「あなたのメールは読みにくい」と思われてる?ひらがなに直した方が良い言葉10選

毎日、私たちは様々な手段で、他社とコミュニケーションを取っています。その中で、文字によるコミュニケーション手段として、メールやSNS、文書や手紙などがありますが、圧倒的に多いのが「メール」によるコミュニケーションではないでしょうか。

みなさんは、一日にどれだけのメールに目を通しますか? メールを読んでいる時の集中力はそれほどしっかりしたものではなく、たいていの人は、先頭から一字一句なめるように読むのではなく、ざっと斜め読みをし、必要な情報をピックアップする感じかと思います。

そこで目の動きさえスムースにすることがわかりやすいメールの条件のひとつとなります。いったいどんな文章が読者の負担をかけないとされるのでしょうか。

 

ひらがなばかりではもちろんよみにくいのはわかる

私はネット上に教室がある国語教師です。小学生の子どもたちにはなるべく「漢字」や「熟語」を使うように指導しています。漢字や漢字を使った熟語というものは、非常に圧縮率の高いものです。

 

例えば「転倒」。これは「転ぶ」と「倒れる」が合体した熟語で、これを見た日本人はすぐに、転んだり倒れたりする様子を頭に思い浮かべるはずです。これを「てんとう」と書くと、「店頭」や「点灯」なども考えられますので、何を表した「てんとう」なのかを文の流れから、読み解く必要が出てきます。これが読者の負担です。

 

たしかにこれくらいならたいしたことはないと感じるかもしれませんが、例えば、同じようなことが一つの文章の中で30回起きたとすれば、それはかなりの読者負担になるはずです。そこで必要なことは漢字や熟語に直そうというのが、小学生向けの指導方法です。もちろん、習った漢字を使うという練習の場の意義もあります。「ならったかんじをつかうというれんしゅうのばのいぎもあります」これでは意味が頭の中にすーっと入ってこないですよね。

 

漢字多用文章も勿論読み難い

私は大人の文章指導もしているのですが、今度は逆に変なところで漢字を使っている人が多いことに驚かされます。代表的なものを10個、最近添削した文章から、副詞をピックアップしてみました。

 

  1. 強ち無謀とも言えない
  2. 予め用意して
  3. 何れの場合も
  4. 概ね良好です
  5. 更に言えば
  6. 次第に改良され
  7. 度々失礼致します
  8. 具に点検し
  9. 殆ど可能性がなく
  10. 僅かに増えて

 

読めないものもあるかと思います。このように副詞が漢字になったものは、年配の方の文章に多いです。だから、私たちは、このような文章に対して少し古くさい印象を持つのだと思います。古くさいイメージはもちろんあるのですが、文章につっかかりを与えることが問題です。次の二つの文章を読み比べてみてください。

 

  • 古臭いイメージは勿論有るのであすが、文章に突っ掛かりを与える事が問題です。
  • 古くさいイメージはもちろんあるのですが、文章につっかかりを与えることが問題です。

 

読める、読めないの問題以上に、例えば「有る」に関して言えば「ある」とは読めるのだけど、ふと目の動きが止まってしまいませんか?つっかかりとは、そういう負担を生みます。

すーっと読めないので、内容についても少し立ち止まって理解するように、とどこおります。
特に、副詞に関してはひらがなで書いた方が、よいでしょう。副詞は形容詞や動詞を修飾するものですから、いわば影武者。主役ではないのでさっと身を軽くした方がよいでしょう。

 

メインはどこかがわかるスマートな文

さきほどの副詞をひらがなにしてみます。

 

  1. 強ち無謀とも言えない→あながち無謀とも言えない
  2. 予め用意して→あらかじめ用意して
  3. 何れの場合も→いずれの場合も
  4. 概ね良好です→おおむね良好です
  5. 更に言えば→さらに言えば
  6. 次第に改良され→しだいに改良され
  7. 度々失礼致します→たびたび失礼いたします
  8. 具に点検し→つぶさに点検し
  9. 殆ど可能性がなく→ほとんど可能性がなく
  10. 僅かに増えて→わずかに増えて

どうでしょう?主役は何なのかが一目でわかりますよね?

 

このように、少なくとも副詞の言葉をひらがなにするだけでいいのです。古くさいイメージが取れるだけでなく、ポイントが修飾される形容詞や動詞にあることがわかるので、文全体の主旨がわかりやすくなるのです。主役でない副詞はひらがなに直してみましょう。それだけでずいぶんと印象が変わりますよ。

 

■次に読まれているのは■

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?ビジネス敬語メールの文末7ポイント

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

敬語の3大間違い「させていただく」「よろしかったでしょうか」あと1つは?

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

「ありがとう」の反対語わかる?「ごめんなさい」ではありません

え?この言葉の反対語ってそれだったんだ! 今日はそんな言葉を3つ集めてみましたよ。1・受話器の反対語は?答えB 送話器解説「受話器」とは、電話でいうと、耳に当てる方。レシーバーともいいます。音声エネルギ…

「連続」の反対は…「持続」かな?言えそうで言えない反対ことば

知らないとは言わせません。今日は中学生までに習った反対語を3つ集めてみましたよ。1・連続の反対語は?答えB 断続解説「連続」という言葉、きちんと言葉で説明できますか? 「連続」とは、切れ目なく続くこと、続…

小家じゃない!「大家」の反対語って言える?意外と知らない日本語3選

え?この言葉の反対語ってそれだったんだ! 今日はそんな言葉を3つ集めてみましたよ。1・インテリアの反対語は?答えB エクステリア解説インテリアとは、建物の内部や室内のこと。また、壁紙、床材、照明器具や家…

プラスの反対はマイナス。では「意外」の反対って何だかわかる?意外すぎる反対語3選

え?この言葉に反対語ってあったんだ! 今日はそんな言葉を3つ集めてみましたよ。1・意外の反対語は?解説「意外」の反対語は「当然」です。なので「へー、意外だね」と言われたときに反対意見を言う場合「そうかな…

「腐っても鯛ですね!」この日本語はOK?NG?

生活の中で生まれた知恵などを言い伝える「ことわざ」。ところがTPOをきちんとわきまえないと、とんでもなく失礼になることも! 今日はそんなことわざを3つ選びましたよ。1・溺れる者は藁をもつかむ解説「溺れる者…

え、「危機一発」じゃないの?オトナも間違う四字熟語5

普段使っている四字熟語なのに、読み書きする機会ってなかなかないもの。特に書く方になると怪しい人も多いのでは?今日はそんな四字熟語を5つ選びました。1・いみしんちょう解答と解説正解は「深」。「意味深長」で…

「じがじさん」を「自我自賛」って書いてない?みんなが間違える四字熟語5つ

知っている四字熟語なのに、読み書きする機会ってなかなかないもの。特に書く方になると怪しい人も多いのでは?そんな四字熟語を5つチェック!1・いきとうごう解答と解説正解は「意」。「意気投合」です。「意気投合…

「ぜったいぜつめい」「絶対絶命」でOK?簡単な割にみんな間違える四字熟語5

普段使っている四字熟語なのに、読み書きする機会ってなかなかないもの。特に書く方になると怪しい人も多いのでは?今日はそんな四字熟語をテストします。1・いしんでんしん解答と解説正解は「以」。「以心伝心」で…

「ちこ」じゃない!「知己」の読みは?大人も誤読しがちな漢字10選

読めるには読めるけど、かなり不安~。こっそり答えをググっちゃう。そんな、小学生の時に習ったはずなのに、読み方を忘れている人が多い漢字を集めてみました。1・蝉時雨答え解説時雨とは、主に秋から冬にかけて起…

「速やか」は「はややか」じゃない?即答できない漢字の読み間違い10選

今週は小学校レベルなのに読み間違えがちな熟語10選です。一つでも間違えていたらちょっと反省して!1・この町には風情がある。答え解説あいまいに「ふうぜい」と読む人もいますが、スパッと「ふぜい」と読みましょ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事