これを知っていたら気配り上手!結婚祝いに使えるおすすめワイン

秋は結婚式が人気のシーズン。結婚式に招待されている方も多いのではないでしょうか?

暑くもなく寒くもない気持ちのいい気候と、カラッとした秋晴れが多いため、特に11月はこの一年の中で結婚式をする方が一番多い月なのです。

そこで今回は、結婚祝いや婚約祝いにぴったりのワインをワインのストーリーとともにご紹介します。

ワインには造り手の想いやストーリーが詰まっていますから、そのストーリーを添えてプレゼントすれば喜ばれること間違いなし!

知っている知らないで大違い!ワインのストーリーとは!?

%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%ef%bc%94%e7%a8%ae%e9%a1%9e

ワインには、どんなシチュエーションで飲んでほしいのか、飲んだときにどう感じてほしいのかという造り手の想いが込められています。

エチケットがかわいいものや、ユニークなネーミングのものなど、様々なワインがありますが、

エチケットやワインの名前1つ1つにはちゃんと意味があるのです。

例えば、「レザマン=恋人たち」とネーミングされたワインには、愛し合う夫婦や恋人たちのかけがえのない時間をこのワインとともに……という想いが込められています。

コウノトリがワインを運ぶエチケットには、コウノトリは赤ちゃんを運ぶということからワインが幸福を運んでくれるという想いが込められています。

そんなワインのストーリーを知ったら、ますますワインが美味しくなりますよね。

 

結婚祝いで使える!おすすめワインベスト4

では、結婚のお祝いにピッタリなおすすめワインを4種類ご紹介していきます。

%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%ab

Vendeville

(ヴァンドヴィル)

なんともラブリーなピンク色のハート型エチケット。このエチケットは「家族愛」を表現してデザインされました。ワインの名前「ヴァンドヴィル」は、造り手の祖母の名前から名付けられており、おばあちゃんっ子だったその彼が「家族愛が何よりも大切」というメッセージが込められています。

新しい家族となる結婚のお祝いにピッタリのワインです。

キャップには、キューピッドが描かれたハートマークが!!

%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%97

タイプ:シャンパン

産地:フランス シャンパーニュ

ブドウ品種:ピノ・ノワール50%、シャルドネ40%、ピノ・ムニエ10%

価格:5,040円(税抜き)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

FOODに関する最新記事