#146 40代独女、婚活2年半で「恋人ができた4つの理由」とは?【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は紆余曲折、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長アサミ。44歳から婚活を始め、婚活パーティや婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介などでさまざまな出会いを求めること2年半。

10人以上の男性とデートなどをしたけれど、誰ともおつきあいすら始まらないままだった。しかし2年半のたゆまぬ婚活の結果、ついに恋人ができて……! これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

婚活2年半、初めての交際スタート!

49歳・アーティストのジェントルさんと、6回目デート。ディナーのあとに彼のアトリエへ行き、2人っきりになった。

そこで、やっとお互いの気持ちを確認する。初めてデートしたときから約5カ月──。ジェントルさんとアサミの交際が始まった。

 

ジェントル「アサミさん、いいんですか? 僕で。僕バツイチで、子持ちですけど……いいんですか?」

アサミ「はい。全然。バツイチとかお子さんがいるとか、そういうこと関係なく、私はジェントルさんが好きです」

ジェントル「ありがとうございます。僕もアサミさんのこと、好きです」

アサミ「むしろ私こそ、こんなんですけどいいんですか?  なんかいろいろ経験不足で、たぶん幼いと思うんです」

 

たぶん経験も知識も足りなくて、同世代の女性よりはるかに恋愛偏差値が低いと思う。特別、何かに秀でているわけでもない。こんな私のことも、ジェントルさんは受け入れてくれた。

 

 

駅に向かって2人で歩く

アトリエをあとにし、駅に向かって並んで歩き始めた。

ジェントル「はい」

彼が左の手のひらを差し出してきた。

なんだろ? 一瞬戸惑ったけれど意図がわかった。あ、もしかして手をつなぎましょうってことかしら!

アサミ「はい」

彼の左手に、右手を重ねた。すると指をはさむようにして。。。。いわゆる恋人繋ぎをした。こんな風に手をつないで歩くことに、ずっと憧れていた。そんな憧れのシチュエーションをいま、私は好きな人とできているんだ。

うれしい。こんな時間が永遠に続いてほしい。

ジェントルさんの手のひらから感じる体温から、「好きな人とのお付き合い」がスタートしたことの幸せを噛み締めていた。好きになってくれた人と付き合うのではなく、自分が好きになった人に思いを伝えて成就するって……いいな。

いままでちゃんと恋愛しなかったけれど、私は、愛されるより愛したいタイプだったのかもしれない。

 

デートから帰宅する

家に着いてすぐメッセージを送った。

アサミ「いま家に着きました。今日は素敵なアトリエにお招きいただきありがとうございました! 精神年齢がコドモな私ですが、これからもよろしくお願いします」

彼もすぐに返してくれた。

ジェントル「今日は夕方まで振り回しちゃってごめんなさい。今夜はとてもうれしかった。こちらこそ、至らぬところもあるかもしれませんが、よろしくお願いします。遅くまでありがとう。おやすみなさい」

おやすみなさいって……♡

あぁ、夢じゃないんだ。現実なんだ。好きな人がいるだけでも幸せだけど、好きな人が恋人になるって、なんて幸せなんだろう。一人で家にいながら、自然とニヤニヤ……いや、笑顔になってしまう。胸の奥があったかい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事