反則でしょ…! オトコがウンザリした「40代婚活女性」の仰天エピソード3選

「婚活」の名目で出会った女性に対し「この人、本気で結婚する気あるのか……?」と憤りを抱く男性もチラホラいるようです。

ひと口に「婚活」と言っても、その温度差には個人差があるだけに仕方のない話でもあるものの、意気揚々と「結婚前提で」お付き合いをしようと思っていたのに「想定外の答えが返ってきた!」と仰天した男性も。

今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、そんな男性たちから聞いた「反則だ」と感じた婚活中の40代女性にまつわる特徴に迫ります。

 

これは反則じゃないの? 男がウンザリした40代婚活女性1:「先に、興信所をつけさせてください」

「婚活名目で友人経由で紹介された41歳の女性がわりとタイプだったので、とりあえず付き合ってみて、相性をチェックしたいなって思っていたんです。

先にカラダの関係をもってしまってはいたんですが、まぁちゃんとしたほうがいいかなと、僕は礼儀のつもりで告白してみたんですよ。

すると、その女性からは『いいんですけど、先に興信所をつけさせてください。過去に、独身だと偽っていた既婚者に痛い目に遭っているので……』と返事が返ってきました。

気持ちはわかるけど、すでに既成事実まであるのに、いきなりこんなことを言われ、その瞬間に一気に付き合う気が失せましたね」(46歳男性/研究所勤務)

 

過去に痛い経験があると、つい関係を進めるのに臆病にもなりがち。

しかし“既成事実”はあるのに、いざ言葉にした途端に儀礼的になられると、困惑してしまうのも男性心理かもしれません。

女性側は、きちんと告白してくれたことをキッカケに、真面目に付き合おうとしただけかもしれませんが。

 

これは反則じゃないの? 男がウンザリした40代婚活女性2:「私のお金はあてにしないでね」

「まあまあ稼ぎのいい44歳の女性と、婚活系の集まりで出会い、意気投合。

結婚前提でお付き合いを進めてみようと思い、デートを重ねていました。

あるときに、雑談から理想の結婚生活みたいな話になったんですが、彼女の口からそこで『そうそう。私のお金は、一切あてにしないでね』、『ケチな男と結婚するつもりは毛頭ないので、よろしく』と、当たり前のような顔で言われてしまいました。

結婚するとなればそういうわけにもいかないのに、わざわざこんなことを言うなんて、唖然としてしまいましたね。

そこそこ見た目も綺麗だったので、きっと若い頃はチヤホヤされてきたんでしょう。でも、このひと言で、その人がずっと独身だった理由がわかったような気がしました。

若くて稼ぎの少ない女性じゃあるまいし、熱心に婚活しておきながら、こういう不躾な発言をあとからしてくるのって、反則だと思います」(48歳男性/工場経営)

 

お金と結婚生活は切っても切れない間柄にあるけれど、あまりにも露骨にホンネをぶつけてしまうと「それなら、最初からそう言ってよ!」と思ってしまう男性も。

40代の婚活となると、時間との戦いだと認識している男性もいるので、親しくなってからの本心を、思わず反則だと感じてしまったのかもしれません。

 

それは最初に話しておかないと反則だわ……次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事