#137 なんか「彼の様子が違う」⁉ 4回目デートでわかったこと【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年以上の46歳。OTONA SALONE編集長・アサミは現在婚活歴2年半。久しぶりに「好き」という感情が出てきた恋愛ご無沙汰女にもやっと春がきた!

と、思いきやデート相手のジェントルさんは夕方でそそくさと帰っちゃうし、メッセージの返信はないし……と悩んだり。なんだかよくわからない展開に。これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

朝に届いた、新着メッセージ

猫ちゃん飼いたい。

朝起きて、スマホをチェックすると、新着メッセージの相手はジェントルさんだった。

ジェントル「昨日はデートありがとうございました。楽しかったです。僕ばっかり話してなかったでしょうか。いろいろ聞いていただいてありがとうございました」

よかった。楽しかったって。ホッとした。私、ジェントルさんの話を聞いてるのが楽しかったからいいの! それに“デート”って書いてくれてる♡ デートってことでよいのですね? やだ、うれしい。ほんの3文字に歓喜する私。

ジェントル「急に用事が入ってしまってすみませんでした。次回はもう少しゆっくりできるようにいたしますね」

 

恋愛ご無沙汰歴、終了!

デートって認定してくれたし、次回はって書いてくれたジェントルさん。ということは、またデートしてくれる、会ってくれるってことですよね! 「次回」と「デート」という文字だけで浮かれている40代独女。我ながら単純だ。

次回っていつかしら……♡

そのうち次のデートがあるという期待感をいだきながら幸せな数日を過ごした。恋愛しているときの気分の高揚って、こういうことなんだ。

思えば、自分が“恋愛モード”になるのはいつ以来? 前の彼と別れたあと1年後くらいに出会ったクリエイターさんのとき以来だから、8年半ぶりだわ(でも既婚者と判明して終了)! 恋人いない歴は9年半を継続中だけど、恋愛ご無沙汰歴はとりあえず8年半で終わったということよね。私はいま、恋をしている。もう恋愛ご無沙汰女子じゃない!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事