女は「出世するほど結婚しにくい」⁉  働く女性572人にリアルな答えを聞いてみた結果…

女性が仕事で出世することと結婚問題は関係があるのでしょうか? 日本FP協会(所在地 東京都港区、理事長 白根壽晴)が全国の20代~50代の就業女性を対象に「働く女性のくらしとお金に関する調査」を実施した中で、見逃せないアンケート結果がありました。

 

働く未婚女性からみた本音は?

日本FP協会調べ ※クリックして拡大

 

20代~50代の働く女性のうち、未婚者(572名)に、「Q 女性は出世するほど、結婚相手が見つかりにくくなると思いますか」を聞いたところ、全体で『そう思う』の合計は63.8%、『そう思わない』の合計は36.2%となりました。この数字は、正規雇用者と非正規雇用者を含んだ数字です。

 

そのため「正規雇用で役職あり」の女性にかぎっていえば、『そう思う』はさらに増えてなんと71.8%、『そう思わない』たった28.2%。役職についている女性たちの7割が、女は出世するほど結婚相手が見つかりにくいと強く感じているというのが、リアルな声なのです。

 

出世と結婚は反比例? リアルな声は

働く管理職女性が多いOTONA SALONE読者にも、この件について聞いてみたところ、こんな声があがってきました。

「役職につくと仕事の責任や部下のフォローが増えて自分の時間が少なくなり、出会いの機会が減ると思う」(42歳・商社・未婚)

「出会った男性に名刺を渡して、私の部長という肩書きを見た瞬間に“すごいですね”“バリキャリですね”と言われました。その時点で恋愛対象から除外されたんだと感じました」(40歳・メーカー・バツイチ)

役職のある女性=怖い・気が強いと思われるみたいで、恋愛や結婚にプラスにはなっていない気がします。そんなことないんですけど……」(48歳・アパレル・未婚)

「結果論なのかもしれないけれど、うちの会社で部長職の40、50代の女性が4人いますが、既婚1名、バツイチ1名、未婚独身2名です。出世している女性の50%が未婚、バツイチを含めたら75%がシングル! 男性で出世している人の50%が未婚だとは思えないので、世の中全体の割合から考えて、女性の場合は出世するほど結婚相手が見つかりにくい気がします」(46歳・マスコミ・未婚)

「女性よりも優位に立ちたいと考える男性は、出世している女性を選ばないのかもしれません。男のプライドなんでしょうか」(45歳・公務員・未婚)

 

一方で、こんなご意見も

もちろん、『女性の出世と結婚は関係ない』というご意見をくださったかたもいます。

「相手から結婚したいと思わせる魅力があれば、出世は関係ないと思います」(44歳・流通・既婚)

「結婚できない理由を、仕事や出世のせいにしたいだけでは? 本当はそうじゃない部分もあるかもしれないのに」(47歳・PR会社・未婚)

「出世している女性がむしろ、男性を選んでいるのかもしれませんね。パートナーは自分より出世している男性であってほしいと。ハイ、私を含め……」(42歳・マスコミ・未婚)

なかにはこんなパンチのあるご意見をくれたかたも!

「出世している女性という理由で結婚相手とみなさない男性は、いろんな意味で器が小さいのでこちらからご遠慮いたします!」(44歳・経営者・未婚)

 

男性のプライド? キャリア女性をとりまく環境?

いちおう管理職かつ、未婚独身のOTONA SALONE編集長・浅見です。「出世するほど結婚相手が見つかりにくいと思うか?」という質問に対して、私自身は「ややそう思う」でしょうか。

私の場合、出世ではなく仕事をガムシャラにやっていて恋愛に時間を割かなかったからの現在なわけで、平社員のときから恋人いない期間が長かったのです。つまり、私自身は出世に関係なく結婚相手が見つからなかったわけです。

一方で、男性が女性より仕事の肩書で優位に立ちたいという男のプライドがあるのかなぁという部分も感じることがあります。

知り合いで夫が1歳年上の夫婦がいるのですが、妻のほうが夫より年収が高いのです。年上妻ならそうでもないのでしょうけれど、妻が年下なので、夫側のコンプレックスはかなりあるように感じます。そのせいか、かなり夫婦の間に冷たい空気が流れていたそうです。

ただ近年、夫のほうが肩書的には出世したら、夫婦関係は安定したとのことですが……(年収は相変わらず妻が上らしい)。男のプライドというか、男のメンツみたいなものが保たれたのでしょうかね。

 

ご意見にもあった「出世している女性が、自分より出世している男性を求めてしまう」という部分もあると思います。

出世している女性たちは、仕事上で出世している男性と会う機会も多いのでしょう。いわゆるエグゼクティブな男性が多い環境にいると、自分の結婚相手にも同等のものを求めてしまうのかもしれません。

新聞社に勤めるあるキャリア女性は「まわりの男性が私以上にキャリアや年収のある方ばかりだから、それが当たり前に思ってしまうんですよね」……と言っていました。その気持ちもわかる気がします。

 

そもそも問題なのは

この質問をもし男性に、「男性は出世するほど、結婚相手が見つかりにくくなると思いますか?」と聞いたらどうでしょうか。おそらく「そう思う」「そう思わない」の割合は逆になるのではないでしょうか。出世と男性が結婚しにくいことは、“関係ない”というアンケート結果になる気がします。

男性の場合はむしろ、出世しているほど結婚しやすかったりするのでは?

 

そもそも問題なのは、女性に関してのみ「出世と結婚しにくい」と思われる世の中ということ。なぜそう思われる社会なのでしょうか?

ひとつにはいまだもって日本の企業における管理職は男性が圧倒的に多いことかもしれません。

女性の管理職は少ない=めずらしい=普通じゃないという社会通念があるのが現実。たとえば、両親ともに管理職の家庭に育った子供は、女性が管理職であることは当たり前だと思うでしょうし、大人になっても出世している女性が結婚しにくいとは思わない人に育つと思います。

 

またひとつには、管理職の働き方にも見直しが必要なのかもしれません。

管理職となると、仕事の責任の範囲も重圧も部下も増えます。それによって時間の拘束が長くなり、プライベートの時間が減ってしまいます。ワークライフバランスが叫ばれている昨今ですが、なかなかバランスが取れている人は多くはないのではないでしょうか。管理職、非管理職問わず、どのような立場の人にもワークライフバランスは大切です。

 

どうして女性だけが、出世と結婚の関係をクローズアップされるのか。出世している女性を魅力的だと思う男性が増えたり、キャリアを積んでもプライベートの時間がもっと割けるような社会になったりしたら、女性のみこんな関係性をリサーチされることもなくなるのではないでしょうか?

いずれにしても、「出世と結婚しにくいことは関係ない」と感じる社会になっていくことをのぞみます。男だとか女だとかに関係なく。

スポンサーリンク

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

続柄は「ぞくがら」じゃないの?みんなが間違えている読み方10選

この前、「続柄」を「ぞくがら」と読む声が聞こえ、ちらっと横目で見てみると、ちゃんとした大人の女性でした。こうして訂正される機会がなかった人って、結構多いのだろう…

「押印」おういん?簡単なのに読み間違える漢字10選

この原稿を書いている日は五月ですが、空は快晴です。とても気持ちの良い晴天です。しかしここで「五月晴れ」と書いてはいけません。この「五月晴れ」を「ごがつばれ」なん…

早急を「そうきゅう」と読んだら間違い!みんなが怪しい読み方10選

写真を貼付するのと、写真を添付するのとでは、すべきことが違います。今日はそんな言葉の中からビジネスシーンで恥をかいてしまいそうな誤読を10個集めてみましたので、こ…

2019年に「増やすこと・減らすこと」。平成最後の元旦に考える

新年あけましておめでとうございます。“40代女性の一番リアルなメディア”をかかげる「OTONA SALONE」編集長の浅見です。本年もオトナ女性の「リアル」を追求してまいります…

【完全解説】メール文末の「ご自愛ください」正しい書き方バリエとNGなケースは?

たとえ形式的なこととは分かっていても「寒さ厳しき折、ご自愛ください。」このような言葉が文末にあると、相手の気遣いがほんのり感じ取れます。でも、こういう形式的な言…

「お座りください」は実はNG!?失礼な敬語と正しい言い換えは

「お待たせしました。時間に少し遅れてしまいましたね」「いえいえ。暑い中ありがとうございます。どうぞこちらにお座りください」「……」。この言い方を失礼だととらえる人…

「凡例」ってぼんれい?みんなが読み間違えている熟語10選

先日、ある料理屋で鳥刺しをいただいたのですが、塩と梅肉が添えられていました。醤油ではなく、この塩と梅でいただくという形。「まさに良い塩梅ということですね」と申し…

20万からの起業で「年商7億」。女社長の仕事の流儀とは?【It Woman #1荻野みどり・前編】

常識や世間体を気にせず、自分らしく、自由に、自立した女性の生き方を応援する「OTONA SALONE」。まさにそんな生き方をしている女性にせまるインタビュー【It Woman】が今…

#150 ウザいと思われたくない! 恋に臆病な40代独女の本音【40代編集長の婚活記】

40代の未婚独女は、婚活市場で需要があるのか──⁉ 恋人いない歴が7年以上になっていた44歳のOTONA SALONE編集長アサミがリアル&ガチに婚活を始めて2年半、現在46歳。婚活パーティや婚活アプリ、個室婚活、知人の紹…

#149 40代独女が、婚活2年半でやっとわかったこと【40代編集長の婚活記】

40代から婚活を始めてみたら──⁉ 未婚・独身・一生結婚しないかもと思っていた44歳のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活をスタートさせて2年半、現在46歳である。婚活パーティや婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介などで…

#148 AK男子じゃなくGK女子⁉ 40代独女「恋愛の不安」とは?【40代編集長の婚活記】

40代がリアルに婚活するとどうなるか──? 未婚・独身の40代・OTONA SALONE編集長アサミが婚活をスタートさせて2年半。婚活パーティや婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介などで出会いを求めるが、お付き合いすら始ま…

UVケア「日焼け止めだけ」で大丈夫? 不安なときの対策法とは

ふりそそぐ紫外線が、日ごとに強くなっているのを感じる今日この頃。オトナ世代のみなさんはすでに、日焼け止めを塗ったりしていることでしょう。紫外線対策はシミやシワなどの老化予防に重要なこと。日焼け止めは大…

[PR]

#147 婚活で大切なのは「条件じゃなく」アレだった【40代編集長の婚活記】

40代女性が結婚できる確率は1%未満⁉ この数字がホントかどうかはさておき、やはり40代の婚活は一筋縄ではいかない。44歳から婚活を始めたOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティや婚活アプリ、個室婚活、知人の紹…

これはヤバイ! 「ガリ占い」2019上半期の運勢が当たってしまった件

占いが当たってしまったのです。怖い、怖すぎるくらいに……。OTONA SALONEで大好評の「ガリ占い」は、伝説の占い師・西新宿の母によるものです。今回、見事に的中してしまったのは、「ガリ占い2019年上半期」。過去、…

#146 40代独女、婚活2年半で「恋人ができた4つの理由」とは?【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は紆余曲折、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長アサミ。44歳から婚活を始め、婚活パーティや婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介などでさまざまな出会いを求めること2年半。10人以上の男性とデートなどをし…

【祝3周年】N.Y.プレゼント企画! 突然ですがクイズです【OTONA SALONE】

みなさまのご愛読のおかげで「OTONA SALONE」はついに3周年を迎えました。2016年5月17日がスタートした日。新しいメディアが立ち上がったり、なくなったりするWEB業界の中でここまで続けてこられたのも、みなさんが…

#145 何か起こる⁉ 40代独女、初めての「二人きり」【40代編集長の婚活記】

40代、絶賛婚活中のOTONA SALONE編集長アサミ。44歳から婚活を始めて約2年半になる。婚活パーティや婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介などでさまざまな出会いを求め続けていた。しかし、誰ともうまくいかず、好きに…

#144【あるある】恋愛下手な40代独女にありがちなこと【40代編集長の婚活記】

「平成ジャンプ」。昭和に生まれて平成の世を独身で過ごし、令和を迎えた人をそういうらしい。引き続き婚活を続けている40代・OTONA SALONE編集長アサミ。もちろん平成ジャンプの一員になった。この2年半、婚活パー…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事