不意の体調不良に備える! 40代になったら揃えておきたい「美容救急箱」のスタメン3選

 

疲れが溜まりやすかったり、ちょっと体調が優れなかったりする日が若い頃と比べて増えるのは、40代ならお心当たりがあるかたも多いはず。

派手に体調を崩さないまでも「今日は、美容に手間をかけずに一刻も早く休みたい……」な心情が湧いてくる夜だって、“あるある”です。

「そんな日に備えて、最低限のグッズを準備しておきたいけど、何があればいいの?」とお感じになった40代女性のみなさま、いかがお過ごしですか? つい最近、派手に体調を崩し、久しぶりに長く寝込んでいた時短美容家の並木まきです。

そんな自分の体験から、美的視点で「40代の自宅には、コレがあれば、安心!」と言えるのが、“美容救急箱”だと痛感。

そこで今回は、40代女性が不意打ちの体調不良に備えて完備しておきたい“美容救急箱”のスタメングッズをお話します。

 

 

40代の時短美容に「あると便利」な救急グッズ1:歯みがきシート

 

洗面所まで行って歯を磨くのは、健康なときにはまったく苦にならなくとも、体調が悪いほど、言いようのない“しんどさ”を感じるもの。

かと言って、歯を磨かずに寝るのは「大人の女性として、いかがなものか」が頭をよぎり、つらい身体に鞭打って、寒々しい洗面所で必死で歯みがきをするときの苦痛感と言ったら、ハンパありません。

そんなときにあると便利なのが「歯みがきシート」。昨今は、多くのメーカーから歯みがき用のシートが発売されており、インターネットでも手軽に手に入ります。

ベッドから起き上がれないほど体調が優れない日でも、食事のあとはコレさえあれば、応急的にオーラルケアを済ませることができるため、まさに「いざというときほど、頼りになる存在」でもあります。

歯ブラシを使ったときほどの達成感は得がたいので、きちんと歯みがきできるほどに回復したら不要にはなるけれど、体調を崩しやすい季節こそ、自宅に常備しておきたいグッズです。

 

40代の時短美容に「あると便利」な救急グッズ2:水のいらないシャンプー

 

体調が優れないときには、どんなにバスタイムが好きな女性でも、お風呂に入るのが億劫だったり、さらなる体調悪化を招きそうでためらったりしがちです。

そして、身体は蒸しタオルなどで拭けば、それなりにサッパリできても、問題はヘアケア……となるのも、“あるある”。

毎日洗っていた髪は、丸1日洗わないだけでもベタつきや頭皮のかゆみを感じるケースも多く「髪は洗いたい……。でも、身体がついてこない……」なんてジレンマにも陥ります。

そんなとき、手元にあると超絶便利なのが「水のいらないシャンプー」。

こういったアイテムは、もう10年以上前から定番だけに、過去に「水のいらないシャンプー」を使った人ほど「あるのは知っているけど、洗い上がりが、やっぱりそれなり」なんて思っている人もいるかもしれませんが(実は私も、ついこの前までそのひとりでした)。

ところが、最近の進化っぷりは素晴らしく、ひと昔前のものとは比べものにならないほど、優秀なものも増えていました。

「せっかく体調が戻ってきたところに、髪を洗ってぶり返したくない」というときにも、水が不要なシャンプーがあると、安心感が違います。

こちらも、美容救急箱のグッズとして常備しておくと、いざというときに思っている以上に頼りになります。

 

40代の時短美容に「あると便利」な救急グッズ3:最悪、スキンケアが不要なクレンジングシートorクレンジングミルク

 

本格的に具合が悪いときには「美容どころじゃない!」がホンネな40代女性も、少なくないのではないでしょうか。

美容家として仕事をしている私ですら、治療中の疾患が一時的に悪化したりひどいアレルギー症状が出たりすると「もはや、美容にまで手をかける余裕がない……」と感じています。

しかし、そんな体調不良時にほど肌のベタつきからの吹き出物も出やすいと感じたり、イヤな汗をかいたり寝具と肌が触れたりといった刺激から、実際に肌荒れしやすいのを痛感したりといったシーンも多いもの。

また、具合が悪いなか、病院に行くのに「さすがに、完全なスッピンというわけにはいかないわ」と、ファンデーションと眉くらいはメイクをしたものの、帰宅後のクレンジングの手間を思うと、ゲンナリ……なんてシチュエーションもありがちです。

そこで備えておきたいのが、シート状のクレンジング剤。

ドラッグストアやインターネット通販でのバリエーションも豊富ですが、“美容救急箱”に常備するなら、その後のスキンケアが不要なタイプのものが便利です。

またミルク状になっている“拭き取り”対応のクレンジングも、使用後にスキンケアをせずとも、“保湿”を賄ってくれている実感のあるアイテムが多く、コレを活用する方法もあります。

 

体調の優れない日には「美容どころじゃない」がホンネでも、手をかけない日が多くなるほど、そのサボりっぷりが如実に肌に出てくるのも、40代の傾向です。

美容家の私が言うのもなんですが、なにも手をかけないのはやや気がひけるものの、億劫に思うときには“最低限”の美容で済ませても、案外、肌はなんとかなるものです。

自宅に常備薬を揃えておくように、美容に関しても応急グッズを揃えておくと、不意の体調不良が訪れても、慌てずに済みます。

本格的に寒くなるシーズンを前に、ぜひご準備なさってみて。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

抜け感のつもりが大失敗…! 男が「不健康そうだし老け見えだと思う」40代女性のメイク3選

メイクの仕上げかたによって、健康そうな印象にもなれば、残念ながらも不健康なイメージが強まってしまうこともあります。私たち40代は、その日の体調や天候、気温によっても肌の調子や顔色がすぐれない日も多い年代…

手をかけていても残念賞…!? 男が「苦手」と感じる40代女性の眉3パターン

眉は顔の印象、ひいてはその人の印象までも左右すると言っても過言ではないほど、メイクにおける重要なパーツ。しかも、手をかけているからと言って「好感度が上がる」とは言い切れず、むしろ手をかけるポイントが少…

失礼ながら、幸薄そう…! 男が「貧相な顔」認定する40代女性のメイク癖3例

自分では、きちんと身なりを整えているつもりでも、男性目線だと「幸薄そう」「貧相」などの不名誉なジャッジをくだされていることもあります。では、男性たちが、そんなネガティブな評価をくだしがちな顔の特徴とは…

いい雰囲気だけどこのニオイは…男が一瞬で「遠慮します」と我に返る40代独女って

意中の男性と、いい雰囲気になっていたのに、理由もわからずに距離を置かれてしまった……という話は、そう珍しくもありません。とは言っても、気に入っている相手から避けられているのは、いくつになっても女性にとっ…

もしや腹黒…? 男が一瞬で警戒した「40代独女の不用意なひと言」3パターン

男女の出会いでは、不用意に発した言葉ひとつで「この人の本性は、きっとこんな感じなんだろう……」を邪推されるリスクもあります。本人にはそこまでの悪意がなくとも、それを聞いた男性が「もしかして、この女性は“…

オフィスで印象最悪…「いかにもオバサン」な40代女性のお仕事姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

男から「育ちが悪そうに見える40代女性」のメイク直しにまつわる振る舞い3選

実際の育ちがどうであれ「育ちが悪そうに見える女」を嫌う男が多いのも、実情です。デート中のちょっとした振る舞いによって「ひょっとすると、育ちが悪いタイプだな」などとジャッジをうけてしまえば、関係の行方に…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事