女は「出世するほど結婚しにくい」⁉  働く女性572人にリアルな答えを聞いてみた結果…

女性が仕事で出世することと結婚問題は関係があるのでしょうか? 日本FP協会(所在地 東京都港区、理事長 白根壽晴)が全国の20代~50代の就業女性を対象に「働く女性のくらしとお金に関する調査」を実施した中で、見逃せないアンケート結果がありました。

 

働く未婚女性からみた本音は?

日本FP協会調べ ※クリックして拡大

 

20代~50代の働く女性のうち、未婚者(572名)に、「Q 女性は出世するほど、結婚相手が見つかりにくくなると思いますか」を聞いたところ、全体で『そう思う』の合計は63.8%、『そう思わない』の合計は36.2%となりました。この数字は、正規雇用者と非正規雇用者を含んだ数字です。

 

そのため「正規雇用で役職あり」の女性にかぎっていえば、『そう思う』はさらに増えてなんと71.8%、『そう思わない』たった28.2%。役職についている女性たちの7割が、女は出世するほど結婚相手が見つかりにくいと強く感じているというのが、リアルな声なのです。

 

出世と結婚は反比例? リアルな声は

働く管理職女性が多いOTONA SALONE読者にも、この件について聞いてみたところ、こんな声があがってきました。

「役職につくと仕事の責任や部下のフォローが増えて自分の時間が少なくなり、出会いの機会が減ると思う」(42歳・商社・未婚)

「出会った男性に名刺を渡して、私の部長という肩書きを見た瞬間に“すごいですね”“バリキャリですね”と言われました。その時点で恋愛対象から除外されたんだと感じました」(40歳・メーカー・バツイチ)

役職のある女性=怖い・気が強いと思われるみたいで、恋愛や結婚にプラスにはなっていない気がします。そんなことないんですけど……」(48歳・アパレル・未婚)

「結果論なのかもしれないけれど、うちの会社で部長職の40、50代の女性が4人いますが、既婚1名、バツイチ1名、未婚独身2名です。出世している女性の50%が未婚、バツイチを含めたら75%がシングル! 男性で出世している人の50%が未婚だとは思えないので、世の中全体の割合から考えて、女性の場合は出世するほど結婚相手が見つかりにくい気がします」(46歳・マスコミ・未婚)

「女性よりも優位に立ちたいと考える男性は、出世している女性を選ばないのかもしれません。男のプライドなんでしょうか」(45歳・公務員・未婚)

 

一方で、こんなご意見も

もちろん、『女性の出世と結婚は関係ない』というご意見をくださったかたもいます。

「相手から結婚したいと思わせる魅力があれば、出世は関係ないと思います」(44歳・流通・既婚)

「結婚できない理由を、仕事や出世のせいにしたいだけでは? 本当はそうじゃない部分もあるかもしれないのに」(47歳・PR会社・未婚)

「出世している女性がむしろ、男性を選んでいるのかもしれませんね。パートナーは自分より出世している男性であってほしいと。ハイ、私を含め……」(42歳・マスコミ・未婚)

なかにはこんなパンチのあるご意見をくれたかたも!

「出世している女性という理由で結婚相手とみなさない男性は、いろんな意味で器が小さいのでこちらからご遠慮いたします!」(44歳・経営者・未婚)

 

男性のプライド? キャリア女性をとりまく環境?

いちおう管理職かつ、未婚独身のOTONA SALONE編集長・浅見です。「出世するほど結婚相手が見つかりにくいと思うか?」という質問に対して、私自身は「ややそう思う」でしょうか。

私の場合、出世ではなく仕事をガムシャラにやっていて恋愛に時間を割かなかったからの現在なわけで、平社員のときから恋人いない期間が長かったのです。つまり、私自身は出世に関係なく結婚相手が見つからなかったわけです。

一方で、男性が女性より仕事の肩書で優位に立ちたいという男のプライドがあるのかなぁという部分も感じることがあります。

知り合いで夫が1歳年上の夫婦がいるのですが、妻のほうが夫より年収が高いのです。年上妻ならそうでもないのでしょうけれど、妻が年下なので、夫側のコンプレックスはかなりあるように感じます。そのせいか、かなり夫婦の間に冷たい空気が流れていたそうです。

ただ近年、夫のほうが肩書的には出世したら、夫婦関係は安定したとのことですが……(年収は相変わらず妻が上らしい)。男のプライドというか、男のメンツみたいなものが保たれたのでしょうかね。

 

ご意見にもあった「出世している女性が、自分より出世している男性を求めてしまう」という部分もあると思います。

出世している女性たちは、仕事上で出世している男性と会う機会も多いのでしょう。いわゆるエグゼクティブな男性が多い環境にいると、自分の結婚相手にも同等のものを求めてしまうのかもしれません。

新聞社に勤めるあるキャリア女性は「まわりの男性が私以上にキャリアや年収のある方ばかりだから、それが当たり前に思ってしまうんですよね」……と言っていました。その気持ちもわかる気がします。

 

そもそも問題なのは

この質問をもし男性に、「男性は出世するほど、結婚相手が見つかりにくくなると思いますか?」と聞いたらどうでしょうか。おそらく「そう思う」「そう思わない」の割合は逆になるのではないでしょうか。出世と男性が結婚しにくいことは、“関係ない”というアンケート結果になる気がします。

男性の場合はむしろ、出世しているほど結婚しやすかったりするのでは?

 

そもそも問題なのは、女性に関してのみ「出世と結婚しにくい」と思われる世の中ということ。なぜそう思われる社会なのでしょうか?

ひとつにはいまだもって日本の企業における管理職は男性が圧倒的に多いことかもしれません。

女性の管理職は少ない=めずらしい=普通じゃないという社会通念があるのが現実。たとえば、両親ともに管理職の家庭に育った子供は、女性が管理職であることは当たり前だと思うでしょうし、大人になっても出世している女性が結婚しにくいとは思わない人に育つと思います。

 

またひとつには、管理職の働き方にも見直しが必要なのかもしれません。

管理職となると、仕事の責任の範囲も重圧も部下も増えます。それによって時間の拘束が長くなり、プライベートの時間が減ってしまいます。ワークライフバランスが叫ばれている昨今ですが、なかなかバランスが取れている人は多くはないのではないでしょうか。管理職、非管理職問わず、どのような立場の人にもワークライフバランスは大切です。

 

どうして女性だけが、出世と結婚の関係をクローズアップされるのか。出世している女性を魅力的だと思う男性が増えたり、キャリアを積んでもプライベートの時間がもっと割けるような社会になったりしたら、女性のみこんな関係性をリサーチされることもなくなるのではないでしょうか?

いずれにしても、「出世と結婚しにくいことは関係ない」と感じる社会になっていくことをのぞみます。男だとか女だとかに関係なく。

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

おひとりさまOK! シンガポールで絶対食べたい「3大地元グルメ」

シンガポールに行ったら何を食べましょうか。オトナ女性の一人旅がふえている昨今、女性一人でも入りやすい「おひとりさまグルメ編」をお届けします。人気店だけれど予約せずにサクッと入れる、シンガポールの3大名…

#158 別れの危機、どうやって回避する? 47歳独女の場合【40代編集長の婚活記】

40代編集長の婚活記、連載スタートして3周年を迎えました! つまり、3年経っても40代の婚活は終わっていないというワケで……(苦笑)。婚活2年半で、やっとのことで恋人(ジェントルさん・49歳・バツイチ・別居中の…

#157 「ごめん」って? 距離を置いた恋人と再会してみると【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はシンプルにはいかない……。OTONA SALONE編集長アサミ、47歳。人生初の婚活をスタートさせて約3年。地道な婚活2年半で、やっとのことで恋人(ジェントルさん・49歳・バツイチ・別居中の子供あり)ができる…

40代から「やめてよかった」こと。心の疲れを減らす、時間の使い方

40代になってから変化したことが、私にはたくさんあります。30代の頃に比べて肌や髪も変化したし、ファッションも変わったし、仕事で異動もありました。その変化の中には新しく始めたこともありますが、やめたことも…

#156 別れ話?それとも? 20日ぶりの彼からの電話とは【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は山あり、谷あり……。OTONA SALONE編集長アサミは現在47歳。人生初の婚活をスタートさせてまもなく3年になる。出会いを求め、さまざまな婚活に果敢にトライ。2年半の活動を経て、やっと一人の男性(ジェン…

#155  フラれる予感⁉ 「恋人の病気」が発覚して【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、いろいろな意味で紆余曲折がある。OTONA SALONE編集長アサミ・47歳、人生初の婚活をスタートさせて約3年。婚活パーティや婚活アプリ、知人の紹介なども経験し、知人のお誘いで行ったレセプションで出…

#154 なんで⁉ 彼から2週間「連絡がない」問題【40代編集長の婚活記】

「40代で婚活しても遅い」というコメントもいただいたけれど……。44歳から婚活を始めてまもなく3年、リアル婚活体験記のパイオニア・OTONA SALONE編集長アサミ・47歳。婚活パーティや婚活アプリ、知人の紹介などさま…

#153 まさか!40代恋愛に起こる「悲しい現実」【40代編集長の婚活記】

40代独女の婚活はうまくいくのか、いかないのか? リアル&ガチな婚活体験コラムを実名&顔出しで書いている「婚活記」のパイオニア・OTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティや婚活アプリ、知人の紹介などさまざま…

#152 イヤな予感!連絡が来なくなった彼からの「告白」【40代編集長の婚活記】

独身のまま40代をむかえた独女が婚活したら、結婚できるのかできないのか──⁉ OTONA SALONE編集長アサミがリアルに婚活を始めてまもなく3年。婚活パーティや婚活アプリなどでたくさんの男性と出会い、デートしたり、…

#151 どうして?交際2カ月、40代独女がかかえた「不安」とは【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴の長いご無沙汰な40代独女が、婚活してみたら──⁉ OTONA SALONE編集長アサミがリアルに婚活を始めてまもなく3年。婚活パーティや婚活アプリをはじめとしたさまざまな婚活にいそしみ、何度もフラれ、断ら…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事