【九星フラワー占い】六白金星の2019年上半期の運勢は?

物事が順調にすすみにくい2019年。そんな中でも、女性たちにはしなやかに自分のなかの花を咲かせてほしいと願っています。そのためのヒントになればと思うことをまとめました。

※六白金星の生まれ年は1958年、1967年、1976年、1985年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

この時期体力が充実して来たら2019年に活躍できる、というお知らせ

2018年は、なんだか日々忙しくて、気が付くと「なんで私が?」「何のために?」と満足感というか達成感をなかなか感じにくかったかもしれません。

 

それでも、自分の役目を丁寧に行ってきた六白金星さんは、2019年、やっと手ごたえを感じ、未来につながるチャンスに心を躍らせることになりそうです。

 

これまで、細々とした用事をこなすのに疲れを感じていたと思いますが、そろそろ体力が充実してきて、疲れにくくなってきたように感じている人もいるかもしれません。

 

それが2019年の幸運期始まりのサインです。

 

未来につながるチャンスは、最初、色々な方面から声がかけられたり、しかもびっくりするようなニュースで飛び込んできたりします。

 

最初はなかなか形にならないが後半まとまりはじめる

ところが、なかなか形にならなかったり、トラブルがおきて頓挫するなどガッカリすることも多いでしょう。2019年の前半はこのような調子ですが、後半になるといくつもの話が復活し、進行していきます。

 

それらを手掛けることは大変かもしれませんが、大きな評価につながるなど、ご褒美があるはずです。ただしご褒美のためにがんばるというより、やってみたという好奇心にしたがって行うことのほうが、実りは大きくなります。

 

ですから、正直な自分であることが大切です。

 

陰の部分はないか点検し、なくしておくこと

正直に楽しんでいるあなたは、光のかたまりのような存在で、周囲の人たちも明るくします。

 

2019年は悩みのなかにある人が多いので、この六白金星の働きはとても重要です。

 

暗重い世の中を元気にするのは自分。みんなを元気にするために思いやりのあるコミュニケーションをとってください。

 

光が強いほど、人が感じる影の印象も強くなるので、よくない秘密があれば、なぜか人に知られ、ひどく非難して周囲から人が離れていくといったことも。この点はしっかり注意してください。

 

2019年の開運ポイントとは?

2019年はさっぱりとした印象のファッションがしっくりきますし似合うでしょう。

 

さっぱりと言ってもシンプルということであって、カジュアル、ラフなスタイルよりは、カチッとした感じでまとめたいもの。

 

メイクもどちらかといえばナチュラルに、髪もボーイッシュに短めにするのも行動力がアップするおまじないになります。

 

遅刻はチャンスを逃すので、仕事だけでなくプライベートなことでも、やってしまわないように注意してください。

 

ラッキープレイスは朝日が見える場所です。落ち込んだ時も、決意を新たにする時も朝日をながめてみてください。

 

そしてもし、将来をともに過ごしたいと思うような人があらわれたら、一緒に見に出かけてほしいと思います。

 

恋人はもちろんですが、仕事などの相棒・人生の味方となる同性と、地球と宇宙がつくる祝福の光をあびて、新しい世界に踏み出してください。

 

2019年に始まる恋は有望です。もし相手が話好きだったり音楽好きだったり、長男だったりしたら、ご縁がある相手と思って期待してください。

 

ガーベラの花が象徴する六白金星の魅力とは

完璧さを目指す誇り高さがあり、気力・体力にあふれ、リーダーの資質を備えた六白金星。そんな六白の女性にピッタリな花と言えばガーベラではないでしょうか。花のなかでもとくに花らしい形をしていて、太陽のようにくっきりと明るい色あいと華やかで、プレゼント・ブーケとして高い人気を誇っています。完璧さやゴージャスな雰囲気は可愛げがないと思われることもありますが、六白に関してはそれが魅力に。とくに太陽に似たオレンジのガーベラの花言葉は「冒険心」です。戦うことを恐れない六白に捧げます。

 

※全体の運勢を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク