冬のオフィスでこれは無理!男性がドン引きした40代独女の「出社したときの行動」3つ

 

冷え込みが厳しくなってくると、毎朝の通勤もつらく感じますね。

電車や徒歩で移動するし、コートにマフラーを重ねて途中のコンビニでホットコーヒーを買って……。

いざ会社に着いたとき、脱いだ服やドリンクはどうしていますか?

慌ただしい時間でも意外と見られている「出社したときの行動」。男性の目は”ありえない態度”を見逃しません。

実際にどんな行動にドン引きしたか、エピソードを聞いてみました。

 

「勢いよく脱いだ上着」からニオイが・・・

・「アラフォーの同僚は、いつも机の前でコートをバサッと脱ぐ。タバコやら何やら混ざった外の空気が一気に拡がって臭い。ロッカーでやってくれと思う」(43歳/人事)

 

・「『電車でニオイがついちゃって』って、いつも部署の中で消臭剤を上着にスプレーする同僚。臭いと言ったら寒いのに窓を開けられるし、人のいないところでやって欲しい」(38歳/デザイナー)

 

★ 「コートのニオイ」についてはよく耳にするもの。

部屋に入ればまず脱ぎたくなるのはわかりますが、自分が連れてきた外の空気を周りにまき散らすのは控えたいですね。

今はニオイがつきにくい防臭スプレーもあるので、あらかじめ予防策を立てておくのがおすすめです。

また、消臭剤などを会社で使うときもマナーが大切。

中には「男の社員もやっているし」と部屋の中でスプレーする女性もいますが、周りからは「配慮がない人だな」と思われます。

更衣室などしかるべき場所でケアしましょう。

 

「マフラーをイスの背中にかける」のは良いけれど・・・

・「マフラーというか、小さい毛布みたいな巻き物をどさっとイスの背中にかける同僚。分厚いからもたれても邪魔そうだし、通るときに引っ掛けそうで怖い」(45歳/営業)

 

・「隣の女性、いつも巻いていたマフラーを背中のイスにかけるんだけど、置き方が汚いというか、ぐしゃぐしゃで見た目が気持ち良くない。大事にしていないんだなと思う」(39歳/総務)

 

★ 冬の外出はマフラーが必需品、という女性も多いでしょう。

会社ではひざ掛けになったりと便利なアイテムですが、出社してすぐイスの背もたれに放り投げたりしていませんか?

男性が敬遠するのは「周りの目を気にしないところ」。

ストールの大きさが邪魔になったり、適当にかけるだけで見た目が悪かったり、自分は良くても周囲の人にとってはちょっとしたストレスになっているかもしれません。

丁寧な扱いや周りへの配慮を忘れずにいたいですね。

 

忙しい朝はついやりがち……

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事