大久保佳代子ら、40代婚活女性が直面する「オトコにどこまで合わせるか問題」

3月8日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)で、「40歳からの婚活」を特集していました。

 

40代で結婚したと願う男女は増える一方で、結婚相談所に登録しているのは30代が一番多いそうですが、40代もそれに肉薄する勢いだそうです。シニア婚活も活発だそうで、結婚はもはや20代で一度の時代ではないのです。

 

しかし、だからといって、成婚率が上がっているかというと、そうでもありません。お見合いまでたどりつけないことも多く、いざお見合いをしてみると、「価値観の壁」にぶつかるそうなのです。

 

カレとぶつかる「価値観の壁」とは?

価値感の壁その①

たとえば、大手企業でバリバリ働く40代女性が、50代男性とお見合いをした時のこと。
その男性が「昨日、夜10時まで残業していて」と言っていたので、女性は「仕事をがんばっている自分をアピールしたい」と思い、「私なんて夜中の12時まで残業して、終電ですよ」と返したところ、相手の男性から“お断り”をされてしまったそうです。

 

お見合いを断る場合、「どこがイヤだったのか」を明言することはまずありません。時々、「私(ボク)のどこがダメだったんですか?」と相手に突関する猛者がおりますが、事を荒立てたくないので、本心は言わないでしょう。もしかしたら、外見が気に入らなかったのかもしれませんし、お見合いをしたくないのに紹介者の顔を立てて、いやいやお見合いをしたのかもしれない。なので、「12時まで働いていたから、断られた」ということが原因とは限らないと仮定した上で、考えてみましょう。

 

同番組の出演者のコメントは、以下のとおりです。
タレント・千秋は「もし、結婚することが目的なら、妥協すべき」
お笑い芸人・カンニング竹山は「この二人は結婚してもうまくいかないから、断られてよかった」、元婦人公論編集長、三木哲男氏は「外でバリバリやっている男は、家でくつろぎたい。家にも部下のようにバリバリした女性がいると疲れる」、つまり12時まで残業してる発言は余計であるとほのめかしました。結婚願望があるオアシズ・大久保佳代子は「オトコのプライドというものがあるから、私なら『12時まで残業していた』とは言わないかもしれない。けれど、どうしてそこまで気を使わないといけないんだ」とも話して、スタジオから笑いが起こっていました。

 

価値観の壁その②

海外旅行が好きで、結婚してからも行きたいと考えている40代の女性が、50代男性とお見合いをしたところ、その男性に「お金をかけるなら、旅行より食事」と言われたそうです。女性は男性に嫌われたくないばかりに、「そうだよね、旅行はお金かかるもんね」と合わせてしまったそうですが、モヤモヤしているそうです。このエピソードに、千秋は「結婚したい」という目的があるのなら女性側が合わせる、オオクボさんは「これは妥協する」と答えていました。

 

価値観の同じ男女なんて、この世にいるのか?

① と②のエピソード、みなさんはどうお思いになるでしょうか?

 

まず①に関してですが、私が気になったのは「昨日10時まで残業をしていて」という話は、どんな会話に組み込まれていたのかということ。

 

A. 最近は繁忙期なので、「昨日10時まで残業をしていて」
B. 会社の業績が悪くて、人手不足。なので「昨日10時まで残業をしていて」疲れがたまっている
C. オレ、仕事ができちゃうから、いろいろ頼られちゃって「昨日10時まで仕事しちゃって」

 

ざっと考えても、3つのパターンが思い浮かびます。たとえばAなら「この人と結婚した場合、忙しい時は23時くらいに帰ってくる」と結婚生活が想像できるから、女性側に有益な情報です。Bも「この人の会社はひょっとしたらヤバい」とか「この人と結婚したら、忙しいから家事を分担することは難しいかも」とシュミレーションする材料になる。Cはこういうふうにデキるアピールする男性に頼りがいを感じる人もいるでしょうし、「仕事の能率、悪いんじゃね?」と思う人もいるでしょうが、ここはお好きに判断してください。

 

相談者の女性は「男性より、自分のほうが上だと言ってしまったがために断られた」と思っているようですが、お見合いは性格を見定める場ではありません。男性の話を「今の〇〇という話は、結婚した場合どうなるか」と考えて、アリかナシか判断したらどうでしょうか。

 

次に②.これは男性側が「お金の使い方」について話しているわけですが、「お金の使い方」とは、逆に言うと「自分の財布を痛めたくない」と言うことでもありますから、方法は超簡単。結婚してもお財布を別にするのです。そうすれば、女性側が旅行に行っても、自分のカネで行っているわけですから、相手の男性の財布が痛むわけでない。面と向かって反対できないはずですし、もしかしたら男性側が「僕も行きたい」と言ってくる可能性もあります。40代を過ぎて結婚する人は夫婦でベッタリにならず、これまでの趣味や人間関係は努めてキープしたほうがいいと思います。

 

結婚するなら価値観が合う人とか、逆に価値観が合わなくて離婚したという話を聞きますが、そもそも価値観の合う人なんているのかな?というのが、私の考えです。たとえば、同じ旅行が趣味でも、いろーんなところを回りたい人もいれば、ゆっくり一都市に滞在したい人もいるでしょう。自然の中に行きたい人もいれば、芸術にひたりたい人もいる。飛行機もエコノミーでいいという人もいれば、飛行機での過ごし方も旅行だからビジネスがいいという人もいる。好みのツボは無数にあって、「何から何まで合う」ということは、まずありません。これば食事でも一緒です。ミシュランで星を取った店に行きたい人もいれば、赤ちょうちんを極めたい人もいるでしょう。

 

こういう時、心のきれいなライターなら「よく話し合って」とか言うのでしょうが、この方法だと「カネを出して、我慢もさせられた」と、どちらかに遺恨が残るもの。20代の結婚であれば「子どもが行きたいと言っている」と子どもをダシにしてお互いを納得させることができますが、40代は必ずしもそうとは限らない。それならば、お互い財布を別にして、好きなことをお互いやるほうが、ストレスがたまらないのではないでしょうか。年がら年中、一緒にいなくてもいいのです。

 

「男性を立てる」を刷り込まれた世代が、考えるべきことは……

スポンサーリンク

50歳目前、セックスは週2回するけどイッたことがない【40代、50代の性のリアル】#7

これまでのセックスでイッたことがない。だから、最後に一度でもいいからイッてみたいーー。この連載をはじめたとき、そう打ち明けてくる女性が多いのではないかと予想して…

磯野貴理子、二度目の離婚。「女のカネで店を出す夫」はクズなのか?

タレント・磯野貴理子が「はやく起きた朝は…」(フジテレビ系)で、24歳年下夫との離婚を発表しました。夫に「自分の子どもが欲しい」と切り出され、貴理子は「当然のこと…

セックスレス。したい私と、したくない夫。【40代、50代の性のリアル】#5

日本はセックスレス大国だ、とよくいわれる。一般的に、健康な男女のカップルに「1カ月以上、性交渉やセクシャルコンタクトがないこと」をセックスレスという。国内の既婚…

婚活中のセックス、傷つくことも多かった。【40代、50代の性のリアル】#6

結婚相手に何求めるか。ひとつだけ挙げるのがむずかしいなら3つ挙げるとする。当然、人それぞれだろうがそのなかに「セックスの相性」が入る人はどのくらいいるだろう。筆…

セックスは嫌いだった、不倫の恋に落ちるまでは。【40代、50代の性のリアル】#4

セックスがきらいなんです、という女性は案外多い。世間的には「すごくいいもの」とされている。なのに自分は好きではない。気持ちよくなったこともない。もしかすると自分…

イチロー夫人、弓子さんが女子アナ時代に示した「控えめ」だけど最強の攻め

お代替わりが近づいています。4月1日には新しい元号、「令和」が発表されました。5月1日から、我々が浩宮さまとお呼びしている現在の皇太子さまが、天皇陛下となられます。…

40代で絶頂を知り、性行為観が変わった【40代、50代の性のリアル】♯11

メディアで性行為についての悩みを広く募ると、最も多いのが「オーガズムを経験したことがない」になるそうだ。けれどセックスの満足度をイッた/イカないのみで図るのは、…

延々続いたゆきずりセックス、そして迎えた結末は【40代、50代の性のリアル】#9

セックスはひとりではできないし、その質は相手によって大きく左右される。けれど、それ以前に“自分自身”がどういう状態にあるかでその内容はまったく異なるものになるので…

藤あや子、魔性の女は意外と「薄情」?オトコを骨抜きにし続ける半生

3月31日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)は秋田つながりで、俳優・柳葉敏郎、タレント・佐々木希、歌手・藤あや子が出演しました。美人の産地として名高い秋田らし…

セックスに溺れる女性の背景にある心理とは?【40代、50代の性のリアル】#10

この人に必要とされている--そう感じてはじまった不倫の恋がハルカさん(46歳)に残したものは、苦い思い出のほかにもうひとつあった。それは、セックスに対する強烈な好奇…

上沼恵美子に見る「オンナの幸福」って?甲斐性ある男との結婚がすべてではない

私はテレビを見てコラムを書く小商いをしているため、テレビを見ることは仕事なわけですが、仕事を忘れて大爆笑してしまうのが、上沼恵美子(以下、えみちゃん)の出ている番組なのです。山口百恵さんになれなかった…

LiLiCoは本当にサバサバなのか?「自称サバ女」が抱える深い闇

警察のお世話にならず、仕事をクビにならないというのが大前提がつきますが、1%でも興味があること、もしくは可能性があることはトライしたらいいのではないかと私は思っています。挑戦しないことには成功率0%で…

小泉進次郎のオンナに学ぶ、「ハイスペ婚」目指す40代の心得

内閣総理大臣・小泉純一郎のジュニアで、自民党厚生労働部会長・小泉進次郎。総理にもっとも近いと言われるオトコが、ニュースキャスター・滝川クリステルと結婚しました。おモテになりそうな顔立ちですし、総理大臣…

佐藤仁美は「サバサバキャラ」だから5歳年下にモテたのか?40代が陥る錯覚

テレビの世界に〇〇キャラという言葉は、すっかり定着しています。〇〇キャラは、実際に〇〇である必要はなく、他人との差別化として使われるものです。誰がキャラをテレビの世界に用いるようになったのか、正確なと…

浜崎あゆみ「身を滅ぼすほどの愛」でわかる「低迷」の本当の理由

浜崎あゆみ(以下、あゆ)の暴露本とも言われた「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)。作家の小松成美氏が「事実に基づくフィクション」として、あゆの過去の恋愛について書いたものです。早速読んでみましたが、「ど…

滝川クリステルという生き方、「決別できるオンナ」を作ったものは何か

若いときに、知っておけばよかったと思うことはいくつかありますが、その一つは「オトコは強くない」ではないかと思うのです。今の20代のカップルは、同棲しても財布は別、男性も家事をして、食事もそれそれ一人で…

壇蜜「俺が出世しないのは妻のせい」と思いたい男のニーズを引き受ける理由

売れる芸能人というのは、世相というか時代を反映しているのではないでしょうか。現代の女性アイドルに求められる要素とは?たとえば、昭和世代の女性アイドルや女子アナは、やる気のなさを頻繁にアピールしていまし…

デヴィ夫人、大統領夫人の座を射止めた「嫉妬」の燃料化テクニック

販売のお仕事は大変だなぁと思うことがあります。新宿伊勢丹のフレグランス売り場で、30代くらいの女性が「オトコする香水が欲しい」と販売員さんに話しかけていました。売り場でよく繰り広げられるシーンなのかもし…

中森明菜、実はジャニーズに翻弄され続けてきたその人生

特定の誰がをうらんでいるわけではありませんが、オトナやそのほかの人にだまされたなぁと思うことはあります。「努力は裏切らない」とか、「結果よりも、プロセスのほうが大事」とか。しかしながら、私のような人間…

蒼井優、「しずちゃんにも内緒」に秘められた魔性のオンナのこれだけの覚悟

「いい話だ!」とネットが歓喜した、非モテを掲げてきた南海キャンディーズ・山里亮太と美人女優・蒼井優の結婚。私には「人気のお笑い芸人と人気女優の職場結婚」「紹介したのは、職場の人(山里の相方であるしずち…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事