「私、子ども嫌いなんです」はタブーワード? オンナが“子ども嫌い”で何が悪い!

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。先日、私の友人が「子ども嫌いの女性に対して、世間は冷たすぎる!!」と嘆いていました。どうやら“子どもはあまり好きじゃない”と意中の男性に話したところ、若干引かれてしまったそうです。彼女の代わりに言いたい。女性が子ども嫌いでなぜ悪いのかと。そこで子ども嫌いな方の代弁者として、女性の味方・中島アイが世間に物申しましょう。

 

「子ども嫌いというだけで悪者扱い」という悲しき現実

まずは世の男性が「子ども嫌いの女性」に対して、どのような印象を持っているのかを調べてみました。とあるアンケート調査の結果によると、「好印象」と回答した人はわずか4.0%。いっぽう「特に気にしない」という人は39.6%と4割近いものの、残り56.4%は「悪印象、結婚できないなと思う」と回答しています。

 

好印象をもって… とまでは言いませんが、「結婚できない」というのは余計なお世話。子ども嫌いでも既婚者はたくさんいますし、立派に子育てしている人がいるのも言わずもがな。そもそも“子どもが嫌い”というだけで、「悪」と決めつける人の方がイメージ最悪だと思うのですが…。

 

とはいっても、現に「子ども嫌い」にまつわるお悩み投稿は数知れず。例えばつい先日も、ある掲示板で「子ども嫌いってそんなに悪いこと?」というトピックが注目を集めていました。友人から「子どもはいつ産むの?」と聞かれた投稿者の女性は、「子どもは好きじゃないので産まない」と心の内を吐露。すると友人は、軽蔑の眼差しを投稿者に向けてきたといいます。

 

他にも周りから「おかしい」と責められたり、「子ども嫌いな人とは結婚できない」と言われて破局した… という悲しきエピソードがいっぱい。もはや女性の「私、子ども嫌いなんです」は“タブーワード”なのかもしれませんね。

 

10人に3人は“子ども嫌い”!?

しかし“子どもが嫌い・苦手”という人は、男女共にそこまで珍しい話ではありません。とある調査結果によれば、男女200人のうち34%の人が「嫌い」と回答しています。つまり10人いれば3人は“子ども嫌い”ということ。なのに世間には「子ども嫌い=悪」という偏見を持つ人がゴロゴロといます。

 

芸能人の好き嫌いは頻繁に唱えるのに、“子どもの好き嫌い”はご法度扱い。何も嫌いだからといって、目の前の子どもを邪険にするわけではありません。嫌いな食べ物をそっとお皿の隅に寄せるような、そのくらいのことなのになぜ“悪者扱い”なのでしょうか。

 

今やあらゆるものに対して、多様化が進んでいる昨今。例えば「結婚=女性の幸せ」という思想は薄れつつあり、独身女性でも人生を謳歌している人はたくさんいます。「男は仕事、女は家庭」という考え方は、時代錯誤だと鼻で笑われることでしょう。

 

“子ども嫌い”だって同じこと。動物や芸能人の好き嫌いがあるように、子どもの好き嫌いがあってもいいじゃない。「子ども嫌い=悪」という視野の狭い物差しで、女性たちの価値を計らないでほしいですね。

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

O型で乙女座の女性は気をつけて! 浮気されやすい女性の特徴

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。先日友人とランチをしていたら、「彼氏に浮気された…」という悩みを相談されました。しかも同じ彼氏に浮気をされたのは初めてでなく今回が4度目。私の友人なのでもちろんい…

え、コレってまさかヒゲ…? オトコの淡い幻想をぶっ壊す“オンナのムダ毛問題”

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。女性は何かとお手入れの大変な生き物ですが、中でも面倒くさいのが「ムダ毛の処理」。剃っても剃ってもまた生えてくるので、ムダ毛だけに不毛な戦いを強いられますよね。か…

清楚系よりセクシー系? 男性が好む下着の種類を大調査!

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。新年を迎えて心機一転、下着でも新調しようかとランジェリーショップに訪れた今日この頃。そこでふと気になったのが、“男ウケ”が本当にいい下着の種類です。さまざまな説が…

マンネリ解消は可能なのか?「一緒にいてもつまらない」と感じたらまずは“冒険”しろ!

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。カップルたちに突如襲いかかる「マンネリ」。実は10組に3組のカップルは、マンネリによって“破局”を迎えているそうです。付き合いたての頃はあんなにも幸せだったのに、ど…

男女の結婚観は雲泥の違い!? 現実的な女性ほど生き地獄になりやすい理由

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。巷でよく耳にする「結婚は人生の墓場」という言葉。よく職場の既婚者陣も結婚生活の不満をぼやいているので、思わず“結婚生活の実態”について検索してみました。すると女性…

“安定した収入”は武器になる!? 40オンナこそ「イマドキ男子」を狙うべき2つの理由

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。突然ですが、皆さんは交際相手より高収入だった際に抵抗を感じますか? 男性は何かとプライドの高い生き物。彼を傷つけるのではないかと、本当の収入額をひた隠しにしてき…

キャラ変女を撃退&オトコにモテる!? 40オンナが目指すべき「ネオぶりっ子」の実態

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。先日、私事ながら合コンに出陣してきました。その場は大いに盛り上がったのですが、一点気になったのが友人の豹変した態度。いつもは汚い言葉を使う友人が、まるで借りてき…

中居正広は“別れる”レベルでNG! 元カレと友達関係になるのは何故ダメなのか?

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。突然ですが、皆さんは別れた元カレと友達関係を築けますか? 後腐れが大嫌いな私はもちろんNOですが、世の中には“今カレがいても元カレと会い続ける”という女性も珍しくは…

松本人志も思わず納得? “若い子と結婚する人は精神年齢が低い”説が一理あるワケ

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。注目すればするほど面白い“芸能人の恋愛観”。12月7日の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)では、女優・秋吉久美子さんが“若い子と結婚する人は精神年齢が低い”と独特な…

浮気するヤツほど顔がビミョー!? “過去の話”でも浮気するオトコはやめておけ!

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。“浮気”は誰だって許しがたいもの。しかしそれが関係の終わった「過去の浮気」だった場合、あなたはどのような行動に出ますか? そのまま自分の胸に秘めておく? それとも彼…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事