「折り入ってご相談」が失礼に当たるタイミングって?NG敬語の言い換えは

「折り入ってご相談がございます」

「微力ながらお手伝いさせていただきます」

このような言葉は、ビジネスシーンではよく見られます。しかし、本来の言葉の意味を知らないと、使うタイミングを間違えたり、使うシーンを見極められなかったりして、むしろ失礼になることがあります。

このような微妙にあらたまった言葉は、どのようなタイミングやシーンで使えばベストなのでしょうか。

 

「折り入って相談」はきちんと相談を取り付けたいときだけ

最近「折り入って」の重みがなくなってきているように感じます。

○○ちゃん、折り入って相談なんだけどね、外に出た時にこれ買ってきてくれない?

こんなふうに冗談めいて使うこともあるでしょう。これは、冗談だということがわかって使っている例だと思いますが、本来「折り入って」は、折り目正しい言葉です。そして、きちんとしたタイミングやシーンで使われる言葉なのです。

折り入る
「折り入る」には、あらかじめ決められた言葉を和歌に差し込むという意味もあります。また、深く心を込めるという意味があります。

折り入って

副詞。心をこめて人に頼んだり相談したりする時にいう語。切に。ぜひ。たって

広辞苑第6版

「じっくりとご相談させてください」よりも、時間がかかるもので。「改めてご相談させてください」よりも、約束を取り付けるものという雰囲気があります。

 

「折り入って」ではなく「改めて」「じっくりと」で

「折り入って」は、相手にも準備の必要性を感じさせる言葉です。「折り入ってお願いがあります」と言われたら、そのお願いを受け付ける側で、心の準備と時間の確保が必要な言葉なのです。

ですから、気軽に使う言葉ではない。何回も使う言葉でもない。ある程度の覚悟を持って伝える言葉ということになります。

 

「折り」という言葉が着いています。これは着物の折り目からも連想される言葉です。和服である着物は、洋服と違い、ハンガーにつるして保管しません。きちんとたたんで保管しますが、そのとき折り目を間違えるとぐしゃぐしゃになってしまいます。折り目正しくたたむと、きちんとした形に整い、箪笥(たんす)にしまうことができます。

 

そういう意味で考えると「折り入って」も折り目正しい人が使う言葉のように感じますよね。

 

このように、「折り入って」は、折り目正しい言葉であり、何度も使えない言葉です。ですから、相談を受ける相手にも心構えをお願いするような、重要なシーンと逼迫(ひっぱく)したタイミングで使うようにしましょう。それ以外のところでは、先ほど述べた「じっくりと」「改めて」ぐらいの言葉で十分です。

 

本当に助けてほしいときに「微力ながら」の応援はがっかり

謙遜の意味で使う「微力ながら」ですが、こちらもシーンとタイミングを間違えると相手を落胆させてしまいます。

 

人生をかけた再スタートの時や、ここぞという生き方の転換期に、周囲の人に報告をしたり、助けを求めたりするときがあります。その時に「微力ながら応援させていただきます」のようなお返事をいただくときがありますよね。メールなど、閉ざされた場面でのこの言葉は、謙遜として受け止めれられますし、実際にさらなる力添えが必要であれば、改めてお願いするまでです。

 

ところが、SNSなどのコメント欄で「微力ながら応援させていただきます」と書かれてしまうと、それに倣う(ならう)ように、同じようなコメントが続いてつくことがあります。これは気持ちがありがたい分、邪険にできず、実は大迷惑な話なのです。

 

「微力ながらも全力で」など、本気をプラスすればOK

では、どのように使えば、真意が伝わるのでしょうか。その場合は、この言葉に続き、こちらのやる気をプラスして表現することが大切です。

 

「微力ながら応援させていただきます」という表現は「させていただく」問題も含んで、慇懃無礼な印象を与えます。あまりにスムースになってしまった言い方に、飽きているところもあるのでしょう。

 

微力ながらも、全力で応援いたします。
微力ながらも、尽力いたします。

 

このように、こちらのやる気、本気がわかる言葉をプラスすると良いでしょう。

参考「させていただきます」はNG!丁寧すぎて逆に無礼な敬語7選」

NG→「明らかに微力しかない」若手は違う表現を

また、本当に微力しかない人、例えば年の若い人が使うと、リアル過ぎて笑えないという事態になります。
この言葉はもともと自分を謙遜して言う言葉です。本当は力もある、役に立てるだろう、そして本当に役に立ちたいと思っているという人が使うとしっくりくる言葉です。しかし、例えば、入社したばかりの新人が、取引先の大きな企画の際に言うせりふとしてはふさわしくないというわけです。
若い人は、若いエネルギーをアピールし、元々ない力を、形式的に謙遜したりせず、「精一杯力になりたいと思っている」というテイストを出した方が好まれるようです。

 

「折り入って」や「微力ながら」のように、シーンやタイミングを間違えると、失笑を買うことになってしまいます。自分の立場をよく考え、また、使う前に、本来の意味、使用例などを調べる余裕も必要ですね。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「すみません、私にはできません」とか言ってない?いつまでも若者気取りの敬語5選

四月。真新しいスーツに身を包んだ新入社員らしき若い人達をよく見かけます。スーツだけでなく、バッグやかばんも新品で、初々しさが全身にあふれ「がんばって!」と心の中…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

実は正解日本語「ご質問があります」。こう言い換えると違和感がない!

「先生、ご質問があります」この言い回しに関しては、私も違和感を覚えるクチです。敬語に関する本でも、マナーの本でも、この言い回しはNGとされることが多いです。しかし実は、文法的には間違いではないのです。「…

【完全解説】「伺わせていただきます」「部長様」は間違い。二重敬語を予防するたった1つのルール

二重敬語というものがあります。敬語が重なってしまい、文法的に間違いだというものです。この二重敬語に対し「まあ、そんなことで敬意を決める人はいない」「目くじら立てて言うものでもない」などという説もありま…

テキトーじゃダメ?ビジネスメールの戦略的な結び方。

ビジネスメールを書くとき、結びの言葉を戦略的に使っていますか?過去のメールで自分が素敵だと思ったものや、マナーの用語集などから引っ張ってきて、テキトーにコピペしていませんか?「終わりよければすべてよし…

「させていただく」の意味と正しい使い方は?代表的なNG例と言い換え方

あなたは、一日の中で何回「させていただく」という言葉に出会いますか? 会議や打ち合わせなど敬語のシーンでは意外に耳にすることがあるはずです。あなたも今日一日、自分自身が口にしていないか、ちょっと気をつ…

「伺う」と「参る」のどちらを使う?迷ったときのシーン別OK・NGリスト

例えば「行く」という動詞をビジネスシーンで使う場合、尊敬語と謙譲語、丁寧語の使い分けが必須です。「いらっしゃる」「いかれる」「おいでになる」が尊敬語、「伺う」「参る」が謙譲語、「行きます」が丁寧語です…

【完全解説】メール文末の「ご自愛ください」正しい書き方バリエとNGなケースは?

たとえ形式的なこととは分かっていても「寒さ厳しき折、ご自愛ください。」このような言葉が文末にあると、相手の気遣いがほんのり感じ取れます。でも、こういう形式的な言葉ほど、バリエーションがほしいときはあり…

日本人の48%が誤用。「気が置けない人」は、信頼できない人という意味であってる…?

「気の置けない仲間と、のんびりした週末を過ごした」。こんなふうに全文の印象が「リラックスムード」だと、「気の置けない」という言葉の正確な意味が分からずとも、話は通じますよね。でも、「あの人とあの子、気…

新春に「去年は大変お世話になり」は失礼?意外にNGな日本語とは

新年明けましておめでとうございます。この言葉に対し「新年は明けないでしょう」だとか「そもそも『新年』と『明ける』はダブっているでしょう」だとか、そういうツッコミに対し、細かすぎる解説を付けるのが普段の…

テレビのテロップで「すごい美味しい」が「すごく美味しい」に修正されるわけ

「すごい」と「すごく」は見た目がとても似ています。同じ言葉からできた言葉なので、意味はほぼ同じです。でも違うということは、違う言葉なのです。「どっちでもいいじゃん」と思っているとしたら、「すごくヤバい…

約6割の日本人が間違えている「確信犯」の使い方。他のきわどい日本語は

忘年会はエースの彼の「独擅場」思い通りに振る舞って好き放題。そんなふうに使う時、この「独擅場」は「どくだんじょう」と読みますよね。でも実はこれ、「どくせんじょう」が正しく、しかも「だん」「壇」と「せん…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事