磯野貴理子、二度目の離婚。「女のカネで店を出す夫」はクズなのか?

タレント・磯野貴理子が「はやく起きた朝は…」(フジテレビ系)で、24歳年下夫との離婚を発表しました。夫に「自分の子どもが欲しい」と切り出され、貴理子は「当然のことだよ」と身を引く覚悟をしたそうです。

 

「女性自身」(光文社)は、「磯野貴理子が年下夫と離婚、その理由に涙が止まらないの声」と貴理子に同情するスタンスをとっています。

 

夫婦のことは他人にはわからないので、何とも言えませんが、私が思ったのは、以下の2つのことです。

 

1. 夫は「本当に」貴理子と結婚したいと思っていたのか
2. 離婚の理由は「本当に」子どもが欲しいからなのか

 

貴理子は結婚を2回しています。

 

最初の結婚は39歳の時。相手は7歳年下の担当マネージャーでした。男性の母親は漫才トリオ・かしまし娘の正司照枝。お姑さんである照枝と貴理子が一緒にテレビに出たとき、「貴理子が妊娠したかもしれないと言い出して、うちの息子が薬局で検査薬を買いに行ったら、勘違いだった」という話を繰り返しており、孫プレッシャーは強かったようです。

 

離婚後の貴理子は24歳年下のバーテンダーである現在の夫と知り合い、交際を始めます。貴理子がレギュラー出演している「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)で公開プロポーズ。貴理子がOKをして、再婚をする運びとなりました。

 

「公開プロポーズ」は、夫の本心だったのか?

ここで1について考えてみましょう。

 

私がなぜ「貴理子の夫は本当に結婚したいと思っていたのか」について疑問に思ってしまうかというと、「公開プロポーズ」という形だったからです。結婚の申し込みをするのに、カメラはいらないはず。それなのに、なぜ「公開プロポーズ」という形をとったかというと、まだ20代前半の若者が、テレビの世界のオトナたちに丸めこまれて、外堀を埋められちゃったのかなという感じがしないでもありません。

 

いつかは自分の店を持ちたいと思って働く20代前半の若者が、芸能人(貴理子)と知り合った。だいぶ年上だけど、芸能人だけあってきれいだし、お金も持っている。貴理子のつてで業界人や有名人とも知り合えた。正直、結婚については考えていないけれど、今のところつきあっていきたいくらいの気持ちの若者を「その気にさせる」ことくらい、テレビの世界のオトナには難しくもなんともないでしょう(テレビは視聴率を上げることが目標なので、その後の二人の人生がどうなろうが、知ったことではありません)。

 

有名人の恋人(もしくは夫)というのは、労せずしてテレビに出られるというおいしいポジションであり、男性も目立つことが嫌いではなかった。なので、あまり深く考えずにプロポーズしてしまったという可能性は0ではないと思います。

 

「結婚はメリットだ」と私はしつこく書いていますが、貴理子は夫のために出資して、バーを開きます。周囲の芸能人や業界人をお店に連れて行ったり、売り上げのために自分もよく飲んだりと営業努力は惜しまなかったようです。大量の飲酒が祟ったのか、貴理子が脳梗塞を起こした際は、夫が救急車を呼んでくれて、重症化を防げたそうです。

 

しかし、「女性セブン」(小学館)によると、貴理子の入院中に夫は飲み会で知り合った女性に暴力をふるってしまいます。刑事事件にはしたくないという女性の意向で、弁護士を入れて示談交渉を進めますが、その時の夫側の弁護士が「行列のできる法律相談所」に出演していたことから、貴理子の紹介ではないかと見られているようです。入院中に余計なストレスをかけてくれるなと言いたいところです。

 

その上、「女性自身」(光文社)には、脳梗塞には飲酒がよくないため、夫に「店に来るな」と言われて、貴理子が浮気を疑っているという記事もありました。

 

カネ目当ての結婚はダメなのか?

カネを出させるわ、弁護士のお世話になるわ、浮気の心配もあるわでふんだりけったりともいえるでしょうが、私は男女ともカネが目当ての結婚が悪いとは思わないのです。

 

結婚するのには、どんな理由でもいいと思います。カネが好きカオが好き、セックスが合う。なんでもOKです。理由よりも大事なのは、相手を「幸せにしたい」「大事にしたい」と行動できるかだと思うからです。

 

貴理子の夫の場合、貴理子のほうが年上でお金を持っているわけですから、出してあげるのはある意味当たり前です。が、そこで貴理子に感謝せず、問題ばかり起こすというのは、「そういう人」もしくは「結婚もしくは貴理子をなめてる人」なのではないかと思います。

 

次に2.

結婚当初はいらないと思っていたけれど、自分の子どもが欲しくなったという可能性はもちろんあるでしょう。それは本人でないとわからないことですが、「ほかに好きな人ができたから別れてほしい」と言うよりも、「子どもがほしい」と言うほうが離婚話をまとめやすいことを考えると100%本音と決めることもできないのではないでしょうか。

 

たとえ離婚することになっても、離婚は失敗ではない。そのワケとは?

50歳目前、セックスは週2回するけどイッたことがない【40代、50代の性のリアル】#7

これまでのセックスでイッたことがない。だから、最後に一度でもいいからイッてみたいーー。この連載をはじめたとき、そう打ち明けてくる女性が多いのではないかと予想して…

セックスレス。したい私と、したくない夫。【40代、50代の性のリアル】#5

日本はセックスレス大国だ、とよくいわれる。一般的に、健康な男女のカップルに「1カ月以上、性交渉やセクシャルコンタクトがないこと」をセックスレスという。国内の既婚…

婚活中のセックス、傷つくことも多かった。【40代、50代の性のリアル】#6

結婚相手に何求めるか。ひとつだけ挙げるのがむずかしいなら3つ挙げるとする。当然、人それぞれだろうがそのなかに「セックスの相性」が入る人はどのくらいいるだろう。筆…

セックスは嫌いだった、不倫の恋に落ちるまでは。【40代、50代の性のリアル】#4

セックスがきらいなんです、という女性は案外多い。世間的には「すごくいいもの」とされている。なのに自分は好きではない。気持ちよくなったこともない。もしかすると自分…

イチロー夫人、弓子さんが女子アナ時代に示した「控えめ」だけど最強の攻め

お代替わりが近づいています。4月1日には新しい元号、「令和」が発表されました。5月1日から、我々が浩宮さまとお呼びしている現在の皇太子さまが、天皇陛下となられます。…

大久保佳代子ら、40代婚活女性が直面する「オトコにどこまで合わせるか問題」

3月8日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)で、「40歳からの婚活」を特集していました。40代で結婚したと願う男女は増える一方で、結婚相談所に登録しているのは30代…

40代で絶頂を知り、性行為観が変わった【40代、50代の性のリアル】♯11

メディアで性行為についての悩みを広く募ると、最も多いのが「オーガズムを経験したことがない」になるそうだ。けれどセックスの満足度をイッた/イカないのみで図るのは、…

延々続いたゆきずりセックス、そして迎えた結末は【40代、50代の性のリアル】#9

セックスはひとりではできないし、その質は相手によって大きく左右される。けれど、それ以前に“自分自身”がどういう状態にあるかでその内容はまったく異なるものになるので…

藤あや子、魔性の女は意外と「薄情」?オトコを骨抜きにし続ける半生

3月31日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)は秋田つながりで、俳優・柳葉敏郎、タレント・佐々木希、歌手・藤あや子が出演しました。美人の産地として名高い秋田らし…

セックスに溺れる女性の背景にある心理とは?【40代、50代の性のリアル】#10

この人に必要とされている--そう感じてはじまった不倫の恋がハルカさん(46歳)に残したものは、苦い思い出のほかにもうひとつあった。それは、セックスに対する強烈な好奇…

上沼恵美子に見る「オンナの幸福」って?甲斐性ある男との結婚がすべてではない

私はテレビを見てコラムを書く小商いをしているため、テレビを見ることは仕事なわけですが、仕事を忘れて大爆笑してしまうのが、上沼恵美子(以下、えみちゃん)の出ている番組なのです。山口百恵さんになれなかった…

LiLiCoは本当にサバサバなのか?「自称サバ女」が抱える深い闇

警察のお世話にならず、仕事をクビにならないというのが大前提がつきますが、1%でも興味があること、もしくは可能性があることはトライしたらいいのではないかと私は思っています。挑戦しないことには成功率0%で…

小泉進次郎のオンナに学ぶ、「ハイスペ婚」目指す40代の心得

内閣総理大臣・小泉純一郎のジュニアで、自民党厚生労働部会長・小泉進次郎。総理にもっとも近いと言われるオトコが、ニュースキャスター・滝川クリステルと結婚しました。おモテになりそうな顔立ちですし、総理大臣…

佐藤仁美は「サバサバキャラ」だから5歳年下にモテたのか?40代が陥る錯覚

テレビの世界に〇〇キャラという言葉は、すっかり定着しています。〇〇キャラは、実際に〇〇である必要はなく、他人との差別化として使われるものです。誰がキャラをテレビの世界に用いるようになったのか、正確なと…

浜崎あゆみ「身を滅ぼすほどの愛」でわかる「低迷」の本当の理由

浜崎あゆみ(以下、あゆ)の暴露本とも言われた「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)。作家の小松成美氏が「事実に基づくフィクション」として、あゆの過去の恋愛について書いたものです。早速読んでみましたが、「ど…

滝川クリステルという生き方、「決別できるオンナ」を作ったものは何か

若いときに、知っておけばよかったと思うことはいくつかありますが、その一つは「オトコは強くない」ではないかと思うのです。今の20代のカップルは、同棲しても財布は別、男性も家事をして、食事もそれそれ一人で…

壇蜜「俺が出世しないのは妻のせい」と思いたい男のニーズを引き受ける理由

売れる芸能人というのは、世相というか時代を反映しているのではないでしょうか。現代の女性アイドルに求められる要素とは?たとえば、昭和世代の女性アイドルや女子アナは、やる気のなさを頻繁にアピールしていまし…

デヴィ夫人、大統領夫人の座を射止めた「嫉妬」の燃料化テクニック

販売のお仕事は大変だなぁと思うことがあります。新宿伊勢丹のフレグランス売り場で、30代くらいの女性が「オトコする香水が欲しい」と販売員さんに話しかけていました。売り場でよく繰り広げられるシーンなのかもし…

中森明菜、実はジャニーズに翻弄され続けてきたその人生

特定の誰がをうらんでいるわけではありませんが、オトナやそのほかの人にだまされたなぁと思うことはあります。「努力は裏切らない」とか、「結果よりも、プロセスのほうが大事」とか。しかしながら、私のような人間…

蒼井優、「しずちゃんにも内緒」に秘められた魔性のオンナのこれだけの覚悟

「いい話だ!」とネットが歓喜した、非モテを掲げてきた南海キャンディーズ・山里亮太と美人女優・蒼井優の結婚。私には「人気のお笑い芸人と人気女優の職場結婚」「紹介したのは、職場の人(山里の相方であるしずち…

注目の記事

LOVEに関する最新記事