20・30代ならよくても…「40代ではさすがにナシ」男に厳しいジャッジを下される女の特徴3例

20代や30代なら「アリ」でも、40代だと「ナシ」になることって、恋愛シーンにおいてはそれなりにあるようです。

出会いの場での会話ひとつにも「40代にもなって、さすがにキツイ……」と辛辣なジャッジを下されているケースもチラホラ。

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちから聞いてきた「20代や30代ならアリでも、40代だとナシだと思う」な女性の傾向を3選ご紹介します。

 

うっかり「ナシすぎるオバサン」に転落1:夢を追い続けていて生活基盤が不安定

「20代や30代前半までなら『役者になりたい』『画家になりたい』ってガムシャラに夢を追っている姿勢も素晴らしいと思うけど、40にもなって、コレをしている女性には正直、ついていけない。

いや、夢を追い続けるのに、年齢は関係ないって思いますよ? でも、生活基盤が不安定になりながらも夢を追い続けている40代は、さすがにナシです」(42歳男性)

 

「この前出会ったジャスト40歳の女性は、いい歳して役者志望だとかって劇団に所属していたけど……。

ぶっちゃけ、その年で芸に専念するでもなくアルバイトかけもちで食いつないでるって知り、見た目は可愛かったけど『あ、ナイな』って一瞬で思いました」(41歳男性)

 

夢を実現するのに、本来は年齢は関係ないはず。しかしそこに「生活基盤が不安定になってまで」という条件がつくと、厳しい目を向ける男性も少なくない実情です。

いつか花開く自分の夢を追い続ける姿勢は立派ながら、金銭的に不安定な実情が垣間見えると、真剣交際の相手としては選びにくいのも男性が抱くホンネのひとつなのかも。

 

うっかり「ナシすぎるオバサン」に転落2:「若い頃のそこそこの自分」に自慢げなのがミエミエ

「めちゃ美人ってわけでもなく、若い頃はそこそこかわいかったのかも?みたいな容姿のオバサンが、自分に自信満々な振る舞いをしていると、それだけで萎えます。

いい歳して若い頃の栄光にすがっている感じもするし、そもそも“そこそこ”なレベルで、そんな得意げになられてもって思うし……。

態度とか会話に、少しでもこういう雰囲気を感じ取った時点で、僕はムリです」(44歳男性)

 

「めちゃくちゃいい女とか、元有名芸能人とかってわけでもないのに、若い頃にちょっと“かわいい”ってチヤホヤされた自分に満足しているような発言をする40代女性、本気でウザいです。

若い頃なんて、みんなそれなりにかわいいって言われてきている人が多いし、“人並みよりちょっと上”レベルだっただけで、“いい女”を気取られても、面倒なだけですよ」(43歳男性)

 

絶世の美女というわけではなくとも、若かりし頃にそれなりにチヤホヤされた過去があると、40代になってもそんな自分に満足しがち。

女性からすると「余計なお世話!」と言いたくなるようなコメントもありましたが、過去のプチモテに自慢げな様子を態度に出してしまうと、敏感に察知する男性もいるのです。

 

色んな経験をしてきた40代だからこそ、やりがちなこと?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事