脱オバサン感!いつもの「ひとつ結び」がオシャレになる簡単ちょい足し5選

アラフォー女性で最も支持されているまとめ髪といえば、ササっと仕上がる1本結び。でもシンプルすぎるがゆえに、結び方によっては生活感丸出しの手抜きヘアに見られてしまうことも。

とはいえ、無駄に凝ったアレンジは痛々しいし、何より時間がないのが現状。そこで今回は、ちょっとひと手間加えただけで、1本結びがオシャレに変身しちゃう方法をご提案。作ってくださったのは、アラフォー女性美容師代表・RUALAの角 薫さんです。

 

1・生活感なしの簡単ゴム隠し1本結び

まず最初に提案するのは、こめかみラインでまとめる、やや低めのポニーテール。この高さなら若作り感もないし、何よりリフトアップ効果も狙えます。

 

そしてオシャレ感を出すためのポイントが、毛束を使ったゴム隠し。シリコンゴムのような極細であればさほど気になりませんが、黒ゴムをむき出し状態にすると、どういうわけか生活感のある残念ヘアに見られがち。毛束でゴムを隠すだけで、きちんと感を出すことができます。

 

また、結んだ毛束が崩れにくく、さらに奥行き感が出せるのも大きな特徴です。

【ひと手間ポイント】

結んだ毛束から細い毛束を取り出し、ゴムの上にグルグルっと巻きつけます。毛先まで巻いたら、小さなピンを使って固定。

 

2・簡単に華やかさを手に入れる、サイドねじり1本結び

 

顔まわりの髪は1本結びにするとペタンコになりやすく、正面から見たときにのっぺりとした印象を与えがち。そこでオススメなのが、サイドの毛束をねじって1本結びした毛束と一緒にまとめる技。後ろ姿はシンプルな1本結びですが、正面から見ると華やかさを与えることができます。

 

さらにサイドの毛束を強くねじることで、フェイスラインがグっと引き上がり、高い位置で結ばなくてもリフトアップが可能に! また、1本に結んだ毛束がキレイにまとまらないときにも効果的です。

 

両サイドの毛束をゴム上でグルグルっと巻きつけるため、フェイスラインの毛束を多めに残すとボリュームが出すぎてしまうので要注意。

【ひと手間ポイント】

フェイスラインに残した毛束は、毛束を後方に引っ張りながらねじるのがポント。ねじり終えたらゴム上に巻きつけ、毛先を小さいピンで固定。

 

3・美しいシルエットのくるりんぱ1本結び

アレンジが好きな人なら、一度は1本結びをそのままくるりんぱした経験があると思います。確かにシンプルな1本結びに比べるとアレンジした感が出せますが、ボサっとした印象になることもしばしば。全体の位置がズレてしまい、思っていたのと違う……なんてことも。

 

そこで提案したいのが、ハーフアップ状態で緩めのくるりんぱを作ってから、残りの毛束を1本にまとめる方法。ゴム上の毛束にぬけ感を与えつつ、1本結びのテール部分はタイトにまとまり、美しいシルエットに仕上がります。

 

最後に後頭部の毛束をほんの少し上に引き上げると、フェミニン度がさらにアップ!

【ひと手間ポイント】

両サイドの毛束を多めに取り、真後ろで少したるませた状態で結んでからくるりんぱ。その後、全体の髪を1つにまとめてゴム結びする。

 

4・セレブの間で人気!のノットヘア1本結び

数年前から、海外セレブなどの間で人気を博しているノットヘア。ノットとは英語で髪を結ぶという意味で、髪を結んで仕上げるアレンジです。

 

毛束同士を結ぶだけなのでとても簡単なのですが、素髪の状態で作るとボサボサになってしまうので、まとめる前にヘアミルクなどをしっかりつけておくのが絶対条件です。また、結び目の部分が浮き上がることで型崩れの原因になるため、ここにはピンをさしておくと良いでしょう。

 

リラックス感のあるデザインなので、デイリーファッションに合わせるのがオススメです。

【ひと手間ポイント】

全体の髪を左右均等に分けてから毛束をギュっと結ぶ。結び終えた毛束を1つにまとめ、太めのゴムで1本結び。ゴム上の結び目にピンをさして形を整える。

 

5・キチンと感が出る!ポンパドール1本結び

最後に紹介するのは、ビジネスシーンなどでキチンと感を強調させたい人に一押しのタイトな1本結び。オールバック系の1本結びの場合、根元の立ち上がりが激減している大人女性にとって、顔を大きく見せてしまうこともしばしば。さらに髪を薄く見せてしまう恐れも。

 

そこでおすすめなのがポンパドール。さらに結んだ毛束を横に流すことで、クールすぎず女性らしい印象を与えることができます。

 

ゴムやピンを多用するため、部分的にバレッタを使ってスッキリ見せる工夫も忘れずに。

【ひと手間ポイント】

トップの髪を1つにまとめ、ねじってからピンで固定。さらにフェイスラインの毛束をハーフアップにしてゴム結び。この部分に大きめのバレッタをかぶせてゴムとピンを隠し、仕上げに全体の髪を1本結び。

 

1本結びは奥が深く、この他にも質感を変えたり、結ぶ位置を微妙にずらすなど、工夫次第では何十種類ものデザインが完成します。これを機に、いつもと同じ1本結びの見直しをしてみてはいかが?

 

角 薫さん(RUALA)

原宿・表参道の著名サロンを経て、2016年に共同でサロンをオープン。角さんは髪のコンプレックスを解消させる名手。ちはるさんはシャレ感が楽しめるヘアスタイルがお得意。両者ともに、同世代の女性顧客を大勢抱えている人気女性美容師。

 

撮影/柴田和宣(主婦の友社写真室)

 

スポンサーリンク

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

【脱・オバサンまとめ髪】「ひとつ結びアレンジ」シンプルおしゃれな40代の2大ルール

これまでひとつ結びに関する記事をたくさん書いてきました。振り返って思ったことは、「ひとつ結び」って料理でいうところの「卵料理」のような存在なのでは、ということで…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

ゴムだけ簡単ヘアアレンジ。苦手な人にも試してほしい3種類

本格的なヘアアレンジにピンが必要なのは分かってる、けど持ってない……。そんな女性、実は意外と多いと思うんですよね。私も髪をのばしていた時期がありましたが、ゴムは数…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

ゴムだけでおしゃれまとめ髪!5分以内の簡単ヘア人気トップ3

髪は切りたくないけど、ブローやスタイリングに毎日貴重な時間を取られるのはイヤ! そんな女性の強い味方といえば、やっぱりヘアアレンジですよね。そこで今回は、大人女性にオススメしたい時短アレンジをご紹介。…

髪を「早く伸ばす」4つの法則とは? オバ髪でも効果アリ!

「40歳を過ぎてから、髪の伸びが遅くなったような気がする……」そんなふうに思っている女性、意外と多いのでは? 実際、40歳を迎える頃から毛髪の加齢化は顕著化するため、若い頃のような成長が見られなくなるのは仕…

白髪発見ピンチ! 染めずにできる白髪対策3選

ちょっと前の話になりますが、近藤サトさんの白髪染め卒業が話題になりましたよね。メッシュのような白髪と黒髪がキレイに混ざり合った髪。本当に素敵で、思わずうっとり。「私も真似したいなぁ」なんて思ったけど、…

ズボラ向け!どうしても髪がパサつく人の「絶対できる」オバ髪脱出ケア3選

これからの季節。髪の悩みで一番に挙げられるのが「髪の乾燥」。若々しい髪に欠かせないツヤを失ってしまっては、オバ髪まっしぐら!油分多めの太髪・剛毛な私でも、40歳を過ぎたら髪の乾燥に悩まされることに。すぐ…

パーマをかけずにふんわり髪に見せるヘアデザインスタイル7選

40歳を過ぎると、髪のコシが突然なくなって、ペチャンコヘアに悩まされていませんか?46年間剛毛・太毛・そして硬い毛の私でも、最近では髪の分け目がかなりはっきりしてきました。なので、本来ならパーマをかけてふ…

脱出!「さえない前髪」。40代が若見えするセルフカット3つの法則とは?

下ろし前髪、流し前髪、かきあげ、シースルー、オールバック、センターパート、etc……。前髪のデザインは数あるけれど、40代女性は「下ろし前髪」が最も多いのだそう。その理由は、手入れが楽なのはもちろん、額のシ…

【結べないボブ】も「ちょいアレンジ」で5歳若見え!4つの正解

寝ぐせがつきにくく、手入れが簡単な肩上カットのボブスタイル。でも、オバさんボブなんて陰口叩かれてるかも……?その原因は、ズバリ手抜きスタイリング。「ボブは寝ぐせがついてなければ整ってる」なんて思ってたら…

定番ボブ、1つ結びでもこんなにエレガント!5分以内のヘアアレンジ3選

アラフォー世代で最も多いと言われているのが、結べる長さのボブスタイル。手入れがしやすく、髪のパサつきも抑えられてツヤ髪がキープできる、大人にうってつけのヘアスタイルですよね。でも、ボブって意外と服装が…

オバ髪はスタイリングで回避できる! 2つの「若見え仕上げ」で美人髪に

40歳を過ぎると、突如訪れる髪の老化現象。パサつき髪やうねりを防ぐために入念なヘアケアを行ったり、マメに美容室に通ってメンテナンスをする。それでも、どういうわけかババ臭い髪型。そんな人は、いま一度スタイ…

100均ヘアゴムでもイタくない! プチプラアクセで簡単なオトナのヘアアレンジ

シンプルなアレンジのとき、たまにはヘアアクセを使って変化をつけたくなること、ありません? とはいえ、高価なヘアアクセは出番があまりないから、購入するのはちょっと気が引けちゃいますよね。となると、やっぱ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事