「ひとつ結び」で脱・オバサン!オシャレ見えするアレンジ13選

アラフォー女性で最も支持されているまとめ髪といえば、ササっと仕上がる1本結び。

しかし、何も手間を加えないと生活感溢れるスタイルに。

そこで、忙しい朝にも出来る簡単ひとつ結びアレンジをご紹介します!

ちょっとしたテクで、一気にオシャレ見えするので知っていて損はないです!

 

「ひとつ結びアレンジ」のシンプルおしゃれな40代の2大ルールは?

ポイント1・生活疲れして見せない「こめかみのおくれ毛」

前髪が長い人はそのままおろしてOK。もみあげは薄く残す程度で。もしゃもしゃしていると清潔感がなくなるので注意。

 

もみあげから出すおくれ毛は古い印象を与えてしまいます。今はこめかみからひと束出すのがおしゃれ。量を多く出すと野暮ったくなるので、肌が少し透けて見えるくらいを目安に出してみてください。幅は1cmくらいでしょうか。ただ“残す”だけではなく、スタイリング剤をつけてツヤと束感を出すこともポイントです。何もつけず、バサバサな状態だと疲れたオバサン顔になってしまいますよ。ツヤと動きがあるだけで同じおくれ毛でも見え方が全く違います」(津村さん)

 

おくれ毛は若々しさやおしゃれ感を出すだけでなく、小顔効果も期待できます。特にこめかみからのおくれ毛は顔に陰影ができるので、効果的です。

 

ゆるっとした動きをつけるには髪を巻く作業が必要。「髪を巻くのって面倒」という声が聞こえてきそうですが(私もそう思うことがしょっちゅうあります)、ここぞというときは毛先だけでも巻いてからまとめましょう。

 

ポイント2・トップは「分け目なし」にしてふんわり感アップ

前髪の後ろからふわっと立ち上がる感じがポイント。

おくれ毛と同じくらい大切なのがトップから後頭部にかけてのふんわり感。アラフォーになるとなんとなくボリュームが減ってきたと感じる人も増えてきますよね。ふんわり感を出すためには、分け目を消すように髪を後ろにかき上げてまとめることがひとつ。分け目があるとペタンとしてしまいますからね。髪を巻いて、ワックスをなじませたら手ぐしで髪を集めます。このとき、分け目をまたいで後ろへ向かって髪を集めましょう。

 

もうひとつは後頭部から毛束を引っ張り出すこと。雑誌などでも必ず出てくるプロセスです。おくれ毛と後頭部のボリュームに気をつけるだけで、ひっつめからおしゃれヘアに変身!

 

結ぶ位置を耳の高さにすると若々しい印象になります。えり足におくれ毛は出さずにすっきりとまとめると大人の落ち着きがキープできますよ。より落ち着いた雰囲気にしたいときは耳より下の低い位置がおすすめです。低い位置で結ぶときはおくれ毛を出さずに、耳に髪をかぶせたほうがおしゃれに決まります。(がんばらないお団子ヘアを参考に)」(津村さん)

 

>>チェック!→【脱・オバサンまとめ髪】「ひとつ結びアレンジ」シンプルおしゃれな40代の2大ルール

 

ぐっと今っぽく!簡単ひとつ結びの3テク

後から巻きでペタ毛でもふんわり!

髪がやせてきてボリューム不足を感じはじめる40代。ひとつに結ぶと寂しい印象になるという人におすすめなのが、結んだあとにアイロンで巻く方法。結ぶ前にも全体をアイロンで巻いておき、動きをつけます。まとめ髪をする場合はキレイに巻こうとしなくて大丈夫です。

 

ワックスをくしゃくしゃっともみ込んだら手ぐしでざっくりと髪をひとつにまとめてゴムで結びます。仕上げに顔周りや結んだ毛束に巻きをたします。特に顔周りの髪がペタンとしていると地味な印象になるので、毛先が外へ向くように巻きましょう。

 

サイドの髪を巻きつけゴム隠し

普通のゴムでくくるだけでは見た目がイマイチ。ヘアアクセをつけるのは気恥ずかしい、派手になりすぎるのは避けたいという人におすすめなのが、ゴム隠しテク。結んだ毛束から少量取りだして巻きつける方法もありますが、サイドの髪を使ってゴムを隠すのもおしゃれ。

 

無造作な中にもサイドがスッキリとするのでだらしない印象が払拭できます。片サイドの髪(もみあげの上、耳前くらい)を残し、後ろで結んだあとにゴムを隠すように巻きつけて留めます。毛先はゴムの中に入れてしまうか、ピンで留めてください。

 

プチ三つ編みをプラスして大人可愛く

前髪が長い、伸ばし途中という人におすすめなのが、小さな三つ編みでまとめる方法。前髪が長いとサイドに流してタイトにまとめがちですが、そうすると地味だったり、キツイ印象を与えてしまうので、三つ編みでやわらかさをプラスしてあげましょう。

 

編み込みよりもさり気ないし、簡単なので取り入れやすいと思います。編み目は崩さずに、少しゆるく編む程度にしておくと若作りに見えません。また、トップの高さをしっかり出すことで上品な大人女性を演出できます。

>>チェック!→明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

 

脱オバサン感!「ひとつ結び」がオシャレになる簡単ちょい足し5選

1・生活感なしの簡単ゴム隠し1本結び

まず最初に提案するのは、こめかみラインでまとめる、やや低めのポニーテール。この高さなら若作り感もないし、何よりリフトアップ効果も狙えます。また、結んだ毛束が崩れにくく、さらに奥行き感が出せるのも大きな特徴です。

2・簡単に華やかさを手に入れる、サイドねじり1本結び

 

顔まわりの髪は1本結びにするとペタンコになりやすく、正面から見たときにのっぺりとした印象を与えがち。そこでオススメなのが、サイドの毛束をねじって1本結びした毛束と一緒にまとめる技。後ろ姿はシンプルな1本結びですが、正面から見ると華やかさを与えることができます。

3・美しいシルエットのくるりんぱ1本結び

アレンジが好きな人なら、一度は1本結びをそのままくるりんぱした経験があると思います。意外とボサっとした印象になることもしばしば。全体の位置がズレてしまい、思っていたのと違う……なんてことも。そこで提案したいのが、ハーフアップ状態で緩めのくるりんぱを作ってから、残りの毛束を1本にまとめる方法。ゴム上の毛束にぬけ感を与えつつ、1本結びのテール部分はタイトにまとまり、美しいシルエットに仕上がります。

4・セレブの間で人気!のノットヘア1本結び

数年前から、海外セレブなどの間で人気を博しているノットヘア。ノットとは英語で髪を結ぶという意味で、髪を結んで仕上げるアレンジです。リラックス感のあるデザインなので、デイリーファッションに合わせるのがオススメです。

5・キチンと感が出る!ポンパドール1本結び

ビジネスシーンなどでキチンと感を強調させたい人に一押しのタイトな1本結び。オールバック系の1本結びの場合、根元の立ち上がりが激減している大人女性にとって、顔を大きく見せてしまうこともしばしば。さらに髪を薄く見せてしまう恐れも。そこでおすすめなのがポンパドール。さらに結んだ毛束を横に流すことで、クールすぎず女性らしい印象を与えることができます。

>>チェック!→脱オバサン感!いつもの「ひとつ結び」がオシャレになる簡単ちょい足し5選

 

暗髪でもおしゃれに見える!簡単「ひとつ結び」で3変化

仕事の日はトップの高さ出しで品よく

オフィスではきちんと感がマスト。かといってピタッとタイトにまとめると、髪のボリューム不足やちりちり毛が目立ってしまいます。頭頂部や後頭部から毛束を引き出し、立体感をつけることでちりちり毛をカムフラージュ。頭の丸みも強調できるので、女性らしさと品もしっかりとアピールできます。

 

休日はサイド寄せでリラックスモードに

オフの日はおくれ毛を出してゆるっとまとめて。ただし、おくれ毛はただ出すだけではお疲れ顔になるのでNG。アイロンでゆるく巻き、オイルやバームでツヤを与えるのがポイントです。顔まわりにストレートの毛束がかかっていると、お疲れ顔に見えるだけでなく間延びしてほおがたれて見えるおそれも。ゆるくてもいいのでカールをつけることでリフトアップ効果が得られます。

 

およばれにはハチ上に巻きを加えて華やかに

ドレスアップをして出かける日はひとつ結びにも特別感を出したいもの。時間をかけずに華やかさを出すには、ハチ上だけを巻くのがおすすめです。というのも、表面に出てくる髪はハチ上の髪だから。ここだけきちんと巻いておけば、ふんわりとして華やかさがアップ。

>>チェック!→暗髪でもおしゃれに見える!簡単「ひとつ結び」で3変化

いかがでしたか?

ひとつ結びなのに、こんなに凝っているように見えるスタイルがたくさん!

是非、いろんなスタイルを楽しんでみてくださいね!

スポンサーリンク

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

【脱・オバサンまとめ髪】「ひとつ結びアレンジ」シンプルおしゃれな40代の2大ルール

これまでひとつ結びに関する記事をたくさん書いてきました。振り返って思ったことは、「ひとつ結び」って料理でいうところの「卵料理」のような存在なのでは、ということで…

ゴムだけ簡単ヘアアレンジ。苦手な人にも試してほしい3種類

本格的なヘアアレンジにピンが必要なのは分かってる、けど持ってない……。そんな女性、実は意外と多いと思うんですよね。私も髪をのばしていた時期がありましたが、ゴムは数…

40代の伸ばしかけ肩上ボブもOK!簡単ヘアアレンジ3選

40代女性の間では、ミディアムと同様にボブヘアも人気。手入れが楽で、髪のダメージも抑えられ、しかも女性らしい雰囲気も出せるといいことばかり。「でも、アレンジできな…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

キレイな髪で新年を!40代女性に似合う美人ヘア教えます

若かりし頃は、年末最大のイベントといえばクリスマス。この日のデートに向けて24日前に美容室を予約したって人も多かったはず。でも、大人になるとクリスマスより、新しい…

「うわ、その髪型やめて!」男性が心底ギョッとした40代女性のヘアアレンジ3例

薄毛や白髪などに頭を悩ませている40代女性ほど、アレンジしたヘアスタイリングが強い味方に。スタイリング次第で、コンプレックスをうまくフォローしてくれるだけに、年齢…

英語で「栗」は「マロン」じゃない?正解は意外なコレでした|NG英語ランキング

日本人がうっかり間違えがちな、すぐに使えて役立つ英会話をお届けする「1日1英語」。オトナサローネの連載で「いちばん読まれた英語」こそが、みんなが「わからなかった英語」です!そして意外にも、「わからないof…

【ランキング】まんが10秒ゆるみ、みんなが読んだ記事は?人気ストレッチ5選

ちょっと伸ばしてほぐすだけでピンと効く!オトナサローネで人気の柴先生のワークが、10月17日に「3コマ・ストレッチまんが」として発売されました。オトナサローネでは3週間に渡って毎日書籍の中身を先行配信中。…

【男の心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説|恋愛ランキング

オトナサローネで大人気の恋愛記事。みんなが気になるのはやっぱり男性心理…?よく読まれている、人気の恋愛記事をランキングでご紹介します。1位・【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイ…

手の力を抜いてみて?「指が丸まってる人」はスマホ肩こりかも|ストレッチ人気ランキング

日頃から「なんだか不調」ではないですか? 自分自身がOLとして「身体にかけていたストレス」と向かい合いなおし、現在はストレッチインストラクターとして女性の健康改善を発信する青柳さん。彼女の記事を見てみる…

「うわ、その髪型やめて!」男性が心底ギョッとした40代女性のヘアアレンジ3例|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「ヘアアレンジ記事」や「漢字の読み方記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。…

手土産で喜ばれる「ナチュラルなワイン」とヘルシーおつまみって?

ホームパーティーへの差し入れやお世話になったかたへの贈り物に、お酒を選ぶ機会は多いもの。今回はお酒好きな女性の間で人気が高まるナチュラル&オーガニックなお酒を種別にご紹介します。おすすめのマリアージュ…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです|気になるニオイのランキング

40代女性がある日突然直面する「ニオイ」の問題。きっと根本にあるのは女性ホルモン分泌の減少なんですよね。実は腸の状態がニオイに関連していたり、男性のものだと思っていた加齢臭問題が女性にも勃発したり…。み…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?|男の本音ランキング

何歳になっても永遠に気になる恋愛ばなし。40代働く女性メディア・オトナサローネでも根強く人気があります。中でも人気が高いのは「男の本音」!ではどんな記事が人気なのか、ベスト5記事をランキングでご紹介!1位…

40代から「やめたほうがいい」人間関係とは?|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「恋愛記事」や「漢字の読み方記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(9月30…

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?「参ります」は?|日本語の誤用ランキング

40代働く女性がいつでも気になることの一つは「言い間違い」。中でも、あっているのかとっさにわからない敬語・丁寧語はウッカリ間違いで済まないシーンもあるので、いつでも情報を更新しておきたいところ…そんな40…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事