これが正解。40代からの「ピンクリップ」の選び方、4つのルール【婚活リップにもオススメ】

前から使っていた口紅を塗ると顔がぼんやりして見える、疲れて見える、顔色が悪い……。そう思ったことはありませんか? 私、OTONA SALONE編集長・浅見は40代になってからとても痛感しています。

30代の頃はベージュかピンクのリップを愛用していましたが(当時のトレンドの影響もあります)、40代になってほぼ赤リップにシフト。ヌーディな色味よりハッキリしたカラーのほうが顔色がよく見える気がしたからです。

だけど最近「なんかピンクが使いたい」気分になってきました。

 

なぜ以前のピンクが似合わない?

でも、以前から持っていたピンクリップを塗ってみたらなんかしっくりこないんです。なぜだろうか考えました。それは「肌が変わってくる」からだと思います。肌の色も、肌質も、ハリ感も……。

くすみや乾燥による小ジワ、たるみや疲れなどは、年齢を重ねるにつれて少なからず肌にあらわれてきてしまいます(涙)。もちろんケアによって対策することはできますが、10年前の肌とまったく同じには戻せません。

少しでも肌をキレイに見せたい! 40代からリップに求めるところはコレです。そのためにはピンクの中でも「色選び」がとても重要なんじゃないかと思いました。

 

人気の「ピンクリップ」を塗ってみた

ピンクリップ。ここ数年、赤リップ派だった私としてはカワイイ色の象徴であるピンクはちょっと照れるわけです。モノは試しに、最近若い女子に人気だという某ブランドのピンクリップを塗ってみました。

たとえばこんなパーリーなシュガーピンク。色が淡いせいか、顔がもやっとしました(苦笑)。

塗ってみたら……なんか顔がぼんやりしました。唇の縦ジワが目立ちました(苦笑)。

とっても可愛い色なんですけどね。シュガーピンクのような白っぽいピンクでパールが強いものは、40代にはイマイチ似合わない気がしました。

 

40代からの「ピンクリップ選び」4つのルール

40代からのピンクリップには、どんなものがいいのでしょうか?

新製品の発表会やコスメカウンターに足を運び、いろいろとピンクリップを試しまくりました。その結果、肌がキレイに見える40代からのピンクリップ選びには、次のような4つのルールがあると実感したわけです!

□赤みのあるピンク(白っぽくない、ヌーディではない)

□黄みのあるピンク(青みが弱い)

□ツヤがあるもの(マットではない)

□クリーミーなもの(パールやラメは控えめ)

もちろん個人差はありますが、この4つのルールで選んだピンクリップのほうが、肌を明るくキレイに見せてくれると感じました。

ということで、リアルに使ってみて「よかった!」ピンクリップを厳選して4本ご紹介します!

 

【オトナ世代のピンクリップを「なりたいイメージ」でご紹介!】

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事