恋愛がうまくいかない人、解決のキーワードは「男性性」かも?

『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』の作詞をした詩人の覚 和歌子さん。

彼女が手がけたタロットカード「ポエタロ」から、毎話1テーマずつ、カードに沿った覚さんのエッセイをお届けします。

 

今回のテーマは「男」。

一生懸命突き進んでいるはずなのに、頑張っているはずなのに。

なんだか思うように事が運ばなかったり、疲れてしまっているなら、解決のキーワードは「あなたの中の男性性」です。

 

「男」のカードを引くと、解説の文章にはこう書いてあります。

 

この恋愛が、人として足らない自分を許し愛するように相手を想っているものなのか、

自分に恋しているつまり自己愛の投影なのかは、あなたがいちばんよく知っていますね

 

社会の荒波の中で勇ましく生きていると、求められるのはいつだって、

競争社会で勝ち抜いていくための、攻撃的・能動的な自分。

「男性性」という言葉でしばしば代弁される、肩に力の入ってしまうような、自己意識の強い性質たちです。

仕事のみならず恋愛にまで、そんな姿勢で臨んでいませんか?

日常生活や友達との会話にまで、つい自己の強めな戦闘モードを引きずってしまったりして。

 

解説の文章には、こうとも書いてあります。

 

相手のどんな部分に恋しているか、見つめてみましょう

 

いずれにせよ、男女の枠に関係なく、誰しもが「男性性」「女性性」という言葉に表されるような様々な側面を持っています。

ハードな毎日を過ごしていると、つい、戦闘モードにどっぷり浸かってしまいがちです。

大切なのは、自分の中の、伸びやかな女性性にもきちんと耳を傾けてあげること。

たまには戦闘モードの甲冑をはずして、純粋な好奇心と素直に向き合ってみること。

 

経験を重ねるほどに、「これが、わたし」というアイデンティティも強固なものになっていってしまいます。

「わたし」として認めたくない部分も許容してあげたり、少し立ち止まって、もっと伸びやかで自由なコミュニケーションに身をゆだねてみたら

今まで見えていなかった、思いもよらない選択肢に気づけるかもしれません。

 

【男】男たちよ、ごくろうさまでした

地球は今、男性から女性の主導へと変わっている最中だと言う。

 

必死に懸命に戦ってきた男たちよ。

あなたがたは本当によくやった。

えらかった。

 

だがあなたがたが大切にしてきたもの、

国境、民族や家族のプライド、

財産や学歴や家柄というステイタス、

それらは本当に人間が命がけで守るべきものだったのだろうか。

 

はじめから誰の所有物でもなく、

それゆえに奪われ損なわれるものでもなく、

奪われないなら守る必要もない、

それは全て幻想だったのではないだろうか。

 

そのことに女たちはうすうす気づきつつある。

誰に教わるでもなく、

むしろ教わらないことの方に真実があることを知ってしまって、

自分の頭と身体で考えることを始めてしまった。

 

女たちが世の中を回し始めれば、戦いは確実に減るだろう

すべての国が

「いちにのさん」で武器を捨てればいいだけなのだと

女たちは知っている。

 

子どもや老人、障がいのある人、性的マイノリティー、といった

社会的立場の弱い人たちと共存協働する感覚を持てない女、

仕事の頑張りこそがアイデンティティだという「男化」している、

そんな女たちがふえている現代、

「男」のカードは、攻撃性、積極性、主体性などへの見直しとともに、

反対の受容や許容といった

女性性への気づきをうながされるような場合にもしばしば登場する。

 

***

 

覚 和歌子

©FUKAHORI mizuho

詩人・作詞家

山梨県生れ/千葉県育ち。早大一文卒。平原綾香、smap、新垣勉、夏川りみ、クミコ、ムーンライダーズなどの作詞で、多くの作品をCD化。NHK全国学校音楽コンクール課題曲、校歌、合唱組曲等の作詞なども多く手がける。01年『千と千尋の神隠し』主題歌『いつも何度でも(曲・歌唱/木村弓)』の作詞でレコード大賞金賞。詩集『ゼロになるからだ』(徳間書店)、『はじまりはひとつのことば』(港の人)、『2馬力』(ナナロク社)など。エッセイ、絵本、翻訳など著作多数。映画監督、脚本、舞台演出、朗読、自らのバンドを率いてのソロライブ、米国ミドルベリー大学日本語学特別講師など。詩作を軸足にマルチな活動を展開。

 

***

 

ポエタロ」とは?

「ポエムタロットカード」を縮めた名前、『ポエタロ』。

47枚のカードにはそれぞれ、美しくやわらかい日本語の詩と、

かわいらしくも不思議な魅力のあるイラストが描かれています。

使い方はいたって簡単。シャッフルしたカードの中から、

その時の直感で1枚、あなた自身のためにカードを引いてみてください。

1日のはじまりにその日の指針を得てもいいし、なにか大きなチャレンジの前、

なかなか超えられない壁に直面しているときに。

そのときの気持ちや環境にリンクした、やさしい詩とメッセージが、

次の1歩を踏み出す勇気や確信を与えてくれる不思議なカードです。

あなたの心強い味方になってくれるはず

 

Amazonはこちらから

『ポエタロ いのちの車輪をまわす言葉』

覚 和歌子・著 石川 勇一(相模女子教授)・監修 大野 舞(Denali)・画 カード47枚 ガイドブック付き 3,780円(税込)/地湧社

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「二度と一緒に泊まらない!」男が決意した40代女性のホテルでの振る舞い3つ

本格的な行楽シーズンが到来し、愛しの彼と休日のたびにプチ遠出を楽しんでいる女性も少なくない時期です。秋は紅葉や旬グルメなど、このシーズンならではの“お楽しみ”もた…

男は意外と見てる…! 「トイレ帰り」にドン引きされている40代オバサン…3大NG

デート中、まだ深い仲になっていない間柄のときほどタイミングを迷いがちなのが、お手洗いに立つ頃合い。会話が盛り上がっているときにいきなり失礼するわけにもいなければ…

男ウケ最悪…男が「なんでそんな装いで?」と首をかしげる40代の秋冬ファッション

トレンドを意識しつつ、モテも狙える装いに身を包みたい40代女性も少なくありません。婚活を意識していれば、なおのこと、“トレンド×モテ”で男性ウケを狙いたくなるのも心…

オバチャンにしか見えない…男が思う「似合っていないと一発アウト…!」な40代の秋冬ファッション3例

40代ともなると、自分のファッションテイストが確立されている女性も多いもの。トレンドには関係なく「私のシンボルはこれ!」と自信をもって言えるほど、似合う自負がある…

KYなオバサン…!? 男が「信用できない女」だと感じる40代女性のLINE3選

恋愛関係でも、それ以外の人間関係でも「この女性は、信用できない」と思われてしまえば、相手との将来にヒビが入りがちです。婚活中や恋人募集中のタイミングでは、言うま…

旅行中にバレました!男性がドン引きした40代女性の「それはオバサンだわ」行為

深い仲になってしばらくすると、旅行に出かけるカップルも多いもの。多忙を極めている40代カップルだと、週末を利用したプチ旅行も人気です。ところが、旅行はちょっとした…

男はドン引き…「薄っぺらいオバサン」に認定される40代女性の痛いLINE3例

ちょっとしたやりとりによって「この人、薄っぺらい人だなぁ」と思われるのは、40代女性にとっては避けたい事態。しかしまだ相手の“人となり”がよくわからないうちには、な…

隣にいるのが恥ずかしい!40代独女の「お会計のとき」これは無理と思う態度

たとえば、気の合う友人と食事に行ったとき。おしゃべりも弾んで料理も美味しかったけど、いざお会計になってレジの前でお互いが払う料金をモタモタと確認し合う。こんな「…

仕方ないじゃ済まされない…? 男目線で「一発でナシ」になる40代女性のNG身だしなみ3選

男性目線と女性目線での「あれはナシでしょ」と感じる身だしなみは、少々異なる実態にもあります。同性であれば、女性のちょっとしたNGを見て「ナシだろうけど、わかるわか…

モテる40代女性ほど送ってる!男が「お。いいね」と好感を抱くLINEの共通点3選

LINEを使ったコミュニケーションは、もはやプライベートな会話にとどまらず、ビジネスの連絡にまで広がっている昨今。気になっている異性からの「お。いいね」を得るには、…

「本来の自分らしく」生きたい人に。今あなたが見落としていることは

つい、明日の仕事のことや遠い将来のことをぐるぐる考えてしまって、ふと頭によぎる、ささやかな興味や関心は後回しにしていませんか?なんなら、そのまま忘れてしまったりして。『種』のカードを引くと、解説の文章…

将来が不安なときこそ「ポジティブ妄想」をどんどん言葉にしていこう!

忙しい毎日を過ごしていると、心地よい夢を見ることすら、なんだか億劫な気持ちになることがありませんか。夢から醒めたあとの現実は、あまりにかけ離れているものだから。『夢』のカードを引くと、解説の文章にこう…

歌うことが好きならば「責任を取れる」のかもしれない【タロット】

『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』の作詞を行った、詩人の覚 和歌子さん。今回のワンテーマエッセイは「歌」です。【歌】あなた自身を響きとしてふるわせよう子どもの頃からずっと歌ってきた。小学校…

どうか、「ありのままの自分の声」を出して。このカードを引く人の内面は

『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』の作詞を行った、詩人の覚 和歌子さん。あなただけの言葉があり、あなたにしか歌えない歌がある。ありのままの自分に気づくためには、あなたの「声」は。【声】声は…

このカードを引くひとは「土」に引きよせられている【覚 和歌子エッセイ】

『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』の作詞を行った、詩人の覚 和歌子さん。彼女が手がけたオラクルカード『ポエタロ』の、各カードのテーマに沿って執筆されたプチエッセイです。第2回目のテーマは「…

迷い悩み、立ち止まる私たちに「ことば」はいつも寄り添う【覚 和歌子エッセイ】

『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』の作詞でも知られる、詩人の覚 和歌子(かく わかこ)さん。彼女があるとき偶然の出会いを得て作り上げたのが、「ポエム」+「タロット」の「ポエタロ」です。空から…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事