そのアピールいりません! 男が「聞き捨てならない」と嫌悪感を抱く話題3パターン

出会いの場において「私って、こんな人です」をさりげなくアピールするのは、自己PRの観点からはとても重要な心がけ。

しかしこの手のアピールは、“やりすぎ”、“あからさますぎ”になった時点で、男性からは嫌悪感を抱かれるのも確かです。

場合によっては「40過ぎて、まさかのマウンティング女か!?」なんて疑惑まで向けられてしまい、せっかくの出会いが残念な結果に終わる引き金にもなりがち。

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちが「聞き捨てならない」と感じたという、40代女性の出会いの場での“自己アピールフレーズ”を3選ご紹介します。

 

あからさますぎて「マウンティングおばさん」1:出身校の話題で得意げに見える

「大人になってからの飲み会では、育ってきた環境も出身校もバラバラなメンツで集まる場も多いじゃないですか。

そんな場面で、やたらに自分の出身校の話をしたがる40代女性には、ぶっちゃけウンザリ。

学歴を自慢したいのがミエミエだし、こういうタイプは相手のことも学歴で判断するようなところがあるって経験上感じているので、深入りしたくないです。

個人的にそう思っているだけでなく、僕のまわりでも、この手の女性は不人気な傾向ですね」(41歳男性/営業)

 

母校への愛(!)が強いと、つい飲み会の場でも出身校の話題を積極的にしたくなりがち?

しかし本人が自慢しているつもりじゃなくとも、得意げに語っていると見えた時点で「マウンティングか?」と嫌悪感を示す男性もいるようです。

 

あからさますぎて「マウンティングおばさん」2:容姿褒めへの謙虚さに欠ける

「40代女性を前にしたときって、その人がちょっとでも年齢より若い感じだと、“とりあえず”で社交辞令的に褒める人は多いじゃないですか。

でも、そういうときに“よく言われるんです”とか言っちゃって、その後に嬉々として美容の話とか始める女性は、本気で苦手。

こっちは別にそういう話が聞きたくて褒めたわけでもないし、そもそもそうやって美容話を得意げに披露するってことは、自分でも肌や容姿に自信があるんだろうなーって、強い自己顕示欲を感じます。

ちょっとした会話で“私って、すごいでしょ”を感じさせる女性は、申し訳ないけど、彼女や妻にはしたくない」(44歳男性/経営)

 

日ごろのお手入れの賜物である美肌や、他人から褒められることの多い容姿の持ち主だったとしても、“謙虚”な姿勢を失った時点で、男性からは嫌悪感を抱かれることも。

社交辞令の褒め言葉に対し、嬉々としてウンチクを語り出してしまえば「私って、若いでしょ!?」のマウンティングにも見えかねません。

 

あからさますぎて「マウンティングおばさん」3:さりげなくモテ自慢

「出会いの場で知り合って、寂しい40代だと思われたくないせいか、やけに“若い頃から、彼氏が途切れたことはありません”だの“以前に結婚はしてましたんで”だのって『私は人並みにはモテるんですよ!』をアピっているようにしか聞こえないオバサンが苦手。

ぶっちゃけその人がモテようがモテなかろうが、好意をもてば関係ない話だし、そもそもいい歳してモテ自慢するあたり、幼稚な性格としか思えません(苦笑)。

まわりの同世代女性への牽制をしているつもりなのかもしれないけど、こういう女性は自意識が強い人も多いから、僕はあまり距離を縮めないようにしています」(49歳男性/経営)

 

「40代で独身」というだけで同情を向けてくる人もいるだけに「哀れだと思われたくない!」という心理が過剰に働いてしまう女性もいるのは確か。

しかし「異性に困ってはいません」を伝えるだけのつもりであっても、男性から「いい歳してモテ自慢するオバサン」という容赦ないジャッジを下される引き金にもなってしまうようです。

 

学歴、容姿、異性関係にまつわる話題は、本人が自慢をしているつもりではなくともイヤミに捉えたり自慢に受け取ったりする人も少なくないテーマ。

それだけに、出会いの場でこんな話題を出してしまったばかりに「マウンティングする幼稚なオバサン」なんて不名誉なレッテルを貼られるきっかけにもなりやすいのかもしれません。

婚活中のみなさまは、頭の片隅に置いておいて損はないかも!

 

■次に読まれているのは■

反則でしょ…! オトコがウンザリした「40代婚活女性」の仰天エピソード3選

ウッカリ逆効果? 男たちが「新年早々に見かけた」ドン引き婚活オバサン3例

年明け早々男たちが「ナシだ」とジャッジする40代女性の一人称3パターン

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

【男性心理】バツイチ男の心をつかむ40代女性の魅力とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第3…

【男性心理】なぜ女性との連絡先の交換は「ハードルの高い」儀式なのか

男性が「この女性いいな」と思ったときにどんなことを考えたり行動したりするのか。男性のこの行動ってどういう意味があるの?これって私は恋愛圏内のサインなの?それとも…

【男性心理】40代バツイチ男が婚活で10人以上と会って思ったこと5つ

改めて振り返ってみるとバツイチ男の私は婚活にあたって、出会い系アプリ・Webサービス・飲食店のパーティ・友人の紹介・・・有料の結婚相談所や仲人サービス以外のありと…

「二度と一緒に泊まらない!」男が決意した40代女性のホテルでの振る舞い3つ

本格的な行楽シーズンが到来し、愛しの彼と休日のたびにプチ遠出を楽しんでいる女性も少なくない時期です。秋は紅葉や旬グルメなど、このシーズンならではの“お楽しみ”もた…

【男性心理】だから結婚したい!40代男性が「妻」を求める3つのリアル

女性と同じく、「結婚したい」と婚活を頑張っているアラフォー男性は大勢います。婚活パーティや合コンなど足繁く参加し、出会いを求めて一生懸命自分をアピールする彼らで…

この歳でコレはないでしょ…! 男が40代女性の「キッチンまわりの悪癖」3例

「食の好み」は、男女の相性においても重要なテーマであるのは、間違いありません。味付けの“濃いor薄い”からはじまり、食材の合わせかたや、味噌汁に使う味噌の種類にいたるまで“好みの味”は、非常に幅広く、だから…

ねえ、それ自慢?オトコがドン引きする40代女性のキャリア話3選

40代ともなると、仕事ではそれなりにキャリアを積んできている女性も多いものです。実際、30代までの自分と比較しても、仕事に自信が増している実感があるかたも少なくないのではないでしょうか。ところがちまたには…

だらしないなぁ…男が一発でアウトだと感じる「40代女性のアイライン」NG3選

アイラインの出来は、目もとの印象のみならずメイク全体の印象をも左右する重要な部分。一方で、自分では自分が“目を閉じているときの様子”をしっかりとチェックするのは難しいことから、自分では「まぁそれなり」の…

無意識に言ってない? 恋愛に失敗する40代女性ほど口にしている魔のフレーズ3例

「掴み」はいいのに、交際が始まってしばらくすると、なぜか男性が距離を置き始めたりあからさまにテンションが下がったりすることに頭を抱えている40代女性もいらっしゃいます。「特に思い当たるところはないのに、…

非常識に見える…!? 使い方によって「上から目線オバサン」認定されるメールでの日本語3種

本人は“上から目線”で発しているつもりなんて毛頭ない言葉でも、相手の受け取りかたによっては「感じ悪いオバサンだなぁ……」となることもあります。特に、まだ相手のことがよくわかっていない段階では、なにげなく使…

新作プチプラ髪コスメ人気3「白髪」「うねり」プロの対策は

この春も、各メーカーから続々と春の新作コスメが展開中。気分が高揚しがちな春には、これまでとは違う“新しい自分”を目指して、コスメを新調する女性も少なくありません。「私もいろいろ物色中だけど、せっかく買う…

疲れたオバサン見え…! 「メイク下手な40代」は口と眉、そしてココが古いまま!

「あの人って、メイクが下手だよねー」なんて思われるのは、できれば避けたいのがホンネな女性は多いはず。メイクは、オシャレとしてだけでなく、マナーとしての側面もあるのは否めないだけに、“メイク下手”は即、不…

逆効果! 「マニュアル恋愛おばさん」の婚活がうまくいかない3つの理由

恋愛にかぎらず、物事にはマニュアルやセオリーがあるのも常ですが、恋愛に関して言えば“マニュアルどおり”な進めかたがアダとなることもあるから、いつの時代も私たちの頭を悩ませる永遠の関心テーマでもあるのかも…

30代までは必要なくても…40代になったら「老け見え対策」のリップが必要!

30代までは必要性を感じずとも、40代になってからは「絶対に手もとにあったほうがいい」と言えるコスメもたくさん。じわじわと押し寄せてくる年齢の波には勝てないけれど、ちょっとした“老化ポイント”くらいなら、コ…

30代までは不要でも……40代になったら「手元にあったほうがいい」アイコスメ3選

「目のまわりには、年齢が出やすい」とも言われるだけに、日ごろからフレッシュな仕上げを意識している40代には、アイメイクは若見えor老け見えの明暗を分ける重要なパーツのひとつ。30代までとは異なり、睡眠不足や…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事