【美白・シミケア大賞】40代のシミ対策、手応えを感じたのは?【美白・シミケア大賞】|2019ベストコスメ上半期

年を重ねるごとに変わりゆく私たちの「肌悩み」。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが、2019年上半期のベストコスメを選出しました。【オトナサローネベストコスメ2019上半期 美白・シミケア大賞】では、間違いのないケア6アイテムを。

 

約10年ぶりに承認された新規美白成分「PCE-DP」が肌エネルギーを最大に

 

ポーラ ホワイトショット LX(医薬部外品)150ml・11,000円+税(写真上)/ポーラ

ポーラ ホワイトショット MX(医薬部外品)78g・11,000円+税(写真下)/ポーラ

 

【ファッションプロデューサー 植松晃士さん】

お肌においては、汚れやにごり、ヨレがないことが前提。シミ、くすみ、たるみなどはさよならしましょう。約10年ぶりに新承認された新規美白有効成分「PCE-DP」を配合したのがポーラの「ホワイトショット」。化粧水と乳液の2アイテムでメラニンが蓄積しにくい肌をサポートするんですって!

表皮細胞へアプローチしてメラニン量を減らすらしいんだけど、研究がしっかりしている印象のポーラだけに期待大。美白だけじゃなく、糖化にも働きかける成分や肌そのもののコンディションを整える成分なども充実しているから、毎日のケアで透明感のある肌を育てられますね。

 

【OTONA SALONE編集長 浅見悦子】

なんといっても約10年ぶりに承認された新規美白成分「PCE-DP」でしょう! 美容業界のBIGニュースです。表皮細胞のエネルギーを爆発的に高めることでメラニン量を減少させる、「潜在的な美白力を目覚めさせる」という新発想。すごいところに目をつけたと思います。

とろりとしたローションとライトなジェル状のミルクは、どちらも毎日使いたくなる気持ちいい感触。まだまだ日差しが強くなりそうなこの夏、一番のヘビロテコスメになること間違いなしです。

■ポーラ 0120-117111

 

 

ビタミンC濃度の限界に挑戦した「極限美容液」。最速の肌変化を実感

オバジ C25 セラム ネオ 12ml  10,000円+税/ロート製薬

 

【美容ライター 摩文仁こずえさん】

30代前半ころまでは「目立つシミはいっそレーザーで取ってしまえ!」と思っていましたが…、最近やっと気が付きました。アラフォーの美白はシミケアだけでは追っつかないんだと。その点、この美容液の万能ぶりはまさに理想。シミはもちろん、くすみ、毛穴、皮脂トラブルまでケアできるので、総合的に透明感がアップ。これぞアラフォーに必要な美白です!

使った翌日には早くも皮脂ギト抑制→夕方の皮脂ぐすみが軽減、数日後にはゆるみ毛穴がやや縮小→毛穴の影感が緩和。そんな日々の変化が嬉しくて大事に塗り続けていたら、年代物のシミも薄く小さく。今年、最速で肌の変化を実感できた美容液でした。

■ロート製薬 オバジコール 03-5442-6098

 

絡みついたように蓄積するメラニンを徹底粉砕。達成感も味わえる

アルビオン エクシア AL ホワイトニング イマキュレート エッセンス MXC(医薬部外品) 1.5ml×28個 25,000円+税/アルビオン

 

【ビューティライター 中尾慧里さん】

美白有効成分はいろいろありますが、個人的にはコウジ酸が肌に合うような気がしていて、さまざまなブランドのコウジ酸アイテムを使ったことがありますが、「ホワイトニング イマキュレート エッセンス MXC」のいいところのひとつは分包タイプ。1回1本使いきりで達成感が味わえます。

たっぷり入っているので、デコルテや首の後ろあたりまでのばしています。美白効果は高く、シミを消すというより肌全体を明るくトーンアップして、均一な肌色に導いてくれます。携帯にも便利だから、バカンス先でも美白を狙えます。

■アルビオン 0120 -114 -225

 

糖化による黄ぐすみにアプローチ、未来のシミまで断つ

ジェノマ― ブライトニングセラム(医薬部外品)40ml 14,000円+税/ドクターシーラボ

【OTONA SALONE編集長 浅見悦子】

肌トーンを左右する3つの要素ってご存じですか? 「明るさ・黄み・くすみ」です。ある調査によると、明るさがガクッと下がるのは40代、黄みがグッと強くなるのも40代、くすみ度が増すのも40代なのだとか。すごくわかる……と思う47歳です(苦笑)。ジェノマ―のブライトニングセラムは、シミという「点」だけのケアではなく、明るさ・黄み・くすみという「面」でのケアを考えた薬用美白美容液。皮膚の専門家監修の最高峰ブランドだけあって、いまあるシミ、未来のシミを断つためにメラニンの生成過程へ働きかけピュアな肌に整えていきます。ほのかなグリーンティーの香りもさわやかでお気に入り。ただいま2本目に突入です!

 

■ジェノマー 0120-337755

 

 

日焼けケアをしても焼ける原因は「暑さ」だった!根本部分にアプローチ

ポーラ ホワイトショット RXS(医薬部外品)50g 12,000円+税/ポーラ

【主婦の友社 美容エディター 守屋美穂】

同じUV量でも、夏は焼けやすいのは、夏の暑さが「メラニン生成サイクル」を狂わせて、メラニンの生成量を増やしてしまうという、新知見を元に誕生したジェルクリーム。

みずみずしいつけ心地で、これからの季節でも気持ちよく使えるのがいい。暑い日は冷蔵庫で冷やして使うのが個人的なお気に入りです。まだ使い始めたばかりだけど、肌のトーンがアップして、透明感が出た気がします。

 

■ポーラ 0120-117111

 

 

 

他のベストコスメは? 2019ベストコスメ上半期の記事一覧

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart2】

飲んだり、食べたり、しゃべったり、笑ったりする以外にもガマンをしたときや集中したときなどにも、無意識にグッと力が入る口元。顔のパーツの中でいちばん使う場所である…

年齢とともに大きくなったほくろ。癌の可能性がないのでしょうか? 【皮膚科医に聞く♯1】

ニキビに悩んだ10代から始まり、年々深刻になっていくお肌の悩み。40代を越えるとシミ、シワなどのお悩みに加えて「これは病気なの?」と心配になるような肌トラブルも…。…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

間違っている人が多い!洋食でライスを食べる時、フォークを持つ手はどっち?|オトナの常識ランキング

わかっていそうで意外と知らない「マナー」。クイズ形式のテレビ番組にはつい見入ってしまいますよね。オトナサローネでも「オトナの常識」シリーズが大人気ですが、一番読まれているのは…?実は、お葬式や結婚式の…

「なまぬき」ではありません!「生抜き」の正しい読み方、知っていますか?|人気記事5選

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字の読み間違え記事」や「ファッション記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきま…

酒飲み必見!「飲んでも不健康にならない」お酒の組み合わせ方は?

ホームパーティーへの差し入れやお世話になったかたへの贈り物に、お酒を選ぶ機会は多いもの。今回はお酒好きな女性の間で人気が高まるナチュラル&オーガニックなお酒を種別にご紹介します。おすすめのマリアージュ…

不調を自覚し「自分に必要なコスメ」を作った開発者。40代に大切なことって?

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。オトナサローネは同世代…

きゃくいん?かくいん?「客員」の本来の読み方は……|みんなが読み間違えやすい日本語10選

オトナサローネで人気の「漢字記事」。よく使うけど実は読み間違えやすい!単語10選を、一気にご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね!①蒲魚「かまとと」です。なぜ「蒲魚」が“知っているくせに知らない…

40代の蓄積疲れには「○○すること」が大切。切り札は糖質3:たんぱく質1

日ごろ、体を酷使している相手には、きょうの疲れを翌日に持ち越さないためのリカバリーアイテムを贈ってみませんか?どれもすぐ食べたり、飲んだり、使えるものばかりだから、喜ばれることまちがいなし。【オトナの…

40代独女、たまたまバーで隣に座ったオトコがまさかの…|今週の人気記事ランキング

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「恋愛記事」や「マナー記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(9月2日~9月8…

「まだ夏服着てるの?」と言わせない!秋入り口のコーデって|今週の人気コーデランキング

オトナサローネで人気の【毎日コーデ】記事の中から、今みなさんが注目しているコーデをピックアップ。お買い物に行くときは、是非参考にしてみてください!ここ1週間は、みなさん【秋コーデやオバサンに見えないコ…

バーで独女の隣にたまたま座ったオトコは、将来の〇〇だった……⁉︎|恋愛記事ランキング

オトナサローネで人気の恋愛記事。その中でも特に、今注目されている恋愛記事をランキング化しました!どれも衝撃的なお話ばかり……!それではご紹介していきます。1位・40代独女、たまたまバーで隣に座ったオトコが…

【募集】編集アシスタント(未経験者可) 学生・主婦もOK!

伝統ある女性誌出版社で編集のお仕事をスタートしませんか?主婦の友社オトナサローネ編集部は下記の要項で編集アシスタントを募集します。学生やパート(扶養範囲応談)もOKです。PCでの記事確認や、メールの返信、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事