20・30代ならよくても…「40代ではさすがにナシ」男に厳しいジャッジを下される女の特徴3例

うっかり「ナシすぎるオバサン」に転落3:自身の経験“だけ”で偉そうに語る

「40歳になるまで派遣としていろんな職場で働いていたという45歳の知人オバサンは、自分の経験だけで物事を“語る”のがとにかくウザい。

言っちゃ悪いけど、短期派遣で見聞きできる業界の知識なんてほんの一部だと思うし、それで業界とか仕事とかに知った口を叩かれても……って感じ。

20、30代ならかわいげがあるけど、40代でコレじゃあ、ただの視野の狭いオバサンだよね」(48歳男性)

 

「友人が離婚するって話のときに、自分の経験談から嬉々として上から目線のアドバイスをしていた47歳の女性がいるんですが、友人は調停離婚でそのオバサンは協議離婚。

そもそも進め方も違えば、離婚原因も違うのに、知ったかぶりをして偉そうに指導している姿を見て『40代にもなって、コレは痛い……』って思わず呆れちゃいました」(46歳男性)

 

経験によるアドバイスは他人から重宝されがちな面もあるものの、そこに“知ったか”や“視野の狭さ”が加わってしまうと「40代にもなって、痛い!」を感じさせる引き金にも。

30代までならまだ許されても、40代にもなって謙虚さを忘れてしまうと、予想以上に男ウケはダダ下がりに……!?

 

20代、30代の女性がしている分にはまだよくとも「40代にもなって、コレはナシでしょ」と思われる振る舞いも、実情としてはチラホラ。

男性たちの目も肥えてくる年代ですし、大人の女性には「やっぱり、それなりの知性や教養を求めたい!」のも強いのでしょうね。

 

■次に読まれているのは■

そのアピールいりません! 男が「聞き捨てならない」と嫌悪感を抱く話題3パターン

反則でしょ…! オトコがウンザリした「40代婚活女性」の仰天エピソード3選

本人には言えない…! でも男が密かに「オバサンになったなぁ」と感じている40代女性の姿3選

 

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク