#144【あるある】恋愛下手な40代独女にありがちなこと【40代編集長の婚活記】

「平成ジャンプ」。昭和に生まれて平成の世を独身で過ごし、令和を迎えた人をそういうらしい。引き続き婚活を続けている40代・OTONA SALONE編集長アサミ。もちろん平成ジャンプの一員になった。

この2年半、婚活パーティや婚活アプリ、個室婚活などで新たな出会いを重ね、やっと出会った好きになれる人。ジェントルさん、49歳・アーティスト。6回目デートの約束をするけれど、キャンセルに……? これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

連絡待ちで不安になる、40代独女

14時だった6回目デートの待ち合わせ。

けれど当日の13時になって「すみません、どうしても今日が納期の仕事が終わらなくて」と連絡がきた。

あれから約2時間。連絡は来ない。誘いをOKしてくれたけど、ホントはあまり会う気がなかったのかなとネガティブ妄想をする40代独女。彼からの連絡を待ちながら、一人、不安になっていた。

「その後、どうですか?」と自分から連絡できずに、ついつい待ってしまう。これが恋愛に慣れていない40代独女のあるあるだ。

 

6回目デート、まさかのキャンセル⁉

16時近くなったころ、またメッセージが届いた。

ジェントル「アクシデントがあってあと2時間くらいかかってしまいそうです。美術館は間に合わないですよね、本当にごめんなさい」

アサミ「お疲れ様です! 全然、お気になさらないでください。いいものを作るためにはそういうこと、たくさんありますから」

予想以上に時間がかかってしまうことは、私たちの編集の仕事でもよくあること。それにもっと時間かかかるんじゃないの? 今日の6回目デートはキャンセル、かもしれない。

 

ネガティブ思考になる、40代独女

自分から誘ったデートがキャンセルかぁ。

美術館に行ってディナーをしてお土産渡して、それで……自分なりにプランを考えていたから、ちょっと残念な気持ちだった。ま、私の勝手な決意なんだけど。

ポジティブな思考にならない。これも恋愛下手な40代独女のあるあるだ。

なんだかな。デートに誘うのもそれなりに勇気だしたつもりだったし、人生初の告白をしようっていうのもそれなりに考えたことだし。これまでの数日間の気持ちが拍子抜け。仕方ない、今日は家でゆっくりしよう。

あきらめかけたときだった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事