトな「スマホ使い」

いまや生活の必需品ともいえるスマートフォン。持っていないという人のほうが少なくなりました。出番が増える一方で、その使い方が問題視されることもしばしば。SNSなどでは”マナー違反”が目立つ投稿を目にすること…

うーん、アウト。男性が「依存されそう」と思った40代独女の恋愛模様

ある人に好意を持っても、過去の恋愛話を聞いて「ちょっとアウトかな」と諦めてしまうことって、ないですか?良いお付き合いがイメージできないと、せっかく芽生えた好意も育ちにくいですよね。特に依存体質であるこ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事