タートル、ニット帽に似合うギリギリ結べるボブの冬アレンジ

タートルネックやマフラーなど首元にボリュームのあるファッションが増える冬。肩につくボブヘアはダウンスタイルだと毛先がハネたり、もったりと見えてしまいますよね。

そんなとき、やっぱり頼れるのはまとめ髪。といってもゴム1~2本あればできてしまう簡単なアレンジで、冬ファッションをさらにおしゃれに見せることができるんです。

オバサンっぽく見えない、トレンドを取り入れたアレンジをご紹介します。

 

タートルネックにはふんわりひとつ結び

お手軽にできるひとつ結びはタートルやマフラーのときにお役立ち。タートルのボリュームに負けないよう、毛先中心に巻いてゆるふわな質感にするとよりおしゃれに見えます。

くるりんぱをプラスすれば、立体感が出て髪のボリューム不足もカバーできるのです。

地味色が多くなる季節なので、ヘアアクセをプラスしたいところ。今回はスエードのひもをくるくると巻きつけリボン結びにしました。スエードひもを使ったアレンジが最近、また人気なんですよ。

落ち着いた印象もありつつ、大人の可愛さが表現できるのでアラフォーにもぴったり。100均でも手に入るので、ぜひ取り入れてみてください。

ふんわりひとつ結びの作り方

1.サイドの髪を残し、ひとつに結ぶ

毛先をアイロンで巻き、シアバターを全体にもみ込みます。耳のラインで髪を分け、後ろをひとつに結びます。低すぎるとタートルにあたってしまうので、耳の高さを目安にしましょう。後頭部から髪を少しずつつまみ出し、凹凸ができるように崩します。

 

2.残しておいたサイドを結んでくるりんぱ

顔まわりにおくれ毛を残し、残しておいたサイドの髪をうしろでひとつに結びます。最初に結んだ毛束の上に結び目がくるようにしましょう。結んだら、上から毛先を入れ込みくるりんぱにします。ねじれた毛束から少しずつ髪をつまみ出して崩します。

 

3.2束を合わせてひもを巻きつける

ひとつ結びとくるりんぱをした毛束をドッキングさせ、スエードひもを巻きつけます。スエードひもは長いものをくるくると巻きつけたほうがおしゃれ。

顔まわりに残したおくれ毛は、できればアイロンで巻きを足して動きをつけましょう。髪の中間をアイロンではさみ、1回転させるくらいでOK。

パサついて見えないよう、シアバターでツヤ髪に見せるのもポイントです。

今回使用したのはプロダクト。天然素材を使っているので、肌についても安心。

仕上がりはこちら

生え際が薄くなってくる年代なので、おくれ毛は多めに出したほうが、お疲れ顔になりません。また、髪がパサついて見えるとだらしなく見えたり、老けて見えるのでツヤは重要です。ベタつくからと敬遠せず、ぜひ活用してください。

 

ニット帽はねじり編みでカジュアルに

冬の定番小物・ニット帽。休日のカジュアルファッションに取り入れている人もいるのでは?

ダウンスタイルのままかぶってもサマにはなりますが、ちょっと手を加えるだけで若々しい印象に。さらに、帽子を脱いでも跡があまり目立ちません。

これは三つ編みではなく、2束に分けてツイストをしただけ。三つ編みは若作りに見えがちなので、ツイストくらいのラフな感じがアラフォーにはおすすめです。

タートルのときと同様、顔まわりのおくれ毛は多めのほうがうねりやパサつき、ボリューム不足をカバーできます。

 

カジュアルなねじり編みの作り方

1.顔まわりにおくれ毛を残す

おくれ毛はまとめる前に出しておきましょう。生え際が隠れるくらいの分量を目安に、多めに出すのがポイント。もみあげの上からも出しておいて。

可能であれば、毛先だけアイロンでカールがつく程度に巻いておくといいでしょう。

 

2.髪全体を片側に寄せ2束に分けてツイスト

まとめる髪の中間から毛先にかけてシアバターをなじませておきましょう。髪がまとまりやすくなり、ツヤもアップ。

片側に寄せ集め、2束に分けます。それぞれの毛束をねじりながら交差させていくだけ。2~3回交差させたらゴムで結びます。結ぶと交差したところがゆるんできますが、気にしなくて大丈夫。

 

3.おくれ毛をアイロンで巻く

おくれ毛はストレートよりも動きをつけたほうが見映えがよく、おしゃれです。

髪の中間にアイロンを入れ、回転させながら毛先に向かってすーっと抜きます。ほんのりうねりがつく程度でOK。最後にシアバターをもみ込んでツヤをプラス。

仕上がりはこちら

えり足にパラパラと髪が落ちてくる場合はピンで留めればスッキリします。

正面から見るとこんな感じです。おくれ毛がボサッと見えないようスタイリング剤はマストです。

オフの日らしく、ラフなまとめ髪がマッチ。

おくれ毛の分量は少ないほうが貧相に見えるので、思い切って出してしまいましょう。ただし、パサつきは厳禁! お疲れ顔に見えないよう、ツヤと動きを忘れずに。

 

教えてくれた人

桐山弘一さん

現在、東京・表参道でフリーランスの美容師として活動。自宅でも再現しやすいヘアスタイルにこだわり、いつでも可愛いスタイルを提供。アレンジも得意で、デイリーからおよばれまで幅広いアレンジをインスタで紹介しています。ぜひ、参考にしてください。

桐山さんのつくるヘアスタイルはコチラからチェック!

 

■次に読まれているのは■

「ひとつ結び」を続けてわかった、脱・オバサンまとめ髪のルール

「がんばらないお団子ヘア」が正解!40代の品ある簡単アレンジ

「たるみまぶた」が気になる40代の無造作ヘアアレンジ。

 

 

スポンサーリンク

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

【脱・オバサンまとめ髪】「ひとつ結びアレンジ」シンプルおしゃれな40代の2大ルール

これまでひとつ結びに関する記事をたくさん書いてきました。振り返って思ったことは、「ひとつ結び」って料理でいうところの「卵料理」のような存在なのでは、ということで…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

40代の伸ばしかけ肩上ボブもOK!簡単ヘアアレンジ3選

40代女性の間では、ミディアムと同様にボブヘアも人気。手入れが楽で、髪のダメージも抑えられ、しかも女性らしい雰囲気も出せるといいことばかり。「でも、アレンジできな…

40代ミディアムのすっきり簡単まとめ髪 広がる・うねる髪のヘアアレンジ3選

ボリュームが減ってくる年代なのに、この時期は髪が広がり扱いにくさが倍増。朝、きれいにまとめたつもりでも昼頃にはうねうね、ちりちり……ってこと、ありますよね。梅雨の時期はダウンスタイルをあきらめて、まとめ…

40代でもモテる髪って?9つの【NGシャンプー習慣】と正解ヘアケア

40代にもなると大っぴらに「モテたい!」とは言えない雰囲気ですが、独身女性であればまだまだ出会いを期待するわけです。オトナサローネでは編集長の婚活記も盛り上がりをみせていて、いくつになっても素敵な恋がで…

【オバ髪】は「生え際」のコレが原因!40代の白髪・うねり・パックリ割れの隠し方は

今、まさに私も悩んでいる生え際の白髪とうねり。湿気の季節到来で、とくにうねりが強まってきています。生え際は鏡を見たときに目につく場所であり、人とのコミュニケーションの場でも相手からよーく見られてしまう…

40代は「毛先だけパーマ」で若見え!ボブ・セミロング・ショート、2019夏ヘアスタイル4選

髪に元気がない、ボリュームが減ってきた、髪がうねってまとまらない。30代後半から徐々に感じはじめる髪の変化。老け見えする要因でもあるぺたんこ髪問題は、40代女性にとって大きなテーマです。問題解決には日々の…

白髪のセルフカバーは、染めるのではなくアレを使って!5つの白髪ケア法

いくつかの白髪に関する意識調査をチェックしたところ、白髪染めをやめるタイミングは65才前後という結果が。60代半ばになればあきらめがつくのか、面倒になるのかは44才の私には未知の世界ですが、たしかに60代まで…

「白髪を抜くと増える」?髪と頭皮5つのウソとホント

テレビや雑誌に加え、インターネットの普及により情報があふれる時代。子どものころから考えると情報量が全く違いますよね。どの情報を信じていいのか、受け取る側のスキルが試される時代です。口コミや知人からの情…

前髪悩みに「シースルー前髪」!40代でも痛くないおススメ8選

美容室に行くと悩むのが前髪です。顔の印象を決めるパーツなので、いつもと変えるだけでも勇気がいるのにトレンドを取り入れるとなるとハードルは高め。特におでこが透けて見える「シースルーバング」は若づくりに見…

ベタベタおばさん髪脱出!ヘアオイル、バームの使い方の正解は?オススメ商品は?

つくり込みすぎない、抜けのあるヘアがトレンド。そんな今っぽいナチュラルな束感づくりに欠かせないのがヘアオイルとバームです。ボディの保湿にも使えるものが多く、髪が肌についても安心という点も人気の理由。ウ…

その紫外線、白髪や薄毛の原因かも!? 4月からは「守りケア」が大切

桜の便りははやかったのに、4月に入り寒さが戻ってきましたね。天候がくるくると変わり不安定な4月は、肌も荒れやすい時期。ということは、頭皮もトラブルが起きやすい季節です。気温の上昇で頭皮も汗をかきやすくな…

使うのはマジックカーラーのみ!前髪や生え際の「ぺたんこゾーン」をふんわり仕上げる3つのコツ

髪に元気がなくなってくるとペタンとしたトップがついつい気になり、前髪や生え際ゾーンは忘れがち。まだまだはっきり薄い!と感じる年齢ではありませんが、ペタンとしやすくなりさみしい印象に。顔まわりはパッと目…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事